天皇陛下

山本太郎の不敬を誅す!

この件で山本太郎、ふざけるな!とネット上で熱く糾弾(?)しているネトウヨの方々も多いのですが、内容が
けしからん!
ふざけるな!
除名だ!
朝鮮に帰れ!(なんの意味があるのか?)
などなど聞いた方から見たら中身無く批判の為の批判と受け取られ肝心な説明が無いように思います。


山本太郎の行為の問題点はFBFで日頃からお世話になっております梶浦直樹様がブログで書かれております。
是非御一読頂ければ幸いです。


行雲流水の如く より
山本太郎は陛下に不敬を働き、国会を軽視した

http://77997209.at.webry.info/201509/article_29.html

そもそも今回の第189回国会天皇陛下御臨席のもと開会式が行われ、開かれています。
(いつもだろ?当たり前の事言ってるんじゃねーよ!って怒らないでくださいね)

第189回国会 開会式 天皇陛下のおことば 平成27年1月26日
https://www.youtube.com/watch?v=5ZrcujC4oaE


こうして開催された日本国憲法がいう国民の代表が集まり議論する国権の最高機関である国会その場所でこのようなふざけた行為をすることは国民主権に対しても、国権の最高機関である国会に対しても、天皇陛下に対しても泥水をひっかけ辱めた行為であると言えます。
彼らが日頃から憲法を守れ!と連呼していますがその言動はどう見ても日本国憲法の精神から大きく外れ、言葉とは裏腹に日本国憲法をぶち壊すのが目的では?と思う行為をしているのが彼等です。
馬鹿に何を言っても馬の耳に念仏なのでしょうがそれなら馬鹿は国会に入れさせないようにするのが主権者の責務なのではないでしょうか?
国会に入れるのは主権者国民の代理人として国民の代わりに政治の仕事をして給料をもらう期間付き契約社員たる議員。
その選別は選挙という面接試験でしっかり選別しなければなりませんね。

参照記事
産経ニュース
山本太郎氏 小沢代表からも怒られた 焼香パフォーマンス
http://www.sankei.com/politics/news/150926/plt1509260011-n1.html
生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎参院議員は26日午前、テレビ東京の番組に出演し、18日の参院本会議での安倍晋三首相の問責決議案採決の際に、喪服を着用して焼香するしぐさをしたことについて、同党の小沢一郎代表から叱責を受けたことを明らかにした。

 山本氏は「参院議長のみならず、わが党の小沢一郎からも叱責を受けた。『本気でやっているのはわかるけれども、それをふざけてると取られてしまえば、君のやっていることが元も子もなくなる』といわれた」と語った。

 山本氏は25日、山崎正昭参院議長から呼び出しを受け、焼香のしぐさに関して「参院の品位と節度を失墜する行為だ」などと厳重注意を受けた。
plt1509260011-p2.jpg
一人牛歩戦術をして投票後、安倍晋三首相に対して手を合わせる山本太郎氏(右下)=18日、国会・参院本会議場(斎藤良雄撮影)

【平成27年9月2日】天皇陛下を侮辱政治利用する反日中国糾弾抗議行動

【本日の街宣活動報告】
六本木ヒルズメトロハット前街宣
【平成27年9月2日】中国の反日覇権主義から日本を守れ!国防周知街宣
【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=KqKPSDsBZgw
【FC2動画】http://video.fc2.com/content/20150902uk7X0MmK

中国大使館前抗議行動
【平成27年9月2日】天皇陛下を侮辱政治利用する反日中国糾弾抗議行動
【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=KLrnZC2Sjlg
【FC2動画】http://video.fc2.com/content/20150902T1VN29VL
2015y09m02d_180248317.jpg
六本木ヒルズメトロハット前での街宣活動
ここでは中国の覇権主義対策としての国防の充実を訴えさせていただきました。

抗議文
日本国民は神々による国生みにより海の恵みと美しい島々を賜り、建国以来、天皇陛下を戴くことで、「誠」の国としてその国柄を綿々と受け継いできた。
日本国の国体の精神はお互いに手を取り助け合い相手を思いやる人と人とのつながりにあり、外国の支配型縦社会とは大いに異なり、和を尊び、多様な思想や文化を受け入れつつ、独自の伝統と文化として育み継承し、多くの危機を一致団結し乗り越えてきた。
日本国は、どこかの国とは違い、国民が主権を持つ民主主義国家で、国政は国民の信託に基づき、国民の代表が担当し、その成果は国民が受ける。
そして自由、民主、人権、平和、国際協調を国の基本として堅持し、国を愛する国民の努力によって国の独立を守る。
日本国民はどこかの国とは違い、正義と秩序による国際平和を誠実に願い、いわれなき非難や不当な侵略による名誉の毀損や人権侵害に対しては断固として反論し国際社会と協力し、不断の努力を行い、自由とともに公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実を図り、教育の振興と文化の創造と地方自治の発展を目指し、自然との共生を信条に、美しく豊かな地球環境を守るため力を尽くし、現在の国民とその子孫が世界の諸国民とともに、さらに正義と平和と繁栄の時代を内外につくることを願う、人類社会の模範的先駆者たる日本国主権者国民の一人として今日はここに来た。

8月25日、中国政府の新華網は、日中戦争における昭和天皇の責任を問い日本を非難した。
主な内容は
1.日本軍国主義が発動した侵略戦争は、軍国主義の天皇や政府、軍隊、財閥などの主要な勢力が作り上げたもので、多くの犯罪を犯し、侵略戦争に対して逃れない罪を負っている。

2.昭和天皇は、日本が侵略した被害国と人民に、死ぬまで謝罪の意を表したことがない。その後継者(天皇陛下)は謝罪をもって氷解を得、懺悔をもって信頼を得、誠実をもって調和を得るべきだ。
とても読むに耐えない、尋常な感覚を持っているとは思えない評論だ。

過去の歴史に全く不勉強で無知な貴様ら、愚劣なる野蛮国家中国に対し、親切にも教えて差し上げるが
天皇の戦争責任に関しては、1946年から1948年にかけて行なわれた極東国際軍事裁判(東京裁判)において「戦争犯罪人としての起訴から日本国天皇を免除する」ことが合意され、天皇を訴追しないことが決定された。
この問題は「国際的に」すでに解決済みなのである。
中国は中華民国、つまり台湾国の代表が入っていた東京裁判は「中国が参画していなかったから、別途、天皇の戦争責任を追及してもいい」とでも言うつもりなのか?
ふざけるな!

受けた恩は3日で忘れる貴様らは覚えていないであろうが1992年、天皇陛下は、当時総書記の江沢民のなかば強引な招聘により中国を訪問、きちんと「謝罪」のお言葉を発せられた。

江沢民は1989年に起きた天安門事件において民主化を叫んだ若者を武力鎮圧したことに対する西側諸国の経済封鎖を何とか天皇陛下の訪中によって解決しようと企んだ。
その政治利用が懸念されながらも、天皇陛下は訪中して中国国民に頭を下げ、謝罪している。
そのおかげで西側諸国による経済封鎖は徐々に解かれ、中国は経済繁栄を手にしたのではないか。
その恩を仇で返す主張をする中国は、良心もモラルもない。
犬畜生にも劣るとはまさに貴様ら中国の為にある言葉である。

今、日本国主権者国民の名をもってここに厳命する。

天皇陛下に対する侮辱を今すぐ謝罪しろ!
無礼国家中国は靖国神社の参拝に口出しするな!
嘘つき国家中国は自分の嘘がばれるからと言って日本の教科書内容に口出しするな!
国際平和をぶち壊す時代に逆行した侵略主義をやめろ!
金輪際、尖閣諸島の領有を口に出すな!
日本の領海侵犯を今すぐ止めろ!
南京大虐殺なる歴史の捏造で国際社会を騙すのをやめろ!
盗人・犯罪者国家中国はわが日本領海での地下資源の盗掘を今すぐやめろ!

平成27年9月2日
中華人民共和国 習近平主席
同国      程永華大使
自虐史観撲滅実現を目指す国民会議
2015y09m02d_184213605.jpg
尖閣諸島日本領土宣言文
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/5855096.htmlも一緒に朗読、中国大使館のポストに投函してきました。
ご紹介サイト
最新コメント
ご意見箱

名前
メール
本文
アクセスカウンター