アメリカ

羽田空港新ルート問題は区議会で解決は無理。日米地位協定を撤廃し国民の安心できる社会生活を取り戻せ!

今、羽田空港新ルート問題のブログ記事を書いているところ、参照記事を集めているとき、ふとこのページを見つけました。

参照記事:としまの空を考える会
https://toshimanosora2016.jimdo.com/

なんかこのアンケート結果を見ると、私はこの問題に全くの無関心でアンケートを無視したように思われますが、私のもとにこのアンケート依頼全く届いていないし、連絡先は公開していましたのに非公開となっている。
(選挙公報、ビラ、ポスターに記載されています)

96321452

いろいろ調べてみると左派寄りの団体のようなので、右派の私を敬遠したのかは不明ですが、このアンケートを知っていたら応じたのに残念ですね・・・
(もっとも私の回答は団体側が望む回答ではないかもしれませんのでめんどくさい人間に送らないのも正しい判断だったのかもしれませんが)


そんな与太話はいいのですが、真剣に考えるべき地域問題として豊島区では羽田空港新ルート問題があります

 

豊島区に限らず、周辺の自治体の空はどうなるのだろうか・・・

 

こういう不安を持っている方は多いと思います。

多くの自治体で地域住民説明会が行われてきましたが、説明する側は羽田空港担当者や国土交通省の職員が担当しています。

結局は説明担当者に怒声を浴びせて終わってしまうと思いますが、羽田空港や国交省の職員に罵声を浴びせても全く問題解決にはなりません。

なぜでしょうか?
image1
 

結論から言いますと、そもそもこの問題の本質は日米同盟の日米地位協定によって米軍横田基地が羽田空域を管制支配しているので、それを撤廃するしか問題解決はしない。

羽田空港も国交省(つまりは日本国)もここしか飛行機を飛ばせないのが現状です。
325
image3

ちゃんとこの説明はされているのでしょうか?

当然区議会で解決なんかできるわけがない 

キツイ物言いになりますが、区議会でどんなに議論しても、議会決議を内閣に提出してもそれは
区議会議員の顔を立てるためのセレモニーであって何の解決にも結びつきません!

 

それができるのは国政と都政がタッグを組んでアメリカと刺し違える覚悟で取り組むしかないです。

  

最悪なのがこの問題を解決できるはずのない区議会などがこの問題を審議して採決している点。

 
政治家ならこの問題が区議会で手に負える問題ではないことぐらい誰でも分かっています。

この問題に心を痛めている住民の不安心を利用して、できないことをできるように思わせ、住民のために頑張ってますアピールをして選挙時の票のためにポイント稼ぎしている人間がいる。

 

許しがたい行為です。

 

選挙にプラスにならない、評価もマイナスになる危険性もあってカッコ悪いという気持ちは分かりますが、区議会議員が解決できない問題なわけで、
『この問題は区議会では解決できないので、国政と都政にお願いしてください。

 区議会では管轄外ですので取り扱えませんと言うほうがよほど有権者に対して誠意ある態度だと思います。

 

 

そんな議員が所属している政党が日頃の国会や今回の参院選でこの羽田空港新ルート問題を主要課題として取り上げているのかと言えばNOです。
選挙公報にすら書いていない。

 

さらにこの問題を追及できる絶好の場である国会で、この問題を取り上げずに貴重な時間や税金を費やして森加計問題、セクハラ問題といった芸能ワイドショー劇場を長期間にわたって繰り広げたのは多くの国民がご承知の通りです。

 

 

出来もしない人間が有権者の為に頑張っていますアピールに利用し、本来本腰で取り組む立場の人間がこの問題を取り上げないのって有権者に対する詐欺じゃないですか

 

ヴァンデンバーグ決議の理念に則り、自分の国は自分で守れる国防力を整備し、不平等な日米地位協定を撤廃し、日本の領土、領海、領空を日本国民の手に取り戻し、新しい時代に合わせた日米協力同盟の形を構築して、毎日安心できる国民社会を築くことがこの問題を解決する唯一の方法で政治家が今行うべき重要な責務だと思います。

アメリカ・サンフランシスコ市慰安婦像設置に対する所感

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市のリー市長は11月22日、中国系米国人らの団体が設置した旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を受け入れることを承認しました。

これにより、慰安婦像は正式にサンフランシスコ市の所有物となりました。

アメリカの公共施設に慰安婦像が設置されるのは、カリフォルニア州グレンデール市とジョージア州ブルックヘブン市に続いて3か所目になります。

0171123at05_p
現地民間団体が米サンフランシスコ市に設置した慰安婦像


この問題はサンフランシスコ市で慰安婦像と碑文が設置され、サンフランシスコ市議会が「慰安婦の日」を制定する決議案を採択したことに関し、承認されないようにサンフランシスコ市と姉妹都市関係にある大阪市が9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を大阪維新の会が提案し、自民、公明、共産各党は反対した。

結果、9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を賛成少数で否決した。

採決前の討論で、自民議員はサンフランシスコ市での像設置について遺憾の意を表明。
しかし、外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張した。

 一方、維新議員は5月議会でも同様の決議案が否決されたことに触れ、「否決の事実は、慰安婦像を容認するという誤ったメッセージにつながっているのかもしれない」と懸念。
姉妹都市としての関係を続けていくため、議会として問題を放置せず意思を表明することが重要だと強調した。

共産党が反対するのは仕方がないとして、自民党議員がこの件で反対することに対して日頃から安倍政権を批判することに目を尖らしている御用記者阿比留サン他『I LOVE 安倍』な保守陣営の皆サマはどうお感じなのでしょうか?

自民党議員のお家芸である【遺憾の意】を発動したうえで【外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張】と言いますが、ならばこの発言をした自民党議員に問いたい。

以前、自民党は選挙公約の外交の項でこのように勇ましい約束を国民と交わしています。
【虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉、国益を回復するために行動します】

外交問題である慰安婦像設置問題に対し今まで国、すなわち政府が何か動いたのか?
全く動いていないではないか!


国が全く動かず、日本国民の名誉が汚され、現地日本人が肩身の狭い思いをしている姿を見るに忍びないために姉妹都市の大阪市が決起したにもかかわらず、本来動くべき自民党が反対し、決議案は否決してしまいました。
自民党の行動は、「
再検討なんか必要ない!どうぞどうぞ、どんどん慰安婦像を設置してください。日本人を性奴隷民族と貶めてください」というメッセージを国際社会に送っている許しがたき愚行蛮行であり、決して許せるものではありません。

私のような批判から逃げるためか?「
像設置や慰安婦の日制定には賛同しない」と言っておりますが、こんな無責任な発言はないでしょう。
賛同しないがサンフランシスコ市に対して反対の声も上げない。
こういう輩を厚顔無恥の卑怯者と言う。


自民党議員と違って大阪市吉村洋文市長は決断から逃げることなく大ナタを振るっています。

参照記事:来月中旬にも姉妹都市解消=サンフランシスコ慰安婦像設置で-吉村大阪市長
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400338&g=pol

大阪市の吉村洋文市長は24日、慰安婦像を設置した米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消について、市議会が閉会する12月12日以降に市幹部会議で決定し、文書でサンフランシスコ市に通知する考えを示した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。

吉村氏は「(慰安婦像設置で)高度な信頼関係は崩壊した。像を設置した状態で姉妹都市を続けるより、解消する方が大阪市にとってプラスだ」と述べた。今後、姉妹都市として行う学生派遣などの交流事業について「税金の投入は行わない」と明言した。
wst1709270067-p1
米サンフランシスコ市との姉妹都市解消を明言する吉村洋文大阪市長

参照記事:米サンフランシスコ市に慰安婦像「遺憾」=菅官房長官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400393&g=pol 
偉官房長官は24日午前の記者会見で、米サンフランシスコ市長が慰安婦像の寄贈受け入れを承認したことについて、「わが国政府の立場と相いれず、極めて遺憾であり、誠に残念だ」と述べた。その上で「この種のことが再び起きないよう、引き続きあらゆる努力を行っていきたい」と強調した。
同市との姉妹都市解消を吉村洋文大阪市長が表明したことに関しては、「言及は差し控えたい」と論評を避けた。


またお得意の【遺憾】ですが、本当に遺憾の意を突き付けるのはサンフランシスコ市よりも自民党議員、しいては親分の安倍晋三ではないのか?

安倍談話」でありもしないことを謝罪し、国際社会に【性奴隷制度】をPRし、「日韓合意」で【国民の税金10億円】を拠出して、慰安婦財団設立させたのは
安倍晋三日本国総理大臣自身であります。
その為、彼ら慰安婦ビジネス連中はますますエスカレートしてるわけです。

大阪市の自民議員も同罪で、与党である大阪維新の会を攻撃し自分たちの手柄をアピールするためには内容なんて関係ねぇ!維新の会の決議案は潰してしまえ!という醜い政争しか見ていない。

自民党議員には、政治的信条も日本を守ろうとする気持ちも存在しない。
あるのは、醜い権力欲だけだ。

こんな政治家、日本社会に必要なのか?


慰安婦像とともに設置される碑文には、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女」などと事実無根の内容が含まれている。
これを粉砕するために戦う議員こそ日本に必要な政治家ではないでしょうか?

サンフランシスコ市は、嘘八百な碑文よりこのような真実の碑文を受け入れる事を私は強く要請致します。
(製作者の方に無断で使用してすみません。)

真実の碑文

文責:日本未来の会 桑野繁樹

軍事同盟の理念と日米同盟

ヴァンデンバーグ決議と言うものがあります。
1948年アメリカ合衆国の上院における決議、合衆国上院決議第239号。

要約として
米国は「継続的で効果的な自助および相互援助」を米国に与える国とのみ集団的な安全保障条約取り決めを結ぶことができるとあります。

つまりアメリカには、自分の国は自分で守り、アメリカと相互に助け合える国とだけ相互平等の防衛条約を結べるという軍事同盟の原則があるということです。

しかし、当時GHQの占領下にあった日本には、国民主権の理念はあっても国家主権は無く、国軍の存在はアメリカによって奪われている状態でありました。

アメリカの議会決議がアメリカの軍事同盟締結の障害になるという滑稽な姿をアメリカ自身が演出したわけであります。

苦慮した結果、アメリカは日本国内にアメリカ軍基地を作りアメリカが自由に活動できる特権を作り、これまた矛盾と滑稽さを広めることになりますが自分たちが作って日本に押し付けた日本国憲法の内容に違反した自衛隊を日本に作らせることで、上記のアメリカの議会決議であるヴァンデンバーグ決議の趣旨から外れる日米軍事同盟を締結するルール違反行為に対する苦しい言い訳をしたわけです。

私はヴァンデンバーグ決議の理念には全く同感で賛同するものです。
自分の国は自分で守る。
その国と同盟を結び相互協力する。
当然だと思います。
それが出来なくて同盟を結ぶ必要性があるのですか?
軍事同盟とはお互いに必要性価値があり、困ったときに援助を享受し合うものでしょう?
同盟は慈善活動ではないのですから。

それが出来ない片側だけが援助する関係は同盟とは呼ばず、従属関係であり、援助をたかるヒモ男や援交女子と何が違うのか

しかし、この特例の軍事同盟締結がアメリカにとって悪しき前例となり、目先の欲に目がくらみ、調子に乗り不平等同盟を結び、他国の領土に基地を作って好き勝手にふるまった結果、基地問題という煩わしい問題が発生したことはアメリカは自業自得と認識しているのか?
どれだけ自国アメリカに不利益や損害を自らの手で与えたのか分かっているのだろうか?

視点を我が国内に移しますが、一部で日本をアメリカに守ってもらうため沖縄をアメリカに差し出せと言う論調がこともあろうか愛国陣営側にあります。
参照記事:自主防衛を放棄し日本をアメリカに守ってもらうため沖縄をアメリカに差し出せと言う愛国者の皮をかぶった国賊
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/17934199.html

しかし、自分の国を自分で守る気概を捨てアメリカに守ってもらおうとする従属精神丸出しの国賊親米保守連中は、アメリカの軍事同盟の原則の理念となっているヴァンデンバーグ決議を知っているのだろうか?

個人的見解からの結論としましては
①国軍を整え、自主防衛できない状況がアメリカとの不平等同盟を生んだ最たる要因であること。

②今問題になっている沖縄基地問題は日本が自主防衛できない為に基地をアメリカに差し出したから起こったこと。

③これらの問題解決するには日本が国軍を整備して自主防衛を可能にして日米安保条約の大幅改正し、そもそものヴァンデンバーグ決議の理念に沿った対等な軍事同盟にする事で日米地位協定を変えるしかないわけです。

私は不要なアメリカとの対立を望んではいません。
世の中は敵と味方2つに分けられます。
敵を減らし味方を増やすことが国益につながり、国民の平和な社会につながると思います。

そのためには一日も早く、日本国内での外国との衝突事案であるアメリカ基地問題を解決するべきではないでしょうか?

対等な軍事同盟を構築していがみ合うことなく、お互い力を合わせ助け合う関係を築くことが、両国民の交流やビジネスでの協力が両国民の利益につながると思います。

親米と言うなら、駐在しているアメリカ兵の家族や他のアメリカ国民の幸せを望むものだと推測しますが、今の不平等な日米同盟下の日米関係がそれを生み出せるのでしょうか?

より日本・アメリカ両国民の幸福、繁栄を望むなら両国に根を張る問題の一日を早い解決が不可欠だと私は感じる次第です。
桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: