政治

足立議員の言動について

この足立議員、以前の私に負けず劣らずの暴言王じゃん笑
言い過ぎやりすぎ多いけどこの人の国会内の暴言はその中にユーモアがあって聞いている人間を和ませるところがあって暴言という自分と共通するとこもあって何か嫌いになれない笑

私は最近、暴言・批判・糾弾を抑えおとなしく?していましたが、解禁してもいいかなと思っています。
これに文句、不満がある人間は離れて去って敵側になっていただいて結構。
そんな人間はこちらからいらない・・・

こそこそ裏でチェックして、いちいち細かく抑制されるのはっきり言ってウザいんだよね~
と足立議員ももしかしたら思っていたりしてね♪
と考えるとなかなか興味深い最近のこの一件の動きです。



大谷昭宏 「国会議員ごときが国家最大の言論機関・朝日新聞様に『死ね』とは浅はか過ぎる」
http://kaigaihannou-ch.com/?p=16036
足立議員、ツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿
日本維新の会の足立康史衆院議員(52)が学校法人「加計学園」を巡る朝日新聞の社説を巡り、自身のツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿していたことが分かった。足立氏は異議申し立ての趣旨だったと釈明したが、発言を疑問視する声も上がっている。

足立氏は毎日新聞の取材に「朝日新聞の加計学園問題に対する扱い方への異議申し立てを、考え得る最も厳しい言葉で非難した」と述べた。流行語にもなった「保育園落ちた日本死ね」を念頭に「『死ね』という言葉は私自身は許容されると思っていないが、今の国会と日本社会は是としているようなので使った」と説明した。

ジャーナリストの大谷昭宏さんは「保育園に落ちた一人のお母さんのつらい立場の発言をまねしたのだろうが、根本的に違う。言論の府の国会議員が民主国家の最大の柱である言論機関に『死ね』と言うのは、浅はかに尽きる」と批判した。


「朝日新聞、死ね。」の足立康史議員が「何度でも言う。朝日新聞は”万死に値する”と」「偏向報道、ねつ造報道が度を越している」
http://kaigaihannou-ch.com/?p=16134
足立「まだ言うか、と言われそうだが、何度でも言う。朝日新聞は“万死に値する”と。だいたい加計学園の問題について、朝日新聞のねつ造報道はあまりに酷い。取材に来た朝日新聞の記者にも改めて指摘したが、今年5月17日の「総理のご意向」報道に始まるマスコミの偏向報道、ねつ造報道は度を越している。」

衆議院解散、希望の党立ち上げ報道を目にした所感

本日、安倍総理大臣が会見で28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散すると正式に表明しました

さらには都民ファーストの会系列の組織が国政政党「希望の党」の立ち上げを発表しました。
同党の代表には小池ゆり子都知事が就任、都知事と掛け持ちすることになります。

この「希望の党」誕生を巡って各党所属議員の動きが活発になっています。

小池ゆり子都知事の衆議院議員辞職に伴う補欠選挙に自民党公認で出馬、党の名や金、
党員支持者の汗や労力で当選しましたが、その恩義を踏みにじった若狭勝
参照記事:拝啓 衆議院議員若狭勝さま ~日本ファーストの会設立を表明を目にした所感~
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/17843727.html

民進党を飛び出した元内閣府特命担当大臣であった細野豪志
民進党内の細野派閥であった後藤祐一、笠浩史
同じく鈴木義弘、木内孝胤、松原仁
日本のこころの中山恭子代表とその夫・中山成彬
無所属議員の行田邦子が参加の意思を示しています。


驚いたのが自民党所属で現安倍政権で現職の副大臣だった福田峰之もが自民党を捨て希望の党に駆け込んだことです。
自分をこれだけの地位につけてくれた親分や総理に対し、選挙前に後ろ足で砂をひっかけるような行為を行った議員はなかなかいないでしょう?


まさに当選の為には世話になった支援者や組織を捨て、恩も義理も踏みにじる人の歩く道から外れた利と欲の為の行動
この行為を行った人間が「日本の心を大切にする」とか言っていた政党名を名乗っていたのは質の悪いブラックジョークでしょうか?

しかし選挙前にいきなり裏切り、他党に逃げ込むといった行為をどのように日頃から支えていただいている後援会や支持者の方に対し説明するのでしょうか?
納得できる説明ができるのか?他人ながら心配してしまいます。
まさにポピュリズム政治の弊害です。

だから私は言うのだ・・・(中国古典の【韓非子】の作者、韓非のフレーズを真似してみました。笑)

というおふざけは置いておいて、
私はポピュリズム政治打破こそが日本の政治を正す唯一の手段だと訴えています。
参照記事:政界浄化し日本を取り戻すためポピュリズム政治を打倒せよ!
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/17271436.html

このような劇場型政治が続く限り、いつまでたっても社会問題の本質や国民の願い、政治改正の本質が語られるのは選挙前だけという国民を騙し、馬鹿にし、搾取する政治は変わりません。

いい加減、国民が本気を出して政治家に対して決起しないと・・・

面白いニュースが飛び込んできました。

参照記事:小池氏が小泉元首相と会談
https://this.kiji.is/285008378001097825?c=39550187727945729
小池百合子氏、小泉元首相と都内で会談、原発問題など意見交換。
小泉氏から「頑張れ」と励まされたと小池氏。

私は今回の希望の党の一件の流れがある出来事と重なって見えます。

自民党を与党から叩き出した日本新党ブームに酷似していませんか?

この当時、日本新党から立候補し初当選したのが小池ゆり子
小泉純一郎の盟友として先の都知事選に立候補したのが日本新党を立ち上げた
細川 護煕
役者はそろっていますね。

1993年東京都議会議員選挙では初めての本格的な地方選に挑み、22人の公認候補者を擁立、20人が当選、推薦を含めて27人と大躍進
その後の第40回衆議院議員総選挙で57人を擁立、35人が当選しました。
そしてその後
非自民勢力がうま味と人気に吸い寄せられ集結し政権奪取したという歴史があります。

今回も同じ流れをというのが関係者の狙いではないでしょうか?

安倍総理はこの流れに恐怖したのか?
選挙で当選する為に、なりふり構わず有権者に餌をばらまいています

参照記事:3~5歳児の教育無償化 首相表明、消費税収を活用   
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1W_25092017000000/

安倍晋三首相は25日の経済財政諮問会議で、3~5歳のすべての子どもの幼児教育・保育の費用を無償化する方針を示した。こうした教育無償化などの施策について「2兆円規模の大規模な政策を実行する」と述べた。財源として2019年10月に予定する消費税率の8%から10%への引き上げによる税収増を充てる考えを示した。

 0~2歳の子どもも所得が低い家庭に限って無償化する方針を示した。首相は同日夕に記者会見して衆院を解散する意向を表明し、消費税収の使い道の変更などについて国民に信を問う考えだ。

 8%から10%への消費税の引き上げによる増収分のうち赤字の削減に充てることになっていた4兆円のうち、半分を幼児教育無償化や高等教育の負担軽減の財源に回す。2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標は一段と難しくなることは避けられないが、首相は諮問会議で「実現していく」と述べるにとどめた。

これを見てああ無償化か、いいねと思うかもしれませんがちょっと考えて頂きたいです。
この資金はどちらにしても国民の税金です。
今は無償化でいいかもしれませんが、ここで使った資金はいつかは国民が負担しなければならない借金となって次世代の国民の肩に重くのしかかります
その負担に苦しむのは皆さまの愛する子供たちかもしれません。

それでも皆様方は無償化の幻惑に騙されて自民党を支持しますか?

まさに独裁社会主義政策と同じ政策を安倍自民党政権は選挙公約に掲げていることに一人でも多くに方に気づいていただき、先の選挙の投票判断にしていただきたいと思います。

私は日本国民が真の主権者としての自覚と責任を持ち、劇場型選挙報道に惑わされずにこれからの国の歩みを導く判断をできることを強く望みます。

文責:日本未来の会 桑野繁樹


軍事同盟の理念と日米同盟

ヴァンデンバーグ決議と言うものがあります。
1948年アメリカ合衆国の上院における決議、合衆国上院決議第239号。

要約として
米国は「継続的で効果的な自助および相互援助」を米国に与える国とのみ集団的な安全保障条約取り決めを結ぶことができるとあります。

つまりアメリカには、自分の国は自分で守り、アメリカと相互に助け合える国とだけ相互平等の防衛条約を結べるという軍事同盟の原則があるということです。

しかし、当時GHQの占領下にあった日本には、国民主権の理念はあっても国家主権は無く、国軍の存在はアメリカによって奪われている状態でありました。

アメリカの議会決議がアメリカの軍事同盟締結の障害になるという滑稽な姿をアメリカ自身が演出したわけであります。

苦慮した結果、アメリカは日本国内にアメリカ軍基地を作りアメリカが自由に活動できる特権を作り、これまた矛盾と滑稽さを広めることになりますが自分たちが作って日本に押し付けた日本国憲法の内容に違反した自衛隊を日本に作らせることで、上記のアメリカの議会決議であるヴァンデンバーグ決議の趣旨から外れる日米軍事同盟を締結するルール違反行為に対する苦しい言い訳をしたわけです。

私はヴァンデンバーグ決議の理念には全く同感で賛同するものです。
自分の国は自分で守る。
その国と同盟を結び相互協力する。
当然だと思います。
それが出来なくて同盟を結ぶ必要性があるのですか?
軍事同盟とはお互いに必要性価値があり、困ったときに援助を享受し合うものでしょう?
同盟は慈善活動ではないのですから。

それが出来ない片側だけが援助する関係は同盟とは呼ばず、従属関係であり、援助をたかるヒモ男や援交女子と何が違うのか

しかし、この特例の軍事同盟締結がアメリカにとって悪しき前例となり、目先の欲に目がくらみ、調子に乗り不平等同盟を結び、他国の領土に基地を作って好き勝手にふるまった結果、基地問題という煩わしい問題が発生したことはアメリカは自業自得と認識しているのか?
どれだけ自国アメリカに不利益や損害を自らの手で与えたのか分かっているのだろうか?

視点を我が国内に移しますが、一部で日本をアメリカに守ってもらうため沖縄をアメリカに差し出せと言う論調がこともあろうか愛国陣営側にあります。
参照記事:自主防衛を放棄し日本をアメリカに守ってもらうため沖縄をアメリカに差し出せと言う愛国者の皮をかぶった国賊
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/17934199.html

しかし、自分の国を自分で守る気概を捨てアメリカに守ってもらおうとする従属精神丸出しの国賊親米保守連中は、アメリカの軍事同盟の原則の理念となっているヴァンデンバーグ決議を知っているのだろうか?

個人的見解からの結論としましては
①国軍を整え、自主防衛できない状況がアメリカとの不平等同盟を生んだ最たる要因であること。

②今問題になっている沖縄基地問題は日本が自主防衛できない為に基地をアメリカに差し出したから起こったこと。

③これらの問題解決するには日本が国軍を整備して自主防衛を可能にして日米安保条約の大幅改正し、そもそものヴァンデンバーグ決議の理念に沿った対等な軍事同盟にする事で日米地位協定を変えるしかないわけです。

私は不要なアメリカとの対立を望んではいません。
世の中は敵と味方2つに分けられます。
敵を減らし味方を増やすことが国益につながり、国民の平和な社会につながると思います。

そのためには一日も早く、日本国内での外国との衝突事案であるアメリカ基地問題を解決するべきではないでしょうか?

対等な軍事同盟を構築していがみ合うことなく、お互い力を合わせ助け合う関係を築くことが、両国民の交流やビジネスでの協力が両国民の利益につながると思います。

親米と言うなら、駐在しているアメリカ兵の家族や他のアメリカ国民の幸せを望むものだと推測しますが、今の不平等な日米同盟下の日米関係がそれを生み出せるのでしょうか?

より日本・アメリカ両国民の幸福、繁栄を望むなら両国に根を張る問題の一日を早い解決が不可欠だと私は感じる次第です。

山尾志桜里衆院議員不倫疑惑報道を見ての考察

まず最初に言っておきます。
「保育園落ちた。日本死ね」が流行語大賞にノミネートされたとき満面の笑みで登壇したこの女は国民に議席をいただき国民の生命財産安全な社会生活を守るために全霊を捧げるべき日本国国会議員の風上にも置けぬ奴であり、私は大嫌いです

しかし今回の一件を嬉々として持ち上げているネトウヨ保守のカスを見て情けなく呆れた気持ちであります。

そもそも政治は違う思想の人間同士が議論を戦わせ、よりよい判断を生むことにあります。

中国史記に出てくる鄭の国の宰相である子産は自分の政治を批判する市民グループに対し【自分は彼らの意見を参考にし評判の良い政策は推進し評判の悪い政策は改めようと心掛けている。彼らはいわば私の恩師だ。】という姿勢をとっていますが今の政治家にそのような姿勢があるのか?

ポピュリズム政治の悪影響で、政治の本質の国民の生命・財産・安全な生活を守るという視点よりとにかくどんなことでもいいからあらを探して評判を落とし悪者扱いしてやろうという醜い思考回路で政治を行っていて有権者も同じ次元のレベルで嬉々として乗っている。

日本国の主権者たる有権者の品格以上の政治家、政治は誕生しないと言われますが今の政界の凋落は有権者国民の品格や知の劣化が招いたものではないのか?

以前投稿した記事にも書きましたが政治家に聖人君子を求める方が間違っているのではないのか?
参照記事:政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/18384758.html

政治家にもプライベートはあるだろう?

政治家の本分である国民の生命・財産・安全な生活を守るために全力をあげかつ不断に任務を果たす姿勢で政治の業務にあたっているのであればプライベートな時間は自由に過ごしてもいいのではないのか?

本来国民生活の為にもっと議論を戦わせなくてはいけない時間を下らないプライベートの暴露に充てられることがどれだけ国民の不利益を生むのか?このようなネタを喜んで持ち上げ、政治家を叩いている輩は大いに考えるべきである。

不倫がけしからん!許せん!と言う主義だ!と言う人間がいるかもしれない。
では、その論調で考えてみましょう。

以前ベッキーの不倫騒動があって彼女は大いに叩かれて仕事を追われた。

このベッキーを叩いた人間は自民党の似非イクメン宮崎元議員を同じ姿勢で批判したのか?
同じく女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたなどと報じられた民進党初鹿明博議員を強姦未遂罪と声高らかに糾弾しておいて自民党今井絵理子議員の不倫を激しく糾弾したのだろうか?

そこはやらずに今回の民進党山尾志桜里議員を激しく糾弾する判断の根拠は何なのか?

仮に不倫は悪い、けしからんと言うのであれば、その行為を行った全員に対して同じく厳しく非難するのが当然ですが人によって態度を変えるというのは大変よろしくありません。

法も道徳もすべての人間に対して同じく扱われることが公正な社会と言うものではないでしょうか?

同じ案件で~党の人間は大目に見てやるが~党の人間は徹底的に潰すまで追いつめてやれというのは真の有権者の審判ではなく、子どもが好き嫌いで善悪を決め、相手を攻撃する事と同じ次元の低劣な行為だと思います。

日本は国民が判断し代表者を定めて政治を行う民主主義政治です。
有権者が意識高く成長しなければ政治の世界は良くなりません。
その意識を国民有権者は強く持ち向上していくことを強く望みます。
キャプチャ998
離党届を提出した民進党の山尾志桜里元政調会長

参照記事:民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で
http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070039-n1.html

民進党の山尾志桜里元政調会長(43)=衆院愛知7区=は7日夜、同日発売の週刊文春で既婚男性との不倫疑惑が報じられたことを受け、大島敦幹事長に離党届を提出した。山尾氏は議員辞職する意向を漏らしていたが、前原誠司代表が大島敦幹事長らと対応を協議し、10月の衆院補欠選挙が同区を加えた4選挙区になることを警戒、離党にとどめるべきだと判断した。
山尾氏を説得したとみられる。

党関係者によると、山尾氏は6日夜、不倫疑惑を否定した上で「衆院補選に迷惑がかかる」として議員辞職する意向を周囲に語った。
報道を受け憔悴し切った様子だという。

党内では、山尾氏が母親の立場から政府に子育て政策の充実を求めてきたことから、「不倫疑惑は致命傷で前原新執行部の船出に泥を塗った」(閣僚経験者)など、議員辞職を求める声が多い。

ただ、山尾氏が15日までに議員辞職すれば、同区補選は青森4区、新潟5区、愛媛3区の3補選と同時に行われる。
党幹部は「民進党に不利な愛知補選が重なるのは避けたい」と語り、議員辞職は避けるべきだとの認識を示している。

政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感

いつもこの手のネタ記事を見て思うことは政治家はいつから聖人君子じゃなきゃダメになったのか?
そもそも過去を振り返って、
そのような清らかな聖人君子の政治家なんかいた時期があったのか?

この手の記事をけしからんと目を吊り上げながら書いているゴシップ雑誌の記者の思考は、了見が狭くて正義感だけは強いPTAのオバサン的発想です。
その正義の定義は偏狭な自分の価値観。

まるでアメリカの正義と一緒です。(笑)

(私が感じる)「いかがわしい」ことはダメで人間は清く、正しく生きるべきだ、と他人に強制する発想の裏側にあるのは「私は立派なマスメディアで世論をリードしている特権階級」という、分は偉い、判断は正しい、それに反するものは悪だ、的な意識が見え隠れしているようでなりません。

私は政治に対して批判することはありますが、プライベートな時間や男女関係に対して目を吊り上げることはしません。
何故ならそれは有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るために行うという街宣活動の目的の土台から外れるもので国民生活に全く影響がないからです。

その影響のない政治家の男女関係を叩くのはその政治批評の定義の土台を全く理解していない、もしくは幼稚な嫌がらせ、鬱憤晴らし程度の低俗な輩なのでしょう。

そもそも性に対するし好の幅も人それぞれ幅があります。
週刊誌記者や報道関係者もパートナーぐらいはいらっしゃるでしょうしセックスぐらいはしているでしょう。

まさか生殖目的以外の性行為はしていないと言い出すのでしょうか?

自分らは好き放題楽しんでおいて人が楽しんでいることは許せないというのは子供じみた話であります。

それとも、パートナーに愛想をつかされ、行為自体やりたくてもできずお預け状態なので他人が楽しんでいる姿を見て逆上しているのでしょうか?
これも幼児のワガママと言うものです。

違法行為に触れない性行為がいつから「いかがわしい」行為になったか存じませんが、スキャンダル記事が晒された事よりも、この手のネタが世間に晒された時の議員のセンセイの姿が情けなくみっともない。

今回のことが経費を使ってのことか自費を使ってのことか記事からは分かりませんが、法に触れずに自費で楽しんだのなら何ら問題ないはずで堂々として入れはいいだけの話です。

それを毎度おなじみの光景で該当議員センセイは下手な反省と薄っぺらい謝罪を行う。
どう見ても逆効果ですよ(笑)

法に触れず、自費で行ったのなら
「いや~、朝まで楽しんで最高に気持ちよかったですよ~」
「一生懸命楽しませてくれた女の子に感謝します

と記者に言ってやればいいだけ。

記者はここまで言われたらこれ以上追及できんだろうに・・・

そのうえで記者に対し
「お前らはセックスしたことないのか!?」
と言ってやればいい。
そんなマスコミに媚びない気骨ある政治家を強く望む今日この頃です。

原因の根元は政治家自身が聖人君子だと思っていて、マスコミからそう見てもらいたい症候群にあります。

そこをマスコミに食い物にされてくだらない問題で政界が停滞し、無駄な再選挙などで時間や金が浪費され、重要案件が放置される。
そのとばっちりが国民に降りかかる。
これが毎度の流れです。
この問題を扱うほうが逆に有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るという政治の目的が阻害され、国民生活に悪影響しか及びません。
それをマスコミは分かってやっているのでしたら悪質です。

議員センセイ、議員は偉くもなんともないですからね!
ましてや聖人君子ではない。
日本の主権者、有権者は国民で議員はその国民に雇われた期限付き契約社員に過ぎないですからそこを勘違いしないでいただきたい。

参照記事天理市長、出張中にデリヘル利用

http://jp.reuters.com/article/idJP2017083101001334

奈良県天理市の並河健市長(38)が公務で東京都に出張中、宿泊先のホテルでデリバリーヘルス(派遣型風俗店)を利用していたことが31日、分かった。
今週発売の週刊誌で報じられたことを受けて記者会見し「道徳的に適切とは言えず、市民や職員、家族の信頼を傷つけた。深く反省している」と記事内容をおおむね認め、謝罪した。

 並河市長によると、今年の2月と6月の2回、国への予算要望などで上京した際、デリヘル店の女性を呼んで性的サービスを受けた。
「定められたサービスの範囲であり、違法行為はなかった」として、記事で性交渉を行ったとされる部分は否定した。

 市長は元外務省職員。

ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター