選挙

政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感

いつもこの手のネタ記事を見て思うことは政治家はいつから聖人君子じゃなきゃダメになったのか?
そもそも過去を振り返って、
そのような清らかな聖人君子の政治家なんかいた時期があったのか?

この手の記事をけしからんと目を吊り上げながら書いているゴシップ雑誌の記者の思考は、了見が狭くて正義感だけは強いPTAのオバサン的発想です。
その正義の定義は偏狭な自分の価値観。

まるでアメリカの正義と一緒です。(笑)

(私が感じる)「いかがわしい」ことはダメで人間は清く、正しく生きるべきだ、と他人に強制する発想の裏側にあるのは「私は立派なマスメディアで世論をリードしている特権階級」という、分は偉い、判断は正しい、それに反するものは悪だ、的な意識が見え隠れしているようでなりません。

私は政治に対して批判することはありますが、プライベートな時間や男女関係に対して目を吊り上げることはしません。
何故ならそれは有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るために行うという街宣活動の目的の土台から外れるもので国民生活に全く影響がないからです。

その影響のない政治家の男女関係を叩くのはその政治批評の定義の土台を全く理解していない、もしくは幼稚な嫌がらせ、鬱憤晴らし程度の低俗な輩なのでしょう。

そもそも性に対するし好の幅も人それぞれ幅があります。
週刊誌記者や報道関係者もパートナーぐらいはいらっしゃるでしょうしセックスぐらいはしているでしょう。

まさか生殖目的以外の性行為はしていないと言い出すのでしょうか?

自分らは好き放題楽しんでおいて人が楽しんでいることは許せないというのは子供じみた話であります。

それとも、パートナーに愛想をつかされ、行為自体やりたくてもできずお預け状態なので他人が楽しんでいる姿を見て逆上しているのでしょうか?
これも幼児のワガママと言うものです。

違法行為に触れない性行為がいつから「いかがわしい」行為になったか存じませんが、スキャンダル記事が晒された事よりも、この手のネタが世間に晒された時の議員のセンセイの姿が情けなくみっともない。

今回のことが経費を使ってのことか自費を使ってのことか記事からは分かりませんが、法に触れずに自費で楽しんだのなら何ら問題ないはずで堂々として入れはいいだけの話です。

それを毎度おなじみの光景で該当議員センセイは下手な反省と薄っぺらい謝罪を行う。
どう見ても逆効果ですよ(笑)

法に触れず、自費で行ったのなら
「いや~、朝まで楽しんで最高に気持ちよかったですよ~」
「一生懸命楽しませてくれた女の子に感謝します

と記者に言ってやればいいだけ。

記者はここまで言われたらこれ以上追及できんだろうに・・・

そのうえで記者に対し
「お前らはセックスしたことないのか!?」
と言ってやればいい。
そんなマスコミに媚びない気骨ある政治家を強く望む今日この頃です。

原因の根元は政治家自身が聖人君子だと思っていて、マスコミからそう見てもらいたい症候群にあります。

そこをマスコミに食い物にされてくだらない問題で政界が停滞し、無駄な再選挙などで時間や金が浪費され、重要案件が放置される。
そのとばっちりが国民に降りかかる。
これが毎度の流れです。
この問題を扱うほうが逆に有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るという政治の目的が阻害され、国民生活に悪影響しか及びません。
それをマスコミは分かってやっているのでしたら悪質です。

議員センセイ、議員は偉くもなんともないですからね!
ましてや聖人君子ではない。
日本の主権者、有権者は国民で議員はその国民に雇われた期限付き契約社員に過ぎないですからそこを勘違いしないでいただきたい。

参照記事天理市長、出張中にデリヘル利用

http://jp.reuters.com/article/idJP2017083101001334

奈良県天理市の並河健市長(38)が公務で東京都に出張中、宿泊先のホテルでデリバリーヘルス(派遣型風俗店)を利用していたことが31日、分かった。
今週発売の週刊誌で報じられたことを受けて記者会見し「道徳的に適切とは言えず、市民や職員、家族の信頼を傷つけた。深く反省している」と記事内容をおおむね認め、謝罪した。

 並河市長によると、今年の2月と6月の2回、国への予算要望などで上京した際、デリヘル店の女性を呼んで性的サービスを受けた。
「定められたサービスの範囲であり、違法行為はなかった」として、記事で性交渉を行ったとされる部分は否定した。

 市長は元外務省職員。

公道街宣車禁止法を制定せよ

社会では様々な宣伝カー(街宣車)が公道を大音量を流しながら走っています。
no title
111
そのようなものを喜んで聞くのを望んでいる人はいないと思いますが(そんな人いるかな?)大部分の方は正直言って迷惑で不愉快この上ないと思っていることでしょう

今は昔と違って、業務スタイルも多様化し、夜中に仕事をして朝に疲れて帰ってきて昼間は夜の業務に備えて眠っている方々も多くいらっしゃいます。
そのような方にとっては公道を音声を大音量でまき散らしている輩は睡眠妨害、健康破壊の犯罪行為を行っているのに等しいまさに【犯罪者】です。

これは選挙中も同様です。
そのような生活スタイルの方々は、選挙中だからと言って業務スタイルが変わるわけではありません。
きれいごとを言う自称国民の味方である選挙候補軍団によって毎日睡眠妨害を集団で行われている被害者となっています。
選挙候補関係者は公選法を盾に取り、【戸別訪問もビラ投函も自由にできないから街宣車での騒音まき散らしを勘弁してよ】と言いますがこれは選挙運動陣営の【詭弁】です。

何故なら議員ならいくらでも公選法改正を行えるわけです。
法律改正を行うことをしようとせずに公選法でできないから勘弁してと言い、騒音をまき散らし、国民の健康破壊、睡眠妨害を行う権利は政治家にはございません。

戸別訪問やビラ投函は面倒な人間と遭遇し対処がウザいから法律で規制し、面倒な人間と対峙しないで宣伝できる街宣車で大音量で言い逃げアピールすればいいやという政治家の甘えの構造が騒音妨害問題になっていると思います。
逆に、戸別ビラ投函が街宣車の騒音妨害に比べ法律で禁止しなければいけないほど国民の私生活に悪影響があるのか?
逆に有権者の候補者選別の資料として知るべき情報が今現在、法律で知る権利を奪われているわけです。
このような状況でよく政治家は民主主義政治と言えるものです。
政治家は恥ずかしくないのか?

これは選挙期間の問題だけではありません。
選挙以外でも街宣車で言い逃げスピーチをまき散らしている右翼街宣車も同罪です。

携帯電話の通話マナーでいろいろ迷惑規制の話は出てきていますが通話よりはるかに大音量である宣伝カー、街宣車のまき散らす騒音にはまったく規制が入らないのはおかしな話で自分に都合の良いものに規制免除している卑怯な政治が行われていることになぜ誰も何も言わないのか?

迷惑を受け苦しんでいる人間の声を聞いていて憤慨しました。
一日も早く公道街宣車禁止法を制定して規制取り締まりを行うべきと私は思います。

公道で車を走らせながら音声を流す行為は一切取り締まるよう法整備を進めるべきであると私は主張します。

(もしこれが全面規制取り締まりになれば、土曜、日曜日にしょっちゅう行われ、社会で交通妨害になっている(そのクセに何の効果もない)ザイトクどものデモ行進で使われているデモ行進先導車からのコールが出来なくなりますから迷惑なデモを潰せる一つの手段になるのではないか?)

政界浄化し日本を取り戻すためポピュリズム政治を打倒せよ!

この言葉の学者を現在の議員を含む選挙候補者に当てはめるとぴったり今の日本の政治、選挙の病巣を2200年前から警鐘を鳴らしている事になる

ポピュリズム政治に乗り、マスコミの作った世論に同調し、国民有権者に媚びへつらい、できない約束をして権力を握った途端、自分が言った言葉も無かったことにして自分を支え支持した人間をも裏切る。
これが日本国民の政治離れを起こした真の要因であると私は分析しています。
逆に言えば、ポピュリズム政治打倒粉砕が真の国民主権、民主主義樹立の唯一の方法だとも言えると思います。

責任は堕落し、楽をしたい道を選び、そんな話を支持する有権者と堕落した有権者に媚びへつらい詐欺行為を行う政治家双方にあります。

ポピュリズム政治を打倒粉砕して、厳しくても国民の生命、財産、社会生活を守る政治を行うといった事を堂々と言える政治家が出てこないものかな?

また甘く耳ざわりのよい嘘より、厳しい声でも結果、国民の生命、財産、安心して過ごせる社会生活を守る政治家を選ぼうという意識が有権者に芽生えなければ志ある候補者は駆逐され、今まで通りの国民の非常識は政界の常識という狂った世界の住人に日本を引っ搔き回されるだけでしょうね・・・


結局、有権者の主権者としての矜持や政治意識以上の政治家は誕生しないという事でしょうか?
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター