政治

目的は国民生活を破壊?野党四党の目的はコロナ自粛要請による現金補償に対し徹底抗戦し遅らせることか?

夜盗、いや野盗、いや反日野党四党は、コロナ感染、自粛要請による国民生活崩壊に対する現金補償に対して徹底抗戦し遅らせることに全力を尽くすらしい。

 

普通に考えれば、一日も早く支給するための審議短縮じゃないの?


それを「全くのめない。強行してくるなら、徹底的に戦う」って。

いったい、何と戦うんだ?

いま国民生活が破壊され、歯を食いしばって苦しみながら頑張っている国民を一網打尽にして滅ぼすために戦うのか?


そんなに国民に対する補償を妨害したいのか!

 

日頃言っている事とやっていることが逆だろ!

「自粛要請と補償はセットだろ」のキャッチコピーが泣いているぞ!

 

心の中では
「日本人の国民生活を破壊しろ!」が本音なのか?

 

国民の苦悩と分かち合おうと議員報酬を返納しようという動きも反日野党からは全くないし・・・

 

政治家は主権者である国民に雇われた期限付きの契約社員にすぎず、雇ってもらっている恩義に報いるために、国民の生命、財産、安心安全な毎日の生活を守るために死力を尽くす義務があることを忘れないでいただきたい。

とても国民の生活を守るために死力を尽くしてるようには見えないんですよね~

EQ956crUYAUFvyG
コロナ審議から放棄逃亡する野盗、じゃなかった野党

給料をもらっている以上は支払い主である国民生活を守る為に仕事をする。

一般社会では当たり前の事すらできない人間が、まったく懐が痛まず、人の妨害をして悠々自適な生活を過ごし、日頃必死で頑張っている国民が現在自粛要請の為に収入を失い生活が破壊されている。

参照記事:野党、補正予算の審議短縮を拒否  安住氏「強行なら徹底抗戦」

https://this.kiji.is/622978977807991905

立憲民主党など野党4党の国対委員長は15日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対策に関する2020年度補正予算案を巡り、与党が提案した審議時間の短縮には応じられないとの認識で一致した。

立民の安住淳国対委員長は記者団に「全くのめない。強行してくるなら、徹底的に戦う」と強調した。

与党は衆参両院の予算委員会で2日ずつ見込んでいた審議日数を圧縮し、各1日とするよう野党に提案した。

安住氏は、収入が減った1世帯当たり30万円の現金給付や布マスク配布などに触れ「出来の悪い予算だから審議させたくないのか」と皮肉った。

田原市議会 みんなの党 岡本重明議員『議員は市民と痛み分かち合うべき』の観点から50%議員報酬削減案提出

国民の痛みに寄り添った活動に対しては報道しない権利?を発動し取材、報道しないマスコミ。

 

この一件が国民に知らされて一番困るのはいったい誰なんでしょうね?

 

田原市議会 みんなの党 岡本重明議員facebook投稿より引用

https://www.facebook.com/shigeaki.okamoto.1/posts/2736818616373340

個人会派

3名で田原市議長に提案書出させていただきました
EWBWhusUcAQrSEA

議員は市民と痛み分かち合うべきとの観点から50%議員報酬削減案出させていただきました

全国の議員に啓発したく思い新聞社に声かけましたが取材拒否でした

拡散して地域の議員さん達に啓発お願いします
EWBWhutVAAAIMhh
EWBWhuvUwAAPjgK

国民がコロナ感染で苦しむ中、立憲民主党 石川大我議員 夜中に警察官と大喧嘩!これが【まっとうな政治】のかたちなのでしょうか? 

おそらくだけどご近所に住んでいるだろう地元議員なんですよね。

比例なんで投票責任は立憲民主党支持者になるのでいいのですが

(よくないか・・・)

選挙区当選だったら我々地域住民が他地域日本国民の方々から嘲笑われて大恥をかくところでした。

ホント勘弁してよ~と思います。

 

政治活動家にとって、警察に突っかかるのは反撃されずに一番安全で俺は反体制だ!国家権力と戦ってますアピールできる絶好の相手だからその癖が出たんじゃないかな?

 

ただ、この時期に議員がこの立ち回りは感心しないですね・・・

 

政治家の役割は国民の生命、財産、安心安全な生活を守るこれにつきます。

政治家の行動、言論はすべてこれに沿ったものでなくてはいけないと認識しています。

いったい今回の御乱行がこのどこに結びつくのか?

 

当選している以上、彼の背中には多くの有権者を背負っているわけでその行動=有権者の意志と見られた時、今回の行動が適切だったのかどうか?自省すべきですね。

(善悪で見ると庇う余地なしですが)

 

先日の高井議員の風俗通いが問題になってますが、正直辞職せよとまではいわない。

言いたいのは正しく国家国民の利益に為に働けとだけ。

 

しかし今回の一件は、警察を無用に挑発をして喧嘩をふっかけ、110番をして忙しい警官を集めさせて治安維持を妨げ、最後は俺は国会議員だと喚き散らす。

これってイタズラ通報、公務執行妨害だろ?

そう見ると石川議員のほうが悪質だと思いますよ。

立憲民主党に問いたい

 

これが御党が掲げる

【まっとうな政治】のかたちなのでしょうか?

お得意の【説明責任】を期待します。

 

 

参照記事:コロナ禍に国会議員が警察官と大ゲンカ!新宿2丁目で「警察手帳を撮らせろ」

https://asagei.biz/excerpt/14955

「絶対に許さない!」

 3月20日の深夜、新宿2丁目の路上で複数の警察官に向かって、啖呵を切る男の姿があった。
その人物は立憲民主党の石川大我参院議員(45)だというではないか。

(中略)

「午前2時頃だったでしょうか。石川さんはたまたま通りかかったパトカーをにらみつけながら、いきなり動画で撮影し始めたんです。それに気づいた警察官がパトカーの窓を開けて、『何をしているんですか?』と声をかけたものの、石川さんはそれを無視して、ずっと警察官にカメラを向けていました」

そこから路上で警察官との「応酬」がスタート。

警察官が撮影をやめるように注意すると
…。

「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」

「警察に肖像権はない」

 などとヒートアップ。

さらに、別の目撃者
Bさんもこう証言する。

「警察官に『名前を言え! 警察手帳を撮らせろ』と大声でわめくと、それから何を思ったのか、石川さんは自分でその場から110番通報をしたみたいで別の警察官もやってきて、ますますものものしい雰囲気に。

警察から何度も名前を尋ねられた石川さんは最初は拒んでいたものの、最後は『オレは国会議員だぞ! ビビっただろう』との“決めゼリフ”まで…。

酒に酔っていたんでしょうが、何をしたかったんですかね‥‥」

公衆の面前で、国会議員の「大ゲンカ」は約1時間ほど続き、最後は警察官になだめられて、その場を後にしたのだった——。

深夜に「大立ち回り」を演じた石川氏は何が原因で揉めていたのか。

石川氏の事務所に問い合わせると・・・

(引用以上)

続きは参照サイトで https://asagei.biz/excerpt/14955

立憲民主党 高井崇志議員、緊急事態宣言下で超濃厚接触プレイ 人を糾弾するならまず自分に対し厳しく律するのが先では?

今までたとえ思想信条の違う政党であっても議員のプライベートに関しては笑い話のネタにはしても叩く材料にはしないというのが私の信条ですので

参照記事
山尾志桜里衆院議員不倫疑惑報道を見ての考察
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/18476842.html

 

政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感

http://kuwano-channel.blog.jp/archives/18384758.html

 

別に個人的には議員でもそういう場所で楽しんでもらってもいいと思うんですけど、いま現在は、国民が自粛強要で仕事を奪われ、収入を奪われ、社会生活を奪われながら必死で頑張っているとき、同じ環境に身を置き、苦しみを分かち合って初めて国民生活の苦労を感じ取って国民の苦労、声を政界に届けることのできる代弁者になれるんじゃないの?と思います。

・・・立憲議員に言っても無駄か?

 

しかし、日頃は総理や自民党議員が会食したぐらいで目を吊り上げ、舌鋒鋭く批判しておいて、自分はこの時期に超が付くほど濃厚接触プレイじゃあねぇ・・・

 

 

人を監視し、チェックし、批判するのであれば人に対して以上に自分に対し厳しく律するのが大事なことだと思いますよ。

 

それが出来なければいくら立派なこと言っても言葉に力がこもらないと思います。

 

日頃、与党議員の小さな過失に対して「説明責任を!」と目くじら立てて怒り狂っている野党がどう身を正し、落とし前をつけるのか楽しみです。

 

参照記事:コロナ緊急事態下で立憲・高井議員が「風俗店」通い 本人認める

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04141700/?all=1

安倍首相が緊急事態宣言をした2日後の4月9日夜、立憲民主党・高井崇志代議士(50)の姿は東京・歌舞伎町にあった。
北海道出身の高井氏は東大経済学部を卒業して郵政省(現在の総務省)に入省。
国会議員秘書から国政に転じ、現在3期目だ。

ちなみに既婚者である。

高井氏と言えば、クルーズ船で感染が増えていた2月12日以降、平日夜の11日間のうち、首相が知人や企業経営者、与党議員らと9日間会食していたことを指摘して、「民間企業は飲み会を自粛している。

首相の危機感のなさが国民を不安にしている」と批判したこともあった。

 9日、スーツ姿で書類がたくさん詰まったカバンを持った高井氏が向かったのは、あるセクキャバ店だった。

隣で女の子が接客するのは一瞬。

上に乗ってくれたり、色んなところを触ってくれたり触られたりする……超がつく濃厚接触の店である。

引用以上。続きは上記サイトへ
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04141700/?all=1

野党は政策論議を切磋琢磨してより高い政治サービスを国民に提供する本来の議員の役割に立ち返れ

参照記事:【政治デスクノート】税金1日4億円以上 実りなき国会の体たらく

https://www.sankei.com/smp/politics/news/191215/plt1912150001-s1.html?fbclid=IwAR12um83u4wfP7eOP0_zSsG0M1KZmRi4n8qEcuTHLOiMX1qvu7iqiTbSjm0

 

最近の政治は週刊誌のスキャンダルと同化しています。

それはそれで面白おかしく見ることはできますが、それが国民から任命され税金で雇われた議員が国民に対して果たす本来の務めなのでしょうか?

そもそも政治の本質とは何でしょうか?

 

政治とは有権者国民の負託を受け、国民の生命、財産、毎日の安心安全な生活を守る為に社会問題を訴え、政策論議をしてその政策を実現するのが責務だと私は認識します。

 

権力者が間違った道を進むならその過ちを命をかけて糾し、正しい政治を行い国民を守る。


そのための政権批判であるべきです。

 

しかし今は自分の評価を得るために政権を足を引っ張り妨害し国民の利益を奪いながらも評価を落とし自分を評価してもらおうとしている連中があまりにも多すぎます。

 

参照記事:野党合同「桜を見る会追及街宣」が大失敗に終わる!集まったのはマスコミが大半、田村智子のビラ配りは冷たくスルー

https://ksl-live.com/blog28196?fbclid=IwAR3zYRq1g7iQkuk-qlLOxW5FLJJPYR1NZrAlfvFfeIN3peo3QuLqLNZbQdk

 

当然の結果
野党はスキャンダルで政権の足を引っ張るのではなく、政策論議を切磋琢磨してより高い政治サービスを国民に提供する本来の議員の役割に立ち返るべきです。

そこを怠っている野党が国民に評価されないのは当たり前なのにそこを理解せず、こんな事で支持を得られると本来の議員としての仕事と国民をナメてかかっていると思う。

いい加減国民を馬鹿にするのはやめていただきたい❗️

参照記事:首相主催の「桜を見る会」問題 オイオイ、民主党政権でも同じことやっているじゃん(笑)

http://kuwano-channel.blog.jp/archives/30770539.html

参照記事:立憲議員、政治活動費で高級うどん?日頃から『説明責任を果たせ!』と追及するなら自分の疑惑の説明責任を果たすべき!

http://kuwano-channel.blog.jp/archives/30740888.html

 

よく【ブーメランと揶揄されますが、疑惑の追及自体は大いに結構ですが、人を非難するならそれ以上に自分の行いに対して人以上に厳しく当たるのが筋ですが、過去の自分の行いを指摘されると逆上し、言い訳し、不問にしながら、人の行いには舌鋒鋭く糾弾する姿はまさに滑稽でまったく説得力がありません。

いま国民が野党議員の行動に支持賛同しない理由はここにあるのではと思います。

 

スキャンダルを利用しての政権批判で自分の利を得ようとしている反日野党の尻馬に乗ってスキャンダル叩きをして満足している輩もよく視界に入ります。

 

いったい何のために政治主張しているのか疑問に思います。

重要なのは誤った政治を糾して国民の生命、財産、安心な生活を守る事であって、理由はなんでもいいからとにかく政権を倒して自分が権力を得る事ではありません。

与党と野党はいわば車の両輪のようなもの。
野党議員がスキャンダルに執着して業務を見失うことなく、本来の野党議員として職務を全うして与党を糾し、国家の国民の生命、利益を守る事を切に願います。


桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: