自民党

首相主催の「桜を見る会」問題 オイオイ、民主党政権でも同じことやっているじゃん(笑)

こういうのって単なるひがみ根性のやきもちとしか感じないんですよね~

 

参照記事:日曜版スクープに反響 首相主催の「桜を見る会」

安倍首相の後援会員ら数百人 税金で“おもてなし”

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-21/2019102101_01_1.html

総理大臣も人間。

日頃から自分の事を【アベしね】【アベを許さない】【アベヤメロ】と、わめいている人間をわざわざ招待しないでしょうよ。

 

この件に対して許さないという人だって、日頃自分を口汚くののしっている人間をわざわざ自分のイベントに招待するかと言えばしないでしょう?

自分がしようとしないことを人に要求するのはいかがなものでしょうか?

 

「桜を見る会」で気に入った人間や身近な人間を招待するのがけしからんと言うのであれば、自民党安倍政権にだけに言うのではなく、民主党鳩山政権がやっていたことも糾弾するのが公平は政治姿勢と違いますか?

 

このようなひがみ根性で人に悪評を植え付け、仕事の妨害し政治の質を下げ国民に迷惑をかけるのではなく、もっと高い倫理観の視野に立って政策をぶつけ議論をして政治の質を上げ国民の利益になる活動を野党議員は心がけていただきたい。

あと、現在この問題をけしからんと言っている野党議員。

なぜ、安倍政権には追求しながら民主党政権時の事は一切沈黙するのか?国民が納得する説明をお願いしますね?

それがこの問題をけしからんと問題提起して人を非難する人間の社会的責任と義務だと思いますよ。

 


 

参照記事:スクープ!民主党政権も「桜を見る会」に後援会や県連を招待、元民主議員(現・立民)はブログを削除→共産党が意図的に国会追及から除外か?

https://ksl-live.com/blog27166

 

8日の参議院予算員会で、日本共産党の田村智子議員が安倍政権の「桜を見る会」に功績・功労者とは言えない地元後援会などの人間を多数呼んでいるとして追及。

立憲の枝野代表からは「数年に一度の素晴らしい質疑」として絶賛されている。

 

しかし、当サイトで調査したところ質疑では触れられなかった民主党政権の桜を見る会にも後援会や民主党県連の関係者が多数参加していることが判明した。

2017年の衆院選で立憲民主党から出馬した井戸まさえ元衆院議員は該当するブログ記事をここ最近削除しているが、赤旗の調査取材でも該当記事に行き着いたはずだが予算委員会では「安倍首相が」と連呼し、これには一切触れていない。

(以上引用)
全文はこちら

【政党政治の本道を進む自民党に代わる保守新党】「新しい日本を創る会」提唱【日本公和党】

新しい日本を創る会代表 三輪真之先生がまとめられた政治哲学の冊子を頂きましたので当ページで勝手ながらご紹介させていただきます。

 

この会の目的は、「世界に発信し得る新しい政治思想」を掲げ、「政党政治の本道を進む自民党に代わる保守新党」を旗揚げすることとのことです。

 

中身は

第一点「新しい政治思想」は、「和の哲学」(Harmonism)を基にした「公和主義」(Harmonious Republic)とし、「保守新党」の名称は「日本公和党」(the Harmonious Republicans of Japan)とすることです。


 勿論、「和の哲学」についても「公和主義」についても、「保守新党」の設立時に外国人記者クラブで堂々と記者会見できる程度の準備はしてあります。

 

 第二点は、「新しい日本を創る」ためには、「日本国憲法を一旦廃止し、十分な国民的議論を経て、(日本らしく世界情勢に合った)新しい憲法を制定する」ことが不可欠であるという立場をとることです。


 日本国憲法については、国民の関心が「第九条を巡る改正論議」に誘導され過ぎているため、「全体の内容に関する本質的な議論」が等閑にされてきましたが、もともと、「人間哲学的な問題の多い憲法」ですから、「(憲法上の規定が無い)廃止」をすれば、直ちに「新しい日本のための建設的な議論」を始めることができます。

 

 第三点は、現代の情報環境の急激な変化を踏まえ、「旧態依然とした政治活動」とは一線を画した「新しい政治活動」を目指すということです。


 既に、多くの国民が実感していることですが、「どぶ板活動や利権絡みで党員を拡大するような政党活動」は、もう「一部の年配支援者」にしか通用しませんから、「若者の政治離れ」を食い止めるためにも、「新しい時代にフィットした政治活動」を定着させなければなりません。(関係者談)

 公和4

公和5

公和6

 公和7

公和8

公和9

公和9

公和10

「保守新党の構想」の政策、政治哲学をさらに詳しい内容にまとめられた 新しい日本を創る会代表 三輪真之先生著『新しい日本を創ろう(日本が日本であるために)』(A5、1484ページ、本体・4000円)がございますので是非ご覧いただきたく存じます。
69661004_215055002799897_3601063789723648000_n

目次の一部
69510426_215055012799896_6183214663702937600_o
69368541_215055046133226_6278720674643050496_o
69479960_215055056133225_6408292824281776128_o

(祝)小泉進次郎議員と滝川クリステルさん結婚へ

参照記事:小泉進次郎氏と滝川クリステルさん結婚へ「政治バカの私を“人間”に」「決め手は理屈じゃない」 滝川さんの妊娠も発表

https://abematimes.com/posts/7013948

衆議院議員の小泉進次郎氏とフリーアナウンサーの滝沢クリステルさんが結婚することがわかった。7日に2人揃って会見を開いた。

 小泉氏は「このように結婚を報告することができて、そしてお腹の中に子どももいますので、どうかこれからできる限り静かに温かく見守っていただきたいなと思います」、クリステルさんは「この度結婚することになりましたが、いろいろと環境も変わると思いますので、温かく見守っていただければ幸いです」とコメント。

 2人は昨年から付き合いを始めたそうで、「この発表に至るまでは一度も2人で外に出たこともないし、どこかに一緒に移動するということもなかった」という。

 また、結婚への思いについて小泉氏は「政治バカの私が、クリステルさんといると政治という戦場から離れることができて、自分自身がもたれかかっていいような、そういう無防備な自分に、“政治家”小泉進次郎から“人間”小泉進次郎というふうにさせてくれる、そんな存在だった」と説明。結婚の決め手については「理屈じゃないですね、こういうのって。理屈を超えている」と語った。

 一方、クリステルさんは「いつも緊張感を持った毎日なので、彼の素の自分が出せる場を作れるかということが一番大事なことだと思っていた。お付き合いをする中で、そういったところを引き出すことが自分自身、時間を重ねる中でできていったので、新しい面、リラックスした面が見え、ありのままでいられるお互いがいい関係だと思っている」とした。

 

ご結婚おめでとうございます。

更なる御活躍を祈念いたします。

 

たとえ政敵であろうと思想信条の違いがあろうと慶事は祝福して弔事には弔うことが人として当然の心だと認識します。

(戦いの中でそれによって戦いが終焉するなら別ですが)

慶事を妬み、不幸を「天罰」と嘲笑うのはどうも私は受け入れられないですね。

まして私が20代の時に大好きだった
滝沢クリステルさんがご結婚され、お幸せになるという事でとてもうれしく思います

 

人の結婚を祝福してる場合か!自分の事心配しろ!というそこのヤジ

うっさいわい!(笑)

 

 

小泉進次郎さん・滝川クリステルさん、おめでとうございます㊗

https://www.youtube.com/watch?v=UtvVxmDFrsc


どうにも納得できない労働基準法改正の中身~政界が国民生活に細かく口出ししない小さな政府に~

一連の過労死問題踏まえて、政府が「働き方改革」PRして成立させた労働基準法改正
私は国民の労働問題に対して、政治関心を持つこと自体は大変喜ばしいと思いますが、その議論の中身を見てみると、現場で汗を流して働く国民の事を全く理解していない浮世離れした議論だと感じます。

 
そこで国民の立場、労働事情について全く無知、無関心で、国民の日頃の苦労を理解しない政治家に代わって、問題の本質は何なのか?政治はどうすべきなのか?考えていきたいと思います。

 

 

大前提として健康面、人権面などの点から強制的な長時間労働問題の解決当然です。

 

しかし、その本質的なポイントは、「強制的」「日常的、慢性的」な長時間労働負担なのか?という点です。

つまり、1年中いつも忙しくて残業する」のか「ある時期だけ忙しくて残業する」のかではまったく別のになります

政治家の議論では、これが混同されているようにしか思えません。

 

一時期国会で議論されていのは、刑事上の罰則付きの法定労働時間上限を、月100時間とすることなどです。

法律で100時間の残業」上限をオーバーすることは認められなくなります

 

これでは、多くの業種にとって影響が出てしまいます。

年末年始、GW、お盆、イベントなどで「今月は特に忙しい」という経験は、どの業種にも多くあるのではないでしょうか。

 

1日休みがあり、土曜日は出勤、そして毎日3時間程度の残業をした場合、月100時間に到達してしまいます。

毎月ではないのにその稼ぎ時の時期だけでも、「1年のうち、1カ月でも超えてはいけない」ということは、企業、業界、経済を潰してしまうことにならないか?とも思うわけです。

 

現に、長時間労働問題の議論をしている厚生労働省などの官庁でも、国会対応時では野党の意地悪な質問通告書の為に官僚が夜を徹して準備しています。

このような案件と上記のような攻め時の時期の労働時間とを100時間超えは問題だ」と一緒くたにするのは、全く問題解決の議論として何の解決にもならないと思います。

 
いま現在、ただでさえ外国人労働者がいないと、少子化の影響で明らかに労働力不足となっています。

 

飲食店を例にとると、店をたたむ原因に経営不振の次が、従業員が足りなく運営ができない事が挙げられます。

労働人口が減る中で、さらに1人当たりの労働時間も減らすとなれば、1人当たりの「生産性」をどう上げるのかという問題になるでしょう。
どうやって政治家はこの部分を穴埋めする気なのでしょうか?

 

また、数字一辺倒の長時間労働規制は、技術習得のための労働」も禁止してしまいます

多くの方が、若いときに技術を上げるために休日に出勤して腕を磨いた、勉強したという経験があると思います。

しかしこの法律では、将来の夢や自立的に技術習得のために労働しながら研鑽を積みたいと思ってる若手も、規制対象となってしまうという点も問題で

これで日本は国際競争に打ち勝てる人材を育てられるのでしょうか?

 

もちろん、「形式的には自主的だが、実は強制されている」ということのないように、チェックする方策の必要があります。

 

また、残業規制の問題は当然ながら労働者側からも批判があります。

特に「来月は急な支払いや恋人、家族の誕生日があるから、今月頑張って残業して収入を得ようなどということができなくなってしまいます。

 

労働者にとって大きな収入源である時間外労働の削減に、労働者側が反対するのは当然です。

 

従業員が必要な時間が決まっている業種もあります。

不要な時間は【待機】と言う名のもとの長時間休憩させられることで労働時間の調整がされる恐れもあります。

 

労働者として何のメリットがあるのでしょうか?

 

この労働時間の問題はこのように一つ一つ考えていくと「売り上げが減っても、労働時間を減らす」でもいいのか?という疑問に行き着いてしまいます

 

国民がもっと働きたくても制限をかけ働かせないようにして収入を減らさせる。

そのくせ増税はする。
DJIrkdiVYAAZ24y
もっと仕事をしたいと思っている国民の労働時間に制限をかけ、人手が足りないから外国人を入れる。

これっておかしくないですか?

いったい今の自民党政権はどこの国の政治家だ?

自分の能力アップのため、自発的に自由な時間に研鑽を積むために働くことさえも政治が禁止して、将来の為に努力し成長する機会さえ奪ってしまうことが日本の将来の産業、経済発展及び国際競争にとって日本にどんな悪影響が出るのか?

ここを政治家は深く考えるべきだと思います。

 

最後に、私から論点として重要なものを提言させていただきます。

まず、労働者側が将来の夢、目標の為「自主的に」技術研鑽をしたいとする場合、労働時間規制を外す申請を出せば認められる制度にするべきです。

 

各自の生活上の理由によりもっと仕事をして収入を得たい場合も申請制度を設けるべきです。

 
今現在、アルバイトの雇用の場でも、労働時間規制でもっと収入が必要だと思ってもこの法律の為に雇用しない事例が出ています。

 

これが日本企業の利益、産業の活性化、日本経済の成長にプラスになるのか?大きくマイナスになるのか?労働の現場に全く関わらず、国民にいい顔をして人気を取る事しか頭にない政治家はよく考えるべきです。

 

長時間労働問題に関する必要な議論は「残業時間」だけではありません。
「残業100時間は是が非か」という表面的な議論だけ
議論されては事の本質を見誤ります。

要は労働者の技術習得や生活費の安定と健康確保を両立していけるのかという問題なのです。

 

今後の日本の方向性を決定する重要な議論ですので、政治家には本質にかえって考えていただきたい問題です。


月刊日本未来の会通信新春1月号発行致しました。【私、桑野 しげきは国民生活を破壊する悪魔の消費税増税に対し 断固反対し増税阻止するため戦っていきます】 日本未来の会 桑野繁樹

月刊日本未来の会通信新春1月号を発行致しました。
今月号のテーマは 【悪魔の大増税断固阻止】を取り上げました。

325125
自民党は消費税増税を決定するときは
「日本には多額の借金がある。これを次の世代の子供たちに押し付けたくないから今 苦労してでも増税して借金を減らし、次の世代の負担を和らげよう。」
という美談を持ち出して国民を騙し増税を決定させておきながら、いざ選挙が始まると自民党は選挙公約で幼児教育も無償化、学校も無償化、あれも無料、これも無料と言った公約を掲げて選挙戦を戦い、選挙で勝利しました。

この公約に対して報道陣から「その予算(つまりお金)はどこから持ってくるのですか?」とい う質問に対して、安倍総理大臣は「消費税を増税しますのでその税収を予算に当てます」と 答えています。

35841

消費税を増税決定するときは、「日本の借金を減らし次世代の負担を押し付けたくないから 今苦労してでも借金を減らすために消費税を増税する」と言って増税を決めながら、選挙になると自分たちが選挙で勝って議席を得るために、権力を得るために「今の世代で使ってし まう」と言っているわけです。

言っている事とやっている事、まったくのデタラメではないですか!

こういう人間を社会ではなんと言うのでしょうか? 社会ではこういう人間を【嘘つき】というのです。

また、嘘を言って利益を得る、嘘を言って地位を得る、嘘を言って権力を得る。
このような行為をする人間を社会では何というのでしょうか?
社会ではこのような人間を【詐欺師】というのです。

日本国民の代表たる総理大臣が日本国主権者たる国民有権者に詐欺を行って消費税を増税し ようとしているのが現在行われている政治の実態です。

654201

私はこのような詐欺に等しい不誠実な政治を絶対に許せません。

国民生活を破壊する消費税増税に対し断固反対し増税阻止するために戦っていく所存です。

48426781_156948871943844_6697987049842016256_n
街宣活動中も【月刊日本未来の会通信】置き場を設置していますのでお気軽にお持ち頂きご覧ください。

(脚立・・・どう見てもダサいですね笑)
(車や機材設備がある陣営、手配りしてくれるスタッフがいる陣営がうらやましいですね笑)

お問い合わせはこのブログにあるメッセージかメールアドレスkuwano.sigeki@gmail.comにご連絡ください。





桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: