社会

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの崎陽軒シウマイ弁当報道一方的批判はちょっと待って!

参照記事:ダイヤモンド・プリンセスに積み込まれた崎陽軒のシウマイ弁当4000食はどこへ?
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6351183?fbclid=IwAR1Z7mhWKsMbJYcKAdgcCeDyLP83Dj2PZEwTkNMpzseNMLw-SrXkcwgdm_w

乗客が新型コロナウィルスに感染したため、神奈川県横浜市の大黒ふ頭に接岸しているダイヤモンド・プリンセス。
この乗客や働く人たちに崎陽軒(きようけん)が寄付したシウマイ弁当4,000食が、船に積み込まれたものの、乗客らに配られなかったことがわかった。


この一件でかわいそう、なぜ提供しなかったんだ!人の善意を踏みにじりやがって!とお怒りの方も多いと思いますが、善悪の判断は一方の情報や憶測でするのではなく、双方の立場、状況を精査したうえで行わねば誤った判断をしてしまうと思います。

関連の記事や上記の記事を読んでも疑問なのが、いったい崎陽軒サイドが、どのルートで?誰に?弁当を渡したのか?その詳細な情報が明確になっていないことは皆様お気づきだと思います。

情報の裏とりが困難ですので、その点を勘ぐることなくクルーズ側と崎陽軒側で受け渡しがあったという過程で書かせていただきます。

私自身、食事を提供する業務に携わっている立場として言わせていただくと、人から食べ物をもらいました、それを人に食べさせましたと簡単にできない責任もございます。

法律上、この場合、弁当を提供して、もし体調不良や食中毒等の問題が起こった時は崎陽軒側の責任になりますが、クルーズ側も俺関係ないよとは言えないでしょう。
自分たちが提供した以上は問題が起こらないように対処するのが飲食物を提供する人間の責任です。

人間は体力、抵抗力が高いと少し時間が経ったものを食べても体調不良にならないものですが、体力、抵抗力が弱っている人間が食べると体調不良や食中毒に負けてしまうことがあります。

先年、ユッケで命を落とした幼児の事件があり、殺人ユッケ事件と報道されたことがありましたが、一日2~300食も提供されて犠牲者の家族も同じものを食べて、幼児だけが犠牲になったのは体力や抵抗力が弱い為でした。

今、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスはコロナウイルスによる新型肺炎が蔓延していて当然体力や抵抗力が低下している状況で、料理済みで再加熱しないで提供する弁当を提供するという行為をためらうのは当然の行為だと思います。

仮に私がクルーズ船の関係者でしたら、再加熱しないで提供する弁当を渡されたら受け取りません。

仮に私が崎陽軒関係者でしたら蒸す前の状態のシュウマイのみを渡します。


その後加熱していただき、提供していただければこのような問題にはならなかったのではないかと残念でなりません。

被害にあった、かわいそうだ、何としても助けたい、協力したい。 その気持ちは日本古来からの美徳だと思います。

その気持ちが形として相手に届けられるためにアクションの方法を工夫していただきたいと切に願います。

今も病気や不安と戦っている船内の方の為にも・・・

新型肺炎日本国内流行防止策より外国人観光数に目をむく国会議員 いったいどの国の議員なんだ!

日本の国内に伝染病を大流行を巻き起こしてもいいから日本に中国からの入国者を入れろという国会議員

 

国会議員は主権者国民に代わり政治の仕事を行うために国民に税金で雇われた立場である。

 

国会議員は日本国民の生命、財産、安心安全な生活を守る義務があるは私は認識します。

 

この議員はいったいどの国の議員なんだ!

 

こういう政治家としての判断基準を狂う立ち位置になるから外国人献金は絶対に許してはいけないのである

https://twitter.com/mikioshimoji/status/1221204580525981696

96



福岡市一家4人殺害事件犯人刑執行にフランスが内政干渉。フランスは日本の政治に口出しするな! 

参照記事:確定死刑囚1人の刑執行 福岡一家殺害の中国人

https://www.sankei.com/affairs/news/191226/afr1912260003-n1.html

法務省は26日、平成15年の福岡市一家4人殺害事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた中国人の元専門学校生、魏巍(ウェイウェイ)死刑囚(40)=福岡拘置所=の刑を同日午前に執行したと発表した。

 

この事件の惨劇。
入浴中の奥さんを強姦し
11歳の長男の首を折り殺害。

暇つぶしに奥さんをゲームのように生きたまま刃物で肉を切り取り拷問、カードの暗証番号を聞き出し撲殺。
帰宅した夫と8歳の娘を襲い、娘の命乞いをする夫を嘲笑し鉄パイプで2人を撲殺。

参照記事:https://tvlogs.net/fukuoka-murder-death-penalty-00070/

我が日本国民を虫けらのように苦しめながら殺害し、私たちの安全な社会生活を脅かしたこのような殺人鬼を16年も日本国民の財産である税金で養ったこと自体、法治国家として異常であると認識します。

いったい何のための法律なのか?

何のために国家運営があるのか?

関係部署、政権関係者は今一度考えて頂きたい。

しかし、この当然すぎる裁きに内政干渉してきたのがフランスである。

 4523

 

自分の家族が同じように虐殺されてもこの声明を出している人間は同じ事を言うのだろうか?

死刑はイカンがこの殺人鬼の行為は許すのか?

命を奪うことが怪しからんと言うのであればまずフランスが多数の命を奪う軍隊を解体してから物を言え

人の命を奪うことに変わりはないはずである。

日本はフランスの属国ではない。

きれいごとを言い、犯罪者を保護し、自分の正義に酔い、悦に入るのは勝手ですが、それを日本に押し付け、犯罪を誘発し日本国内の治安を乱すことは日本に住む一国民として許せません。

無礼国家のフランスは日本のやり方に口出しするな!

第1回こども宅食サミットに参加しました。

六本木グランドタワーで行われました1回こども宅食サミットに参加しました。

 EHhqahLUwAA_LxA

「こども宅食」は、東京都文京区ではじまった、 生活の厳しい子どもの家に、 定期的に食品を届ける官民協働の新しい取り組みです。

 

食品のお届けをきっかけにつながりをつくり、 見守りながら食品以外の様々な支援につないでいきます。

この「こども宅食」を、文京区から、日本中に広げていく為に一般社団法人こども宅食応援団が設立されました。(サイトより抜粋)

 

パネルディスカッション 『データで進む福祉・変わる福祉』 特定非営利活動法人OVA 土田氏

 EHidlPuU0AEQyYY
EHidlPtUUAAUjL5
 

クロージング・セッション「食のアウトリーチ支援をどのように制度にしていくべきか」

EHizl6jU4AQfvuI

元厚⽣労働副⼤⾂・参議院議員 ⼭本⾹苗

⾃⺠党待機児童問題等対策特命チーム座⻑・衆議院議員 ⽊村弥⽣

衆議院議員 初鹿明博

成澤廣修 文京区長

 EHizl6jU4AAr-xG
74336508_226622051643192_8533395015450230784_o

こども宅食応援団 公式webサイト
https://hiromare-takushoku.jp/

台風19号お気を付けください

ご参考にしていただければ幸いです。
DmXCW4tU4AApX_S
71787010_1646694982131974_1762849419469783040_n


多くの方が知っていただくことで多くの救える命があります。
こちらもご参考にしていただければ幸いです。412


#台風19号 #災害対策 #救急措置 #AED


桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: