声明文

【自称愛国保守議員に騙されるな!】民進党代表選考察【日本未来の会】

民進党は蓮舫代表が辞任を表明したことによる代表選挙が行われます。
民進党代表選は21日に告示されます。
これまでに前原誠司元外相枝野幸男元官房長官が立候補を表明しています。


参照記事:ロイター通信
民進党代表選、21日に告示
http://jp.reuters.com/article/idJP2017082001001198
民進党代表選が21日、告示される。これまでに前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)が立候補を表明した。支持率が低迷し、離党の動きが止まらない野党第1党をどう立て直すかが当面の課題。辞任を表明した蓮舫代表が進めた野党共闘路線や、憲法改正への対応などが争点となる。井出庸生政調副会長(39)は20人の推薦人確保に奔走しており、前原、枝野両氏の一騎打ちの構図を崩して「第三の候補」になれるかも焦点だ。

 21日は立候補者による共同記者会見を党本部で実施。9月1日の臨時党大会で新代表を選出する。投票には国会議員だけでなく、地方議員や党員・サポーターが参加。

いろいろなご意見があると思いますが、私は枝野でいいんじゃないの?と思っています。
党内実力者の中でまだ一度もやっていないですし、耳も人一倍でかいし、と言うか耳の形がほかの人と逆の形だなと思うのは私だけでしょうか?(笑)
キャプチャ6
くだらない話はさておきまして、枝野、前原と言えば民主党時代、自民党の【派閥】にあたる民主党の【グループ】の中の一つ【枝野・前原グループ】の双頭の二人が党代表を争うという形になっているのが今回の見所ですね。
(知る人ぞ知るマニアックな見方ですが笑)

民進党の代表選挙で民進党の為に誰が良いかという判断ですから私たちの価値観での判断とは違うでしょう。
反日国賊政党民進党が活躍するには誰がトップに立つべきかと言う判断で行けば誰が良いか?おのずと答えが出てくるのではないでしょうか?

話は別にそれますが、よく民主党系の話で出てくるのが自称党内保守議員という存在。

今回もそのような議員が代表選に出るだのと言うことも書かれていましたが、この自称党内保守議員の存在、私は全く評価していません。

民主党政権前から、
鈴木寛、松原仁、野田佳彦、渡辺周、長島昭久と言った【自称民主党内愛国保守議員】がいましたが、彼らが民主党政権時に政府の国賊政策を体を張って阻止し、日本国家の名誉、国益のために力を尽くしたということが一度もありましたでしょうか?

日韓図書協定、韓国による竹島での開発事業阻止、中国活動家の尖閣沖不法活動の時、彼らが一体何をやったのか?

何もやっていないんですよ!

政党政治と言う日本の政治システムで政治を行っている以上、いくら理念や思想が素晴らしい議員であっても党に所属している以上、党の理念以外の行動など全くできないのです。
これが今の政治の害悪です。

それを分かっていながら有権者に対して自称党内愛国保守議員は出来もしないことを並び立てて有権者を騙し、権力を得ようとする。

この連中は民主党系政党の理念に沿った左翼議員以上に悪質な国賊だと私は思います。
さらにこの中には心の中は全く違うのに口だけ愛国保守をうたい、民進党の保守思想有権者向け投票窓口を演じている議員もいます。

しかし未だ一部の有権者の中には騙される人もいる事でしょう・・・
本投稿はそのような犠牲者を一人でも減らそうという趣旨で書いています。

本当に日本の国家を憂い、国民生活を豊かにしようという気持ちで議員になろうというのであれば、それに近いスタイルの愛国保守政党で頑張ればいい。
それがなぜ、民主党系政党なのか?
なぜ、反日左翼政党にしがみつくのか?

ここで偽善者を見破っていただきたいものです。

反日国賊民進党はまさに反日で国賊議員の集合体であるべきです。
有権者も判断するとき間違いがないのでその方が日本国家にとっても有権者にとっても都合がいい。
その代表にだれがふさわしいかと言う答えとして私は枝野幸男議員を押したわけです。
民進党は是非枝野代表のもとで、反日国賊政党の道を突っ走っていただき、有権者の厳しい審判を受けていただきたいと思います。

最後に枝野幸男民進党代表選挙候補の雄姿をご紹介いたします。


☆枝野の暴言 平成24年10月18日 参議院 決算委員会にて

https://www.youtube.com/watch?v=Nl1AZmTWA5U&t=613s
「クソも味噌も」総理が答弁しているとき、後ろでふてくされてふんぞり返って座っている態度、感じ悪っ!

☆枝野大臣「帰っていいのか!」 前代未聞の退席処分 

https://www.youtube.com/watch?v=qnxPBA0q5gg
総理が答弁しているときに座りながら野党議員にヤジを飛ばす。
そんな大臣今までいました?

同じ党内とはいえ、日本国総理大臣に対して失礼だ!

☆枝野くんの「クシャクシャでポイ」

https://www.youtube.com/watch?v=taEEKkyAiBM
平成21年2月9日衆・予算委員会冒頭、「公聴会の日程」についてのドタバタ採決。 
枝野幸男議員の大活躍と言う名の大暴れw
採決時、枝野も立っているので賛成になっています(笑)


第3次安倍第3次改造内閣が発足を受けての声明【日本未来の会】

平成29年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣が発足しました。

安倍晋三首相は今回も会見で「1億総活躍社会」の実現を掲げ、【デフレからの脱却】・【地方創生】・【積極的平和主義】・【人づくり革命】といった単語を出し、【5年前に日本を取り戻すと国民の皆様と約束した時の強い使命感と高い緊張感を思い出しあの原点にもう一度立ち返る】と目標を掲げました。

しかし5年前の公約をことごとく破り、国民を裏切ってきたのが現在の安倍政権です。
この事に対し支持者からは
安倍さんは本当にやりたい政策がやりたくてもいろいろな圧力でできないんだ!
その為に安倍さんをもっと国民は支援して、やりたいことが出来るように地盤を強固にするのが国民の務めだ
と言う声が聞こえましたが衆参で絶対安定数を誇る自民党がこれ以上どんな力が足りずに望む政策が出来ないのか?と言う疑問に自民党および支持者は一切回答していません。

【しっかりと結果を出すための力強い布陣】と総理は言っておりますが、昨今問題になっている外交面、ミサイル攻撃で恫喝している北朝鮮日韓合意を破棄し慰安婦詐欺で強請り行為を繰り返し竹島侵略を継続している韓国連日領海領空侵犯を繰り返し尖閣諸島侵略、地下資源盗掘を続ける中国に対し河野国賊談話の生みの親である河野洋平の子息河野太郎を任命したことの意義は全く理解できず、安倍内閣は土下座外交を推し進める計画か?と危惧します。

今回の人事で唯一光を感じるのは東日本大震災時に被災地と無能民主党菅政府のパイプになり活躍した小野寺五典防衛大臣就任です。
稲田前大臣によってズタズタに破壊された外交で危機的状況である日本の防波堤の役目をしっかり整備して防衛力維持に努めていただくことを切に願います。

総理は力強い布陣と言っておりますが要は挙党内閣、派閥均衡人事に思えてなりません。
支持率低下から見る今の政権の衰退を見るとアメリカのジョージWブッシュ政権晩期を連想してしまうのは私だけでしょうか?

この安倍改造内閣も晩期ブッシュ政権同様やりたいことが出来る地盤0の【意志薄弱八方美人内閣】のまま解散総選挙になだれ込むのではと見ています。

我々は、新しい内閣ですので何もする前から批判糾弾をするような大人げない行為はする気はなく、正しい軌道を進む国家運営を切に望みますが、野党時代に掲げていた理念、政策、公約を厳守する姿勢から外れた政権運営を行ったときは厳しく糾弾して日本の歩む道を正していく所存です。

文責:日本未来の党 桑野繁樹

【今の人類の対立、紛争の理由はすべてアメリカが作った】アメリカによるシリアに対する再度軍事恫喝に対する声明

スパイサー米大統領報道官は6月26日、シリアのアサド政権が再度の化学兵器攻撃を準備していることを確認したとして、アサド大統領や政権軍に対して「再び化学兵器を使って大量殺戮を実施すれば、重い代償を支払うことになる」と警告する声明を発表しました。

アメリカトランプ政権は、シリアアサド政権が今年4月4日に自国内で化学兵器による攻撃を行ったと断定、同月6日に対抗措置として米軍によるシリア攻撃に踏み切り、シリア国内の空軍基地に巡航ミサイルを撃ち込んだことはまだ記憶に新しいです。

私はこのアメリカの軍事行為について
強く反対し、激しく非難しました。
参照:アメリカトランプ政権によるシリアミサイル攻撃に対する声明

今回のアメリカの声明は「今回の活動は4月4日の化学兵器攻撃を前にアサド政権が行った準備活動に類似している」と指摘しました。
しかし、トランプ政権は具体的にアサド政権がどのような活動を実施しているかは明らかにしておりません。
いったい何の根拠でそのようなことを言っているのか?
物事には事実の根拠をもって精査し、対策を練るものですが、アメリカの言いがかり(根拠が明らかになっていない以上、言いがかりと言わざるを得ない)にはその根拠が欠落しています。

少し歴史を振り返ってみましょう。
第二次世界大戦後、東京裁判で、所謂「人道に対する罪」を犯したとして多くの日本人が処刑されました。
東京裁判を論ずるときA級戦犯ばかり注目されますが、B・C級戦犯についてはいい加減な証言に基づいて極刑を受け、裁判すらなく処刑された人もいて非常に冤罪が多い裁判とは名ばかりの殺人行為というのが実情です。

それだけではなくアメリカは自作自演の事件をでっちあげて戦争を吹っ掛けるのがお得意です。

①ベトナム戦争ではアメリカCIAが【トンキン湾事件】を創作し介入の口実に利用。

②湾岸戦争では未だ開戦に反対的な時期にクウェートから逃げてきたとされる女性をテレビ放送に出演させ、「私はクウェートから逃げてきました。イラク兵たちが病院で赤ん坊を殺しているの。助けて!」と言わせ、それを見たアメリカ世論は一気に湾岸戦争支持に傾き、我が物顔で始めました。

ちなみにこの事は湾岸戦争後、この女性が実は駐米クウェート大使館の娘で、イラク軍が「病院の保育器を盗んでもいなければ、数百名の新生児を放置し死なせてもいないのはほぼ確実」である事が暴露された。

③コソボ空爆は単なる警察と暴動隊の銃撃戦を「セルビア治安当局がアルバニア系住民を虐殺し民族浄化を行っている」と言いがかりをつけて参戦。

④そして「大量破壊兵器がある」と言いがかりをつけ、侵略戦争を行いイラクを滅ぼしたのがイラク戦争です。

ここで見るアメリカの思考特徴は
自分の考えは【絶対的正義】であり、それに反するものはすべて【悪】であり【悪魔】であるというまるで、カルト宗教的な思考回路であり、それを滅ぼすための軍事行動を行う理由となる自作自演での言いがかりを行い、インチキの宣伝活動という【嘘】で国民世論を騙すという【犯罪行為】【正義の行動】となるのがアメリカの【正義の戦い】のようです。

まるで近頃ネットを騒がす【ネトウヨ保守】による嘘ねつ造してまで朝鮮・韓国を罵倒することが【日本を守ることの戦い】といっていることと類似していると感じるのは私だけでしょうか(苦笑)

くだらない話はさておきまして昨今イスラム原理主義者によるテロが国際社会で問題になっています。
近頃【イスラム国】(IS)との戦いでイラク北部モスルが実質的に陥落、ISが「首都」だと宣言したシリア北部ラッカでも市街の奪還間近かという報道もあります。
このイスラム国に対しては日本も多大な被害を受けていますがそもそもイスラム国はどうやって誕生したのでしょうか?

【アラブの春】という反政府のデモ流行の流れがありました。


社会では【アラブの春】が平和への動き、民主主義の動きと言っていましたが現在はどうでしょうか?

確かに長期にわたって権力を握っていた独裁者を打倒しましたが、前述の通り独裁による治安を保っていた社会を無秩序社会にしてしまい、テロリストが自由に行動できる社会にしてしまいました。

当初先進西側諸国は【アラブの春】【民主化運動】と期待していた向きがありましたが、その現実は独裁者に行動を抑えられていたイスラム原理主義者による【独裁者打倒運動】であって【民主化運動】ではありませんでした。
そして自由を得て、無政府無秩序状態で活動できる拠点も見つけたイスラム原理主義テロリストが起こした組織が【イスラム国】となったのが今のイスラム原理主義テロの過程です。

従来、アメリカは【テロとの戦い】を唱えてきました。
しかし結果は部族社会で協調が難しいアラブ国の治安を独裁という手法で治安を安定させていた国家に対し因縁をつけ、侵略し、無政府状態にし、治安を悪化させ、その地に暴徒すなわちテロリストを招き入れ自由に行動させたわけです。

アメリカがやってきた事は、自国の正義の押し売りという名目のもと、軍需産業を儲けさせ、自分の支持と献金を得るために多くの生命を奪い、テロとの戦いではなく、【治安のよい平和なイスラム国家を叩き潰し、テロリストへ拠点を提供し、テロを育てる戦い】であった。

イスラム原理主義テロリストはアメリカが育て上げたといっても過言ではない。
そのアメリカが【イスラム原理主義テロとの戦い】?質の悪いアメリカンジョークは国内だけでやっていただきたい。

まさに自作自演、今の人類の対立、紛争の理由はすべてアメリカが作った といっても言い過ぎではありません。

日本は裁判とは名ばかりの国際法無視の【東京裁判】でアメリカによって多くの人間が殺害されました。
「民間人を殺戮し、嘘ねつ造をでっちあげ、侵略戦争を行う悪い国、アメリカも当然裁かれるべき」と被害者の立場から日本は声を上げなくてはなりません。
これが真の【正義の戦い】なのではないでしょうか?

まず第一弾として今回のシリアに対するアメリカの言いがかりに対し厳命します。

①アメリカはシリアのアサド政権が再度の化学兵器攻撃を準備していることを確認したというのであればその確認理由を明確にすべきである。

②アメリカは4月のシリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃理由をシリアによる化学兵器の使用が疑われる攻撃で多数の死傷者が出たことへの対抗措置と言っているが、もしそうなら
公式査察団の検証結果を得たうえで行うのが筋というものだが未だに化学兵器使用の確証は今現在は示されていない。
アメリカは自分の攻撃理由が正当だと言い切るのであれば、直ちに公式査察団の検証結果を公開すべきである。

③国際社会で問題になっている難民問題はアメリカのアラブ国家に対する侵略行為がそもそもの原因である。
他国に難民を押し付ける前に自らの責任で発生した難民はアメリカで責任とって受け入れるべきである。

そして過去のアメリカの嘘ねつ造でっち上げでおこした侵略戦争に対し、精査もせずアメリカに追従した日本政府は責任をもって上記の要求をアメリカに突きつけることがアメリカ追従による罪なきアラブ国民の死に対する贖罪であることを重く心に留めるべきである。

日韓に新たな「慰安婦」財団が設立されたことに対する声明 日本未来の会 

報道では、
韓国の政治団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表は2015年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意後、新たな財団設立を企図し、今月9日、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団(正義記憶財団)」を設立、国連人権委員会の認可が下りたとして、尹氏は常任理事に就任。

日本でも「一般社団法人 希望のたね基金」(代表理事=梁澄子・日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)が設立。

慰安婦問題で日本政府の謝罪や賠償を求める「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が主導する韓国の「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」と連携し、慰安婦問題を「終わらせるのではなく、記憶・継承」を目指すとしている。学生を対象とした年2回の韓国への「スタディーツアー」や同財団などでのインターンシップなどを実施し、慰安婦問題に関する日韓の学生交流を支援する。

今後、韓国内外で広報、募金事業を強化し、全アジアの日本軍性奴隷被害者らと連帯するとしている。
とあります。

 

そもそも日韓合意とは何なんだったのでしょうか?

 

日韓両外相共同記者発表 | 外務省発表

岸田外務大臣

日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

 

1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。

 安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

 

2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

 

3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。

 あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

 

尹(ユン)外交部長官

韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。

 

1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府の実施する措置に協力する。

 

2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。

 

3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

 

まず合意内容のポイントを箇条的にピックアップします。 

①心からおわびと反省の気持ちを表明する。(日本政府としての謝罪)

②韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立。

③今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。

④今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

⑤慰安婦像の撤去。

⑥韓国側の希望により、文書化はしない。

⑦賠償金ではない。

 

私が最初に日韓合意の報道を耳にし目を通した時、最も疑問に思った部分が③で最終的に解決と言いながらなぜ、②財団をつくる必要があるのか?という点です。

安倍首相はあの悪名高き戦後70年安倍首相談話であの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と言いつつなぜ、日韓合意などどいう河野談話以上の国賊声明を出して慰安婦問題を蒸し返してきたのか?

 

これぞ支離滅裂というものです。

 

日韓合意はアメリカの強い圧力で行われたという報道もあります。

事実アメリカの国務省のHPではこのような記載があります。

日本は戦時中、日本軍人性的目的の為、女性の輸送を行った。その被害にあった南朝鮮以外の国の自称従軍慰安婦だと名乗り出ている人達にも謝罪すべきである。

今回の日韓合意に対してアメリカが日本と大韓民国の関係を改善する事をサポートするため、日本に対して圧力をかけた。

とあります。

 

今まで日本政府は何を言われても沈黙を決め込み、韓国のゆすりたかり目的の嘘ねつ造話を嘘と諭さず、韓国が世界に嘘を撒き散らす暴走を止める行為もしなかった。

この事について日本政府の罪は重い。

私は日本国民としてこの反省を踏まえ、韓国政府に嘘を植え付けられ、騙され嘘の歴史を信じ続けている韓国国民、国際社会の方々に対し、まずここで反論させていただきます。

先に解答を言えば、慰安婦問題は朝鮮人による歴史の偽造、歴史捏造である。

慰安婦は、朝鮮人が朝鮮人に口先で騙され、朝鮮人に金で売られ朝鮮人に朝鮮人経営者の売春宿へ連れられ“売春婦”にされた。

これは元戦地売春婦の証言により明らかにされた。

これが歴史の真実である。

 

更に言えば日本と韓国が国交を回復した日韓基本条約は慰安婦問題や互いの財産権放棄等お互い解決した前提で両国が調印し現在に至る。

 

今現在、国交を開いている国同士がなぜ、ここまで敵対しているのか?

それは韓国が事実を偽造し、問題を捏造し、それを悪用し日本に対し強請りたかりの恫喝詐欺行為を長年続けているからに他ならない

 

今日に至るまで日本側から韓国に対し攻撃的な言動を行ったことが一度でもあったであろうか?

 

慰安婦問題を日本国内でキャンペーンを行い、韓国の詐欺行為を長年サポートしてきた朝日新聞すら20148月、誤報であったとして一部過ちを認めました。

 

何故安倍総理はこの程度の反論すらできないのか?

 

2012年の総選挙、当時野党であった自民党総裁として安倍首相は公約には挙げられませんでしたが所々で河野談話粉砕を威勢よく語っていました。

河野談話は戦後日本の歪んだ社会の遠因だという人がいます。

芋づる式に世界各国の日本軍による慰安婦強制連行非難決議が議会で決議されている根拠は河野談話によって日本が自ら従軍慰安婦強制連行という性犯罪を認めたととられられた結果です。

さて、安倍晋三が総理になってからはどうか。

粉砕どころか見直しすら撤回してしまいました。

 

河野談話を粉砕して名誉を回復し近隣国に強請りたかりで金をむしり取られる社会からの脱却に夢を抱いて自民党政権を望み投票した有権者から見たら、いくら選挙公約に書いていないとはいえ公約違反だ、騙されたと怒りが収まらないのはわかる話です。

 

それどころか、アメリカの言いなりになって民主党政権以上の日本民族の名誉破壊を行っている。

 

日本は建前上、独立した主権国家でありどの国からも内政干渉されるいわれはない!

安倍晋三は日本がアメリカの属国になったつもりなのか?

まさに国賊宰相と呼ぶにふさわしい。

 

2014年衆議院選挙公約集に書かれている

虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し、国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉・国益を回復するために行動します。

はいったいいつやるのか?

やるどころかその機会があっても逆になかったことに対し謝罪と反省を行ってきた。

このような国辱行為を行った総理大臣が他にいたでしょうか?

日韓両国に新たな「慰安婦」財団が設立したのは安倍晋三日本国総理大臣自身であると今ここに告発するものである。

 

日韓合意では慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認、今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控えるとありますが結果はどうか?

新たな「慰安婦」財団の目的は慰安婦問題を「終わらせるのではなく、記憶・継承」を目指すとしている。

日本が出した10億円が韓国反日政治団体の活動源となり、日本に対しいわれなき罪を着せる活動を行うというのである。

まさに殺人犯に凶器を渡し、殺してくださいという愚行そのものである。

 

安倍総理が国賊宰相、慰安婦問題の生みの親という侮辱評価を後世に残したくないのであれば我々は次の3点を要請する。

   数々の愚行で日本国および次の世代のために日本を守るため散っていった先人の名誉を守るため、過去の歪んだ特定周辺国に対する反省と謝罪を見直し撤回し、日本の名誉、国益を回復する為、いわれなき非難に対しては断固として反論し日本のありのままの事実、また過去の韓国の嘘に凝り固まった慰安婦問題の嘘の検証を国際社会に訴える声明を発表する事。

   慰安婦問題利権活動家の唯一の拠り所である【河野談話】を一日も検証の上、粉砕し、世界中にばらまかれた日本軍の性奴隷制度なる冤罪を粉砕する事。

   安倍晋三内閣総理大臣が過去の周辺国の強請りたかり目的の嘘捏造から日本国の名誉を守り日本国民を明るい未来へ導く事。

以上


文責:日本未来の会 代表 桑野繁樹

ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター