桑野しげきの政策提言

食生活の改善、栄養学の既成概念の検証、学校給食の見直しによる食育向上で【日本一健康で長寿な街づくり】【明日の日本を担う子供たちの育成】の実現を

元長野県知事の著書を読むと、長野県では【ピンピンコロリ】と言う言葉があるということです。

年をとってもピンピンしていて、元気だな~と思ったらコロッと亡くなってしまうことを言うようです。

201707211404089991
長野県佐久市にある「ぴんころ地蔵尊」

ぴんぴん(健康で長生きし)ころり(寝込まず楽に大往生する)という願いから「ぴんころ地蔵尊」と命名。
健康長寿にあやかろうと県内外から多くの人が“ぴんころ詣”に訪れる、全国的にも有名な観光スポットです。

このようにありたいという思う方も多いようですが、この風潮を人権派だ、知識人と称する人間が「介護、世話からの忌避と非難しているようですが、意味わからんですね。

おそらく、多くの方が人に迷惑をかけないで人生を終わらせたいと思っているのではないかと思いますがどうでしょうか?

それはいいとして、なぜ、今の医学的にも情報網が発達している状態で、地域によって平均寿命に差が出てくるのか?

それは食生活の違い、生活環境の違いが多大に影響していると思います。

 

食育と言うと今までは、おいしく、楽しく、恵みと生産者の方に感謝し残さない、と言ったことだけが取り上げられてきましたが、地域の食習慣を研究し、何が日々の健康生活にいいのか?今までの栄養学の常識を今一度精査し直す時期に来ているのではないでしょうか?

 

長野県上田市にある真田中学校は以前、いわゆる荒れていた学校で、ここで校長が給食をパン食を発芽玄米混じりの米食に切り替えコメも地元、野菜も卵も果物も地元の穫れたてを使ったメニューに切り替え、結果、荒れていた学校は非行がゼロになり、平均学力も向上したそうです。

荒れていた学校が文字通り、健全な学びの場になったとのことです。

「食」について、学校給食を和食に変えてみたら、長野県の真田中学校の経験から学ぶ
https://www.youtube.com/watch?v=Au2okwkeCzQ

 

戦後、アメリカ給食制度を定着させました。

昭和22年に全国都市の児童約300万人を対象とした学校給食が始まり昭和27年には、全ての小学校を対象に給食が始まりました。

その時の国民の食事や栄養事情からしたら必要だったかもしれません。

最初はアメリカから指導された脱脂粉乳とコッペパンが中心の食事でした。

その後、昭和30年代には、肉食中心の洋食が広く普及していきました。

しかしこれは結果として、国民から伝統的な日本の健康食を奪い、子供の味覚を強引に変えさせ、洋食を好むようにさせ日本へ洋食品を大量に輸入させる為の米国の先を見越した策略もあったのではないでしょうか?

 

その結果が子供たちの心身を蝕み、非行化が顕著になり、がんをはじめとする成人病や食品アレルギーの増加です。

 

現に戦後の日本社会の変化として

・血栓やがん、糖尿病などの、成人病の激増。
・精神疾患が爆発的に増加。
・慢性的に体調不良を訴える人の増加。
・子どもの体力が低下しキレやすい子供の増加。
・アトピーやアレルギー疾患が増大。

これは戦後の日本国民の食生活の変化が影響していると思います。

 

学校給食は、そのような食事を全国の生徒に一斉に食べさせるので、大多数の子どもの味覚を異常にさせてしまいます。

その結果、生活習慣病、成人病が爆発的に増えました。

昔、がんは老人病と呼ばれていましたが、

今は20、30代でガンで亡くなる人が増えています。

たかが1日に1回の給食と思われるかもしれません。

しかし、味覚を作る大切な時期に、歪んだ食生活を植え付けられる恐れも学校給食は持ち合わせています。

 

それらの事実を真摯に受け止め、誤った食生活の改善を社会として真剣に取り組んでいけるかどうかが、長寿で、健康でいられるか大きなポイントとなります。

今後、これを防ぐには国は何をするべきなのか。

れは日本国民、特に子供達に日本人本来の健康食である伝統和食を戻し、病気をしない心と体を養うことを推進することこそ政治が力を入れるべき政策ではないでしょうか。

今、医療費が肥大し、社会保障、医療の充実の名のもとに消費税増税が言われていますが、それで本当に問題が解決するのでしょうか?

国民が病気をしない環境作りこそ真の予防医学であり、将来の日本国の医療費の削減に繋がる、いま政治がやらなくてはならない政策だと私は思います。

 

現代医療業界、製薬会社も、病人とは彼らにとってお客様であり、いかに利益を生むか、すなわちいかに病人を増やすかを考えています。
ここに
票欲しさの政治家が乗っかり、国民の金を医療界に垂れ流し、国民を医療漬けにしているのが現状です。


本来、医者とは患者の病気を治すことであり、薬の長期大量投与ではありません。

 

いかにしたら、心も体も健康な国民を形成するか。
その答えは、
食習慣を中心とする生活環境の改善しかありません。

成長期に何を食べるかで、人生の期間、健康を左右します

国民が健康でいられるか、病弱かで国家の社会、経済、産業も伸びるか衰退するか変わってきます。

国家が占める社会保障の負担も変わり、その結果、数十年後の日本の国力影響が出てきます。

国民が元気に活躍することが国家を発展させる国力の根本です。

たかが給食と思われるかもしれませんが、次の時代に国家を支える子供たちに誤った給食を食べさせ続けることは、国の力を衰えさせ、崩壊させる原因です。

 

いまこそ、日本の伝統食習慣の原点に返るべきなのです。

 

自然なもの、季節のもの、その土地で摂れるもの、伝統料理。

私たちの先祖代々、先人たちの知恵の結集によって受け継がれてきたものを後世に伝える事こそが、これからの日本を守るため、私たちで守りたいものです。

 

桑野しげきの政策提言としまして、食育向上で心身ともに健康な街の実現として、 食生活の改善、栄養学の既成概念の検証、学校給食の見直しによる食育向上で【日本一健康で長寿な街づくり】【明日の日本を担う子供たちの育成】を目指します。

 

参照記事:給食をコメに変えたら、非行・犯罪がゼロになった!? ——長野県上田市の学校給食革命
https://www.chichi.co.jp/web/20181124uedashi_kyusyoku/

 

長野県上田市真田町。以前は子供の非行・犯罪が絶えなかったというこの小さな町は、いまや全国でも抜きんでた学力を誇る一地域へと変貌を遂げた。この変革の立役者が、上田市元教育委員長の大塚貢氏である。大塚氏はいかに子供たちの心を掴み、健康を取り戻していったのか。その一部始終について語っていただいた。

 

荒み切った学校に赴任して

私が中学校の校長になったのは、平成4年でした。生徒数1200名の大規模校でしたが、その荒れ方はもう非行なんてものじゃないですね。立派な犯罪です。強盗、窃盗も多いです。学校の廊下をバイクで走ったり、窓ガラスは次から次へ割られ、不登校も常に60~70人いました。

そこでまず、取り掛かったのは授業の改善でした。徹底的に研究授業をやって、「こうしたらどうか、ああしたらどうか」と先生同士が互いに切磋琢磨し合う。
またそれぞれが教材研究や指導方法を研究していくと、次第に授業のレベルが上がっていきました。

授業がおもしろいかどうかのバロメーターは、なんと言っても子どもの姿勢です。

机に伏している子がほとんどいなくなり、みな姿勢を正して授業に臨むようになりました。

いま、学級崩壊とか子どもが本気で勉強しないとかいいますが、99%は授業がつまらないのを子どものせいにしているだけだと思います。

♦問題の根源は食にあった!?

朝礼で子どもたちが貧血でバタバタ倒れたり、遅刻したり、登校しても保健室にいるので、これはもしかしたら食と関係があるのではないかと思いました。平成4年の頃で、まだ「食育」などという言葉もなかった時代です。


全校生徒の食の調査もやりましたが、朝食を食べてこない子どもが38%。
その子たちもやはり非行や犯罪まがいのことをしたり、いじめなどに加担していたりする。あるいは無気力な生徒が多かったです。

ただ、朝食を食べていると答えた生徒にしても、実態はほとんどがパンとハムやウインナ、それと合成保存料や着色料、合成甘味料の入ったジュースです。
そして夜はカレーや焼肉が多かったですね。

こういう食事ばかりではカルシウムやミネラル、亜鉛やマグネシウムといった血管を柔らかくしたり、血をきれいにする栄養素はまったく摂取できません。

だから子どもたちの血液がドロドロで、自己コントロールができない体になって、普段は無気力でありながら、突如自分の感情が抑えきれなくなってしまう。
いくら「非行を起こすな、いじめるな、勉強を本気でやれ」と言ったところで、体がついていかないのです。

そういったことをPTAの席でお話しして、「なんとかバランスのよい食事をつくってください」と呼びかけたところで、いまの若いお母さん方にはまったく聞き入れてもらえませんでした。

♦給食をコメ主体に切り替えた

そうして赴任した翌年の平成5年からは、週6日のうち5日間を米飯給食に切り替えました。米飯もただの白米ではなく、血液をきれいにし、血管を柔らかくしてくれるGABAが含まれる発芽玄米を10%以上加えたのです。

7か月後あたりから学校全体が落ち着いてきましたね。いまでもよく覚えているのが、4月のPTA総会の前に私が1時間ばかり校舎のタバコの吸殻を拾って歩いたところ、スーパーの大きなビニール袋がいっぱいになったのです。
それを総会で見せたところ、保護者たちから、「大塚校長が来てから風紀が乱れたんじゃないのか」と言われましたがね、米飯給食を始めてから7か月後には、吸殻が1本もなくなりました。

1年半から2年がたつ頃には、非行・犯罪はゼロになり、同時に子どもたちの学習意欲も高まっていきました。

荒れていた時は図書館なんて誰も利用しませんでしたが、子どもたちが変わってきてからは、昼休みは図書館の120席がすぐに満席、座れない子は床に腰を下ろして読んでいるのですが、そこもいっぱいになると廊下にまであふれ出てくるような状態になりました。

もちろん、図書館司書が本に関するクイズを出したり、先生の読書感想文を校内放送で流したりと、様々な工夫をしましたが、やはり食によって子どもの心と体が変わってきたことが大きいと思います。


西日本豪雨災害に関してのネット投稿や著名人コメントを見ての所感【日本未来の会】

西日本豪雨災害が発生し、自衛隊を主とする救援隊による懸命な救援復興活動には心から敬意を称し被災された方々には一日も早い日業生活に復帰できるようにと願わずにはおれません。

西日本豪雨の災害ですが、インターネットの書き込み、または政治家、評論家、著名人のコメントを見聞きすると、皆がみんな、ただ、かわいそうだの、1日も早い救いを祈るといったこれを言っておけば問題ないだろう的な問題解決には全く意味がないただの自己満足の御涙頂戴話ばかり流れてきますが、一番肝心な原因検証の話は流れてきません

日本のこの時期は大小あれど豪雨は毎年ある事で、こんな被害が出た原因はどこにあるのか?日頃防災対策に不備は無かったのかが究明、対策されないとまた同じ被害が出てしまいます。
また犠牲者が出てしまいます。

そこを検証、究明できるのは今しかないわけですが、誰もこれを言い出す事をしない。
まさに言葉尻を突かれての批判を恐れ、人の目を気にした保身としか思えません。

いったい何のための情報発信、発言、コメントなのか?

全く社会に役立つことのない発言に何の社会的意味があるのか!

たしかに今の時期にこのような事を言うと、被害者の救助が第一だ、それを御涙頂戴話とか言いやがって、人の気持ちを持ち合わせていないだの、血も涙もない奴とか言われるかもしれません。

しかし、仮に同じ豪雨が都内で降ったら被害はどうなるのか?

人類は自然災害には無力だとかよく言われますが、どんな防災設備だったら被害を防げたのか?といった検証を行い、日本の自治体で共有することが次の災害を抑え込む一番の防災対策だと思います。

日本未来の会としては政界、自治体に対し防災対策として上記の事を要求致します。


7456
日頃のこの議員の言動は支持賛同出来ないところ多々ありますが、この事に関しては正論で賛同致します。


震災になると自分の正義心?で勝手に暴走し、自分の行動が世の為、人の為?になると手前勝手な投稿を行ってネットで煽る無責任ネット民が多数現れます。

しかし、プロではないのに自分の感情、正義心で突っ走ることが一人でも多くの命を救おうと現場で不眠不休で戦っているプロの救援組織の統制を乱し足を引っ張る事になるのは確実です。

この事に対する警鐘としてお荷物、邪魔といって何が問題があるのか?
全く間違っていない!

震災になると自分の正義の行動?に満足する自慰行為連中が沸いてうざったい限りです。

そんなことは自室で一人でやっていただきたいものだ。

自分の言動が社会に、また、震災で苦しんでいる被災者、その方々を一日も早く救援しようと戦っている救援隊の方々にどれだけ迷惑をかけ、苦しめる結果になるのか?

自分の言動に対し猛省をしていただきたいものです。

また、いつも思いますが、災害時に各政党、各市民団体組織が自分たちの名義入りの義援金口座をポンポン作って寄付を呼びかけますが、政府が管轄する口座1つにまとめて寄付を集ったほうが手続き上、迅速に被災者に渡って活用されるのではないでしょうか?

それなのに自分たちの名義入り口座で寄付を集うのは、震災を利用して寄付実績をPRする為としか思えない・・・

義援金受け取り作業一つとっても被災側はその分に余計に時間を費やすことになる。
そんなことに時間を費やすなら復旧作業に費やしたいというのが復旧業務に没頭している被災自治体の本音だと思います。



災害被害者を自分たちの活動PRのダシに利用するのはいい加減やめていただきたいと思います。

義援金が偽善に利用されては善意も浮かばれません。




誰も言いづらい、言いたくないようですから、日頃からネトウヨ保守ネット民から嫌われていて、今更彼らの非難なんか痛くもかゆくもなく、気にもならない私が言わせていただきました。


文責:日本未来の会 桑野繁樹


米朝首脳会談を受けての声明 【日本未来の会】

6月12日、アメリカトランプ大統領と北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が行われました。

今回の米朝首脳会談で、北朝鮮が朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことなどで合意がされましたが、合意内容は極めて大雑把であり、非核化の手順も曖昧な部分が多いのが現状です。

北朝鮮は未だに、わが国日本を射程に収める弾道ミサイルを数百基も配備している現在、自主防衛できない日本の国防視点でとらえると、私たちの生命、財産、安心な生活を守るためには北朝鮮が保有する核兵器や生物・化学兵器といった大量破壊兵器や、あらゆる射程の弾道ミサイルなどの完全放棄が不可欠です。

日本政府は自国防衛のためにアメリカ政府に対し、北朝鮮に対し軍事圧力、経済制裁を実施し続けるよう求め、実効ある対北制裁措置を講じるとともに、自分の国は自分で守る当たり前の主権国家になる覚悟を持った国家運営を行うべきであります。

今回の流れを受けて、日本も北朝鮮と対話せよ!という声を自称平和活動家や自称政治運動家から出ていますが、今まで悪魔の北朝鮮国家が日本に対して行った極悪非道の行為を忘れたのか?

・罪なき日本国民を拉致し、その被害者の人生をズタズタにして未だに帰国させずに監禁している。
・全く好戦的でない自主防衛能力ゼロの日本に対してミサイル攻撃を行い、我が領空を犯し、日本国民が漁業を行っている我が海域に落下させている。


このような国に対し【北朝鮮と対話しろ】と言っている連中に問いたい。
このような悪行を行い、問題を起こしたのは日本が原因なのか?北朝鮮が問題なのか?

【拉致問題が解決しないのは北朝鮮と対話をしないのが原因だ】という人間もいる。
拉致問題を引き起こしたのはどの国が悪いのか?

すべては北朝鮮が行った極悪非道な悪行であります。

【北朝鮮と対話して解決を図れ】
私もそう思います。
しかし対話を行うのなら我が日本の総理大臣が、極悪非道な犯罪行為の数々を行っておいて会ってやるとばかりにふんぞり返っている北朝鮮の将軍のもとにノコノコ出ていく必要は全くない。

今の状況を変えたく関係改善を求めるのであれば、北朝鮮の金正恩自身が単身日本に来日し、ミサイル発射等数々の軍事恫喝による日本国民の安全を破壊した行為や拉致した被害者の人生をズタズタにしたことへの全面謝罪を行うのが先で、日朝首脳会談をその後の話である。

これが国民の生命、財産、安全な生活を守る義務を持つ国家運営を行う総理大臣が通すべき筋というものであります。

日本政府、安倍晋三総理大臣は容易に流行のようなムード下での日朝首脳会談を開催してはならない。

非核化のコストについて聞かれたトランプ大統領「韓国と日本が北朝鮮を大いに助けてくれるだろう」と述べていますが、非核化のコストはもちろんの事、拉致問題を含む北朝鮮問題の解決なくして我が国が北朝鮮を支援することがあってはならない。

日本国内においては国の独立や国民の生命・安全を守り抜く為に、独立主権国家として「自分の国は自分で守る」体制構築を早急に実現するべきであります。

今回アメリカが容易で無責任な合意を行った事に対して、
『アメリカが日本を責任もって守らないなら自分で自分の国を守る。もうアメリカはいらんわ』
とアメリカの足元を見て駆け引きを行い、アメリカの力を用いて一気に国軍を整備し自主防衛可能国家にして、日米同盟を相互平等軍事同盟に正し、アメリカとの基地問題を解決し真の主権国家を誕生させることを日本政府 安倍晋三首相に要求する。

弊会は、日本国家国民を守り抜き、この国を国際社会全体の平和・繁栄の実現を先導する平和的覇者たる国家とすべく、引き続き活動を展開していく所存です。


文責:日本未来の会 桑野繁樹

Google(YOUTUBE)によるチャンネルアカウント削除凍結による言論弾圧に対する声明【日本未来の会】

近頃、数多くの右派系のYOUTUBE動画チャンネルが、YOUTUBE運営(Google社)によって削除凍結される事案が続出し、私が管理する【街宣動画チャンネル】でも朝日新聞本社前での抗議街宣動画が操作規制がかけられている

YOUTUBE運営(Google社)からの通告メール
b

⇩私からの異議申し立てに対するYOUTUBE運営(Google社)からの回答メールa
どこの部分の文言、ワード、言論表現が問題があるという明確な理由が提示、説明がされていない。


思想、主義主張、表現の自由に規制をかけるには規制の理由文言、ワード、表現を明確にする義務がある

それが欠けた規制はただの言論弾圧でしかない。

Google社(YOUTUBE)明確な理由を一切語らず言論弾圧を行い、一方的に個人の財産たる映像を当人に対し、事前保存等の映像保護の猶予も与えず削除に走っている事は完全な個人財産権保護に対する暴挙である。
断じて許せる話ではない。

私はこのようなGoogle社による言論弾圧、個人財産はく奪などの暴挙に対し、肝心な時になると泣き寝入りする他のネトウヨ保守の輩と違い、絶対に屈せずに糾弾していきます

文責:日本未来の会 桑野繁樹 


YOUTUBE運営による言論弾圧された問題?街宣活動動画を別動画投稿サイトにて投稿しました。

平成30年4月20日】祝!『サンゴ記念日』29周年!朝日新聞社前抗議街宣
【FC2動画】https://video.fc2.com/content/20180606046a1Ut3
【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm33323448


朝鮮南北首脳会談を受けての声明文【日本未来の会】

4月 27日北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による南北首脳会談が27日、軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で行われました


キャプチャ945

高木ブーと加藤茶、ではなくて北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領(笑)



朝鮮南北首脳会談が行われるのは10年以上ぶりで両首脳は「朝鮮半島の完全な非核化」を共通目標として取り組んでいくことを確認する共同宣言を発表しました。

 

しかし、今回の合意では、北朝鮮の核兵器の放棄の確証は全く示されておらず、さらに北朝鮮はこれまで国際社会との約束を破り続けてきたまさに人徳のかけらもない愚劣なる三等国家であり、対話による問題解決は全く期待できません

今回の不自然すぎる軟化姿勢は、米国による軍事圧迫を避け、制裁解除経済援助をも企み新たな軍事整備の時間稼ぎとなる恐れは極めて強いと認識します

 北朝鮮の脅威は保有だけでなく、生物・化学兵器、各種弾道ミサイルといった驚異的な兵器を保持していると言われています。

そのような国家が日々日本を脅迫じみた挑発を行っている北朝鮮の武装を査察検証したうえでの廃棄を行って初めて、日本を含む地域の平和・安定が保たれるということを全く考えも見もしないで北朝鮮を讃える軽薄な徒がいかに多いことか

これから米朝首脳会談の予定もあるということですが日本政府は北朝鮮が核、生物化学兵器の即時放棄を受け入れる意思がなければ、浮かれることなく、対決姿勢も辞さない姿勢を鮮明にするよう強く求めます。

併せて、有事も見据え、政府には、拉致被害者を含む邦人の保護、救出はもちろん、国軍の早期整備、他国との共同作戦領空、領海侵犯、不審船た偽装避難民に対する迅速かつ毅然対応、国家、国民の生命、財産、安全な社会生活の確保に真剣に取り組むべきであります

 

 もとより韓国は政治活動家を扇動しながら

「朝鮮半島南北統一し、朝鮮民族が一致団結し日帝を打倒せよ!

と騒がせてそれが民族の悲願だという対外工作をしていたくらいですし

(韓国人が皆そのような意思だとは思いませんが笑)

今が絶好の機会である。

このまま迅速に朝鮮半島統一を果たされることを切に望む。

首都はもちろん歴史ある都、平壌

元首は現地民はもちろん反日日本人にまで今讃えられている金正恩

核武装を望み願っていた韓国国民、これであなたも立派な核武装国の国民になれておめでとうと言ったところでしょうか?

日本としても、日頃敵対しておいて困った時だけ【日韓友好】などとほざきながらすり寄ってくる国なんか消滅して常時敵対姿勢の国だけになった方が分かりやすく外交、国防上対処しやすいというメリットもある。

さらに我らのアジアで我が物顔でふんぞり返っているアメリカも在韓米軍を撤退させざるを得なくなり、アジアで覇権政治を行う地盤は日本だけになる。

日本に対する依存度が増せば今のような態度は取れず、日本に対する軍事協力を求めてくる。

その時、アメリカの足元をみて駆け引きをして、アメリカの力を用いて一気に国軍を整備し、自主防衛可能国家になり、相互平等軍事同盟を要求してアメリカとの基地問題を解決するという他国の動きを利用して一気に国軍整備に持っていける胆力ある政府の誕生を期待します

まぁそんな胆力ある政治家はいないでしょうが(笑)

 

 わが国が直面する軍事的脅威は北朝鮮だけではなく、中国による侵略主義に対する対処も直近の課題です

日本を取り巻く安全保障環境が悪化するなか、今の日米同盟は張子の虎ならぬ豪雨に晒されたトイレットペーパー、まったく役にたちません。

1日も早い自主防衛国家としての整備を行い「自分の国は自分で守る」体制を確立すべきです。

北朝鮮問題は、日本国家の存続と国民の生命、財産、安全な生活に直結する最重要課題ですが、現在国会では、政府を打倒するため、政権の疑惑や文書管理問題、セクハラ問題に終始している無能野党が国家の足を引っ張るだけの無駄な浪費が繰り広げられていますが、この手の問題は私たちの生活に全く関係ありません。

脳なし野党は政権転覆を優先するのではなく、国家、国民を守る外交・防衛問題や産業振興政策に魂を注ぐよう厳命いたします

弊会は日本国家国民を守り抜き、この国を国際社会全体の平和・繁栄の実現を先導する平和的覇者たる国家とすべく、引き続き活動を展開していく所存です。

文責: 日本未来の会 桑野繁樹

桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: