新憲法試案

【私が提案する新憲法試案】 第2章 国家安全保障

第2章 国家安全保障

(国際平和への渇望)
第7条 日本国民は、再び侵略戦争の惨禍で世界中の国民が傷つき死に絶えることのないことを強く渇望し、利益を奪い、人命を蹂躙する覇権主義を永遠に嫌悪する。

日本国民は、永遠の平和を念願し、平和を愛する諸国民と共に人類の平和と発展、公正と信義が生きる社会を育み、侵略と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に葬る。

日本国は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する為、全力を挙げる事をここに誓う。

(国防軍)
第8条 
1 我が国の平和と独立並びに国及び国民の生命、財産、安全を守るため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
また、国内の治安は警察組織である国土警備隊がこれにあたる。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
しかし、わが領土や国民の生命が危機にさらされる事態と判断したとき、最高指揮官である内閣総理大臣の責任で任務を遂行できる。
その責任は内閣がとるものとする。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。
この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

(国民・領土・資源防衛)
第9条 
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を死守しなければならない。
資源を盗掘してくるときは国軍を派遣して死守しなければならない。
上記の行為を行う国とは国交を絶たねばならない。

【私が提案する新憲法試案】 第1章 国 家

第1章 国 家

(天皇)
第1条 天皇は日本国の元首であり日本国及び日本国民の象徴であり、日本国主権者たる日本国民は自らに都合よく天皇陛下、皇室を利用する等、天皇の神聖な領域を侵してはならない。

(皇位の継承)
第2条 皇位は世襲のものであり皇室がその責任でご判断頂き結論を出すものとする。
皇室典範の改正も皇室から国会に要望を出したのち国会で議論結論を出すものとする

(国旗及び国歌)
第3条 ・国旗は日章旗、国歌は君が代とする
     ・日本国民は、国旗及び国歌を尊重しなければならない。
      この件で国旗、国歌を汚すものは法に基づき処置するものとする。

(天皇の権能)
第4条 天皇は憲法の定める行為を行い、国政に関する権能を有しない。
      しかし国会側から意見を求められた場合、また議会が紛糾した場合、発言することができる。

(天皇の国事行為)
第5条 国事行為
1 天皇は、国会の指名に基づいて内閣総理大臣を任命し、内閣の指名に基づいて最高裁判所の長である裁判官を任命する。

2 天皇は、国家安寧の為、次に掲げる国事に関する行為を行う。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二 国会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 衆議院議員の総選挙及び参議院議員の通常選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の国の公務員の任免を認証すること。
六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 全権委任状並びに大使及び公使の信任状並びに批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行うこと。

3  天皇は、国事行為を皇族以外の人物に、前2項の行為を委任することはできない

4 天皇の国事に関する全ての行為には、天皇と内閣で協議のうえ判断し、内閣がその責任を負う。
ただし、衆議院の解散については、内閣総理大臣の進言による。

5 第1項及び第2項に掲げるもののほか、天皇は、国又は地方自治体その他の公共団体が主催する
式典への出席その他の公的な行為を行う。

(皇室の財産譲渡等の制限)
第6条 皇室への財産の譲渡等の制限
 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が財産を譲り受ける、若しくは賜与するには、法律で定める場合を除き、国会の承認を経なければならない。

【私が提案する新憲法試案】 前文

日本未来の会ではただ、政党等、他組織が作成した憲法草案にケチをつけるだけでなく、浅学無知の愚か者ながら他を批判する者の責任として新憲法試案を公表してまいります。
私どもが新憲法試案を公表など、身の程知らずで僭越の極みでございますがご指導の程、よろしくお願い致します。
 


新憲法試案
前文


日本国民は神々による国生みにより海の恵みと美しい島々を賜り、建国以来、天皇陛下を戴くことで、「誠」の国としてその国柄を綿々と受け継いできた。

日本国の国體の精神はお互いに手を取り、助け合い、相手を思いやる人と人とのつながりにあり、外国の支配型縦社会とは大いに異なり、和を尊び、多様な思想や文化を受け入れつつ、独自の伝統と文化として育み、継承し、今日に至るまで多くの危機を一致団結し乗り越えてきた。

日本国は、国民が主権を持つ民主主義国家で、国政は国民の信託に基づき、国民の代表が担当し、その成果は国民が受ける。

日本国は、自由、民主、人権、平和、国際協調を国の基本として堅持し、国を愛する国民の努力によって国の独立を守る。

日本国民は、正義と秩序による国際平和を誠実に願い、いわれなき非難や不当な侵略による名誉の毀損や人権侵害に対しては厳しい態度で臨み、国際社会とも協力し、国民の生命、財産、安心安全な社会生活を守るために不断の努力を行う。

日本国民は、自由とともに公正で活力ある社会の発展と国民生活の充実を図り、教育の振興と文化の創造と地方自治の発展を重視する。

日本国民は、自然との共生を信条に、美しく豊かな地球環境を守るため力を尽くす。

日本国民は、大日本帝国憲法および日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し、現在の国民とその子孫が、世界の諸国民とともに、さらに正義と平和と繁栄の時代を内外につくることを願い、人類社会の模範的先駆者として日本国主権者たる日本国民の名においてこの憲法を制定する。

ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター