皇室

赤松広隆衆議院副議長の皇室神事侮辱発言を質す街宣行動

赤松広隆衆議院副議長の皇室神事侮辱発言を質す街宣行動
日時:平成30年1月11日(木曜日)
場所:衆議院第二議員会館前
主催:日本未来の会


【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=UMubhpIwf5U

赤松広隆衆議院副議長は皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと皇室侮蔑発言を行いました。

参照記事:皇室会議で赤松広隆衆院副議長「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」など発言 不適格者は相当にいそうだ 
http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html
▼その昭和天皇も現天皇陛下も、国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、「元日は早朝から重要行事が続く」との宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。
▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。産経新聞の取材では、常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」「年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。

平時の時はやたらと尊王だ、皇室だ、不敬だ、大御心がと、いきり立っているネトウヨ保守の人間はこの事については一切触れずスルーなのか?
日頃のネット世界だけでの威勢のよさはどこへ行った?

この事についてfacebook友達である梶浦直樹さんが北海道から単独で立憲民主党赤松広隆衆院副議長に対し糾弾活動を展開しています。
梶浦さんのブログより
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_21.html
立憲民主党の赤松が「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと発言した。とんでもない皇室軽視発言だ。こんな奴が皇室会議とは笑わせる。元々衆参両院の議長、副議長が自動的に皇室会議の議員になるということらしいがもう少し見識のある人物だけでやるべきではないか。こんな国家観もなく反日的な人間は仕組みを変えて排除するべきだ。
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_23.html
ついこの前、赤松の皇室軽視発言についてブログに書いた。しかし、インターネットでグチグチ書いていても仕方がない。それこそ言われるところの◯◯ウヨと大して変わらない。思い立ったら吉日ではないが、国会の赤松事務所に電話を入れる。当然本人はいない。出たのは事務所の女性だった。まず此方の素性を明かさなければただのクレーマーになってしまうので「札幌の梶浦と申します」と名を告げる。そして本題に入る。この赤松の発言でどれほどの電話があったのかは知る由もない。
事務所の対応は、「そのような趣旨ではありません」「そのような発言はしておりません」「そのような意図は御座いません」の一点張りであった。言っておきますが、私は一切怒鳴ってはおりませんよ。常に低姿勢に、静かにお話をしましたからね。電話のやり取りをここで書くわけにはいきませんが、私の方からは、何も感じない国民もいるのかもしれませんが、こういった発言をとても不快に思う国民もいるということを忘れないでくださいということと、発言をしていないのなら直ぐに公の場で発言を撤回し、何らかの対応をして下さいということです。でなければ何度でも抗議をしますよと伝えました。
(引用以上)

そういう意図、そういう趣旨ではないのであれば、どういう趣旨だったのか電話した梶浦さんに説明すればいいだけの事ですがそれもしない。
国会では内閣に説明責任をと追及している政党の最高顧問だった人間の態度ではないですね。

さらに赤松衆院副議長は衆議院のHPでこのようなあいさつ文を掲載しています
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/message-fuku.htm

主権者である国民の皆さまからの様々な声にしっかりと耳を傾け、立憲主義、民主主義に則った議会運営に努めるとともに、「開かれた」国会を目指して取り組んでまいる所存です。

しかし実際の赤松事務所の対応はこんな感じです。

http://77997209.at.webry.info/201712/article_26.html

事務所の対応が酷いものだった。受話器を取り、そのまま放置である。電話の向こうでは来訪者なのか話し声が聞こえる。散々待ち、やっと電話に出る。

 

「何も話すことは御座いません。何度お電話いただいても皇室会議のことはお話が出来ません」の一点張りである。何も私は皇室会議の内容を話してくださいと言っているのではない。

「何も立憲民主党だからといって私は言っているのではありませんよ。自民党だろうとなんだろうとこう言った発言は控えるべきなんです」と言うと、女性は「いえ、無所属です」との返答。

「無所属だろうとこのような発言はするべきではありません」と言っても「ですからこの件に関しましては一切お答え出来ません」とまた同じセリフである。

発言をしていないというのならばそれはそれでよい。ならば何故発言の撤回及びマスコミへの対応をしないのか。私が言っているのはそこの部分で何も難しいことではない。

民間企業でこのような電話応対でしたら大炎上ですよ。
そのようなことはないのでしょうが、国会議員事務所スタッフ全体の対応モラルはこの程度なのか?と勘ぐりたくなってしまいます。

「いえ、無所属です」と言っていますがそれは議会システム上の話であって、任期が終われば立憲民主党所属になるわけですし、その前に先の衆議院議員選挙では立憲民主党の公認で選挙を戦っている
そのくせに国民からの問いにこのような詭弁を言うのは
有権者への冒涜、詐欺行為ではないのでしょうか?


先の東日本大震災でも天皇陛下は「東北へは私が行きます」とご自身の体調よりも被災された国民を心配され現地に向かわれました。

その時の政権与党はどこだ?民主党ではないか!

皇室に対し侮蔑発言をする赤松副議長は震災時どれだけの活躍をしたのか?

国民に説明しろ!

赤松

赤松広隆は心ある国民の質問に対し説明責任から逃げるな!

赤松広隆は皇室の神事に対する侮蔑発言を撤回せよ!

赤松広隆は皇室に対し侮蔑発言を謝罪せよ!


埼玉県民の恥 国賊豊田真由子議員を駆逐せよ、自民党!

現在、政界の話題をさらっているのが総理大臣でもなく、野党党首でもなく、2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子議員
彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていたと報道されました。

参照記事:週刊新潮「安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発」
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06211700/?all=1

豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。
殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

 男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。
言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。
そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。
秘書男性は、警察に被害届を出すという。

取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。


まず、事実を認め、金銭での解決を目指している、って言っていますが、その金は国民の税金もしくは支援者の献金ですよね?

こんな行為での不始末に金を使われる事に資金援助した人間は納得するのでしょうか?

それ以前に自分の地区の代弁者たる彼女の言動を彼女を代弁者に任命した埼玉の志木、新座、朝霞市の市民は容認しているのか?黙っているのか?
日本全体から地域居住者全体の有権者としての資質、道徳心が問われている事に志木、新座、朝霞市の市民は気付いているのか?

まあ私的には黒歴史になるのですが、私が埼玉県朝霞市に住んでいた時に当時野党の自民党候補者として落下傘でやってきたのが今注目を集めている豊田真由子議員です。

本人がどういう人物か?、周辺関係者の質と合わせて見定めてみようとして「ボランティアしますよ」と事務所に連絡し事務所に赴いたのでいろいろ知っていますが、ポスターと現物の顔が全然違うのはいいとして(笑)、当時事務所を開いたときから周辺と衝突を起こしたり、ポスター掲示板の材質が気に入らないから変えろだのと言い周囲を困惑させていたのは知る人も多い。
こりゃ~だめだ・・・とその日で連絡を絶ち、関わらないようにしたのでありました。
まあ、政治家も清廉君子ではないですし、このくらいでしたらよくある話で笑い話ですむのですが、私がいい歳して激高したのが、この園遊会での山本太郎以上の不敬を通り越した傍若無人な暴挙です。

自民党の豊田真由子議員が園遊会の招待者でない母親と入場 「なぜ入れない?入れなさい!」と大声で恫喝
http://s.webry.info/…/50064686.at.web…/201404/article_4.html
2014年4月17日の園遊会において、ルールを無視して招待者以外を同伴して入場したため、宮内庁が衆議院に対しルールの周知徹底を要請する事態に発展した。
2014年春の園遊会には、衆議院議員である豊田と、その夫が招待されていた。ところが園遊会当日、豊田は母親を伴って、赤坂御苑の国会議員用の受付場所に出向いた。
その際に、豊田は同伴者について「事前に夫から母親に変更する旨を連絡した」と説明したが、困惑した受付の担当者が「いつ、どこの誰に連絡したのか」と尋ねると、言葉を濁し具体的な説明はしなかった。宮内庁の職員が招待者以外は入場できないと説明したところ、豊田は「なぜ入れない!」「入れなさい」などと大声で恫喝した。
さらに、宮内庁職員が手に持っていた配偶者用のネームプレートを奪い取ると、それを自ら母親の胸に付け、勝手に会場に侵入してしまった。宮内庁の職員はなおも食い下がり、母親は入場できないと再三にわたり説明し理解を求めたところ、今度は母親のことを「私の配偶者だ」などと主張し始め、無理やり突破してしまった。
園遊会はおめでたい場であり、騒ぎを避けるべきだとの判断から、職員らは豊田の侵入を食い止めることができなかった。しかし、宮内庁においては「あってはならないこと」との声が強まり、衆議院に対しルールの周知徹底を要請する事態となった。
さらに、宮内庁によれば、同伴者の変更についての事前連絡があったとの事実は確認されていないとしている。マスコミの取材に対し、豊田は「わたくしの誤解により、関係の皆様にご迷惑をおかけいたしました。以後、厳に気をつけます」と回答している。
園遊会の招待者は、原則として本人と配偶者のみに限られており、園遊会の前身となった観桜会や観菊会以来の伝統とされている。特例で娘を招待する場合がある外交使節団や、身体が不自由な招待者を介助する付添者以外は、例外は認められていない。園遊会の案内状にも、招待者以外は会場に入れないと明記されている。
宮内庁職員だった山下晋司によれば、過去にも招待者以外を同伴し入場させるよう談判を試みた者がいたが、いずれも全て断られていたという。親、祖父母、子であっても原則的に同伴はできず、代理も認められないことから、山下は「事前連絡で了解を得るなんて、そもそも認められるはずもなく、(誤解というのは)ウソではないのか」と指摘している。
また、山下は、宮内庁職員が招待者の身柄を取り押さえるようなことはできないとしたうえで、「宮中行事に際してルールを守らない人がいるということ自体、そもそも想定していない」と述べるなど、対応の難しさを説明している。

日本の伝統、皇室、国家を守るという保守政党を掲げる自民党の所属議員が皇室、天皇陛下を軽視し、園遊会のルールを破り、傍若無人にふるまう
ブラックジョークここに極まりとしか思えないです。
自民党関係者及び、ネトウヨ保守陣営は山本太郎の一件では散々舌鋒鋭く批判していましたが豊田真由子のこの振る舞いは目をつぶるのか?

この件で自民党埼玉県連は一切の処分を下していないのは、この豊田真由子の皇室、天皇陛下に対する不敬行為に同調しているのか?
この件に関してぜひ自民党埼玉県連の本意を伺いたいものです。

と言うより、豊田真由子議員及び自民党埼玉県連はほとぼりが冷めるまで大人しくしていればいいや、とたかをくくっているかもしれませんが、私はこの問題は党の対応いかんによっては自民党埼玉県連にお伺いいたしますので 自民党埼玉県連会長サン、その時はよろしく〜
優しく対応してね、新藤義孝県連会長サン♪


DC5VeEHU0AIVfuX
今話題の人である埼玉4区自民党豊田真由子衆議院議員

別に政治家にルックスは重要ではないですが、このポスター写真と現物の違いは韓国デリヘル嬢などはるかに凌駕する。
フォトマジックなんてレベルじゃないでしょう?

でもこんな問題がなければ多数の人間からこのようなことも言われないで女性として恥をかかずに済んだだろうに・・・
まさに身から出た錆・・・
容姿の醜い私は気を付けましょう(笑)



皇太子殿下に対する非難と秋篠宮殿下に対する敬愛心

あまりこの話はしたくないと思っていましたが最近あまりにもひどいんじゃありませんか?と思い、投稿します。
(私は特別尊王心ある人間ではないので尊皇心溢れる方から見ると不快な表現が多々あると思います。そのような方は今回の文章は読まずスルーして頂ければと思います。)

もともと、最近のネトウヨ保守の連中は秋篠宮殿下を敬愛する気持ちが強いようです。
それは大変結構なことと思います。
しかしその反動なのか?制御不能の負のエネルギーがあろうことか皇太子殿下、皇太子妃殿下への非難中傷に姿を変えぶつけられるシーンをかなり以前から多々見受けられました。

保守陣営ではかなり支持されている金美齢女史などもかなり言っていたと記憶しています。

チャンネル桜などは皇位継承をテーマに討論していたとうら覚えながら記憶していますがそれを見て、
いつあんたらは皇位継承に対し口出す立場になったのか?
いつ、そこまで偉くなったんだ?
と不快になったものです。

私は上記のように尊皇心溢れる人間とは言えないので
【不敬だ!許せん!】の一言は言いません。
ただこのような歪んだ敬愛心を持つ方にはひとつ問いたいです。
・秋篠宮殿下を敬愛するのはどこに魅かれているのでしょうか?
・皇太子殿下を非難するのはどの部分がいけないのですか?
 もしくは秋篠宮殿下にあって皇太子殿下にもっと溢れてほしい部分はあるのですか?
・敬愛するのと非難するその根拠はなんですか?
皇太子殿下非難している人にここを明確に言えるひとはいるのでしょうか?
ここを明確にできないくせに皇太子殿下の御心を苦しめる行為は大変よろしくないのではないでしょうか?
(しかも日頃から自分自身で愛国、尊皇、保守、日本の伝統守れと言っている人たちが、ですよ?)
たしかに日本には思想の自由、主義主張の自由、表現の自由があります。

しかし理由なく非難し御心を苦しめる暴走の自由はありません。
私は皇室だからというだけで言っているのでもありません。

最近(昔からかな?)なんかネトウヨ保守という人の動き、狂っていませんか?

事例に対して批判するというのではなく、この対象を攻撃してやれと決めてから攻撃材料を捜し、攻撃の為の理由を定め、批判の為の批判をする。

そこに
皇室の繁栄を願う。
日本を守りたい。
日本の伝統文化を守りたい。
豊かな社会生活を次世代に引き継ぎたい。

という想いは感じられません。

せっかく持っている秋篠宮殿下へ対する敬愛心。
どうか歪んだ道に気づき、過ちを正していただきたいものです。

もうこれ以上、皇太子殿下の御心を傷つける行為は控えて頂きたいです。
皇太子殿下はそのような仕打ちを受ける行為、何もされたこと無いではありませんか・・・

2016y06m11d_014520755.jpg

竹田恒泰氏のブログと新嘗祭

気になった記事を見つけましたので感想を述べさせていただきたいと思います。

私は新嘗祭を否定する気持ちは一切ございません。
今まで長い間、多くの方々によって受け継ぎ続けられてきた伝統行事は愛国心などを抜きにしても敬わずにはいられない魂や神様が宿っていると私は思っています。
今のような化学や天候予測、バイオテクノロジーの未開の世界でここまで農作物を育て農業、そして治水、河川開発を発達、開発された先人に対して感謝の心を捧げる思いです。
そのような世界であったからからこそ豊穣に対する感謝と祝いの想いが新嘗祭に込められたとも思われます

しかし下記の記事には違和感を覚えます。
ここに出てくる店員とのやりとり、これに今まで多くの先人の方々の想いが継がれてきた新嘗祭の精神、伝統とどうつながるのでしょう?
世間には新嘗祭について理解がある方ばかりではございません。
竹田さんはそんな多くの方々を片っ端から捕まえて怒鳴りつけるのでしょうか?
もしそのようなことをすればされた方からしてみれば、それこそ価値観や思想の押し付けで日本の伝統文化に対する嫌悪感を植え付けるだけではないでしょうか?
結果、多くの先人の方々の想いが継がれてきた新嘗祭の精神、伝統が途絶えてしまうと私は危惧してしまいます。

さらに最後に(面白くするために脚色してあります。悪しからずご了承下さい)とあり、店員に「天皇陛下万歳!」と叫ばせます。
これに何の意味があるのでしょう?
意味わからず怒鳴られた後で叫んだ「天皇陛下万歳!」に当人の真心が籠りますでしょうか?
このような行為を果たして天皇陛下がお望みになるのかどうか?
慈愛あふれる陛下の御心を悲しませるだけのように思います。(私ごときが陛下の御心を推測すること自体不敬で恐縮ですが)

日ごろから皇室を論じ、国家を論ずる竹田さんほどの方がもし、笑いのネタで新嘗祭や天皇陛下を引き合いに出したのであればとても悲しく思います。

皆様はどうお思いでしょうか?

以下竹田恒泰氏のブログから引用
http://ameblo.jp/takeda-tsuneyasu/entry-11934250252.html
この時期、僕は、そわそわします。
新米を口にしないように気をつけているからです。
飲食店に入って、こんな会話になったりします。

僕「お米は新米ですか」

店員「はい、もう新米を使っております」

ピキッ(僕の血管が切れる音)

僕「天皇陛下が新米を控えていらっしゃるのに、俺が新米を食えるかぁ~! バッカも~ん!!」

店員「……」(わなわな)

僕「店のオーナーに、日本人なら、新嘗祭が済むまで、新米は出すんじゃないと伝えておくように」

店員「にっ、にいなめ??」

ピキッ(2本目の血管が切れる音)

僕「キサ~ン! 日本人じゃないんか! 日本人ならそのくらいのこと知っておけ~!」

店員「はっ、はいっ。。。」

僕「いいか、天皇陛下は、毎年11月23日に神々に新米を差し上げる新嘗祭という祭祀をなさるんだ。それまで陛下は新米を口になさるのを控えていらっしゃる。それまで新米を口にしないというのが、日本人の美徳なんだぁ!! わかったか!」

店員「天皇陛下万歳!」
(面白くするために脚色してあります。悪しからずご了承下さい)
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター