電力問題

反原発訴える前に【人として最低限のルール守れ】

元々、私は脱原発とか反原発とかいう人間があまり快く思わない、率直に言うと大嫌いなんですがその理由は原発止めろというくせにそれに代わる代替案を出さない無責任さを感じたからかもしれません。

日本国主権者である国民に任命され給料を支給され成果を求められる政治家と違い、在野の主張に無責任さはあっていいのかもしれませんがこの連中は自分は正義だから何をやっても許されるといった驕りの精神人の迷惑を思いやる心の無い無神経さ、道徳心の欠如に対し憤りを覚えます。

主義主張は自由ですが人も迷惑を考えないどころか人に迷惑を植えつけ不安を煽り、社会を不安定にさせて人の心の乱れを己の主張を広めるために利用する。

言論活動でこういう手を用いる人間にはあまり近寄りたくないというのが個人的な思いです。


主義主張の自由は確かにある。
しかし、言論活動にも規律がある
自分の主張を広めるために人の生活や心を乱すことは決して許されることではない!
言論活動は社会常識の上に立って行われなければならない。
それが言論活動を行う人間の矜持ではないのか?


産経ニュース 2015.10.16
【川内2号機再稼働】
「人として最低限のルール守れ」 暴言に無許可テントの反原発派に住民「ノー」
http://www.sankei.com/life/news/151015/lif1510150029-n1.html
九州電力川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)が再稼働した15日、現地では反原発派が抗議の声を上げた。その反原発派に、地域住民が憤りを募らせる。一部ではあるが、住民に暴言を吐き、無許可でテントを海岸にはるなど問題行動を起こしたからだ。「人として最低限のルールは守れ」。九州のエネルギーを支えてきた小さな街の住民が、県内外から集まる反原発派に「ノー」を突きつけた。
(九州総局 高瀬真由子)

「戦争と原発はつながる」

 川内原発の正門前ではこの日、午前8時から反原発派がマイクを握った。学生らの組織は「安倍ネオファシスト政権打倒! 憲法改悪阻止!」と原発と関係ないことを叫び、拳を突き上げた。

 反原発派は全国からやってくる。この日も、鹿児島をはじめ、愛媛や福岡などから集結した。中には、原発だけでなく、安全保障関連法や米軍普天間飛行場の辺野古移設など、政権の方針全てに反対する活動家が含まれる。警察庁が中核派系と認定する「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)の旗もあった。

「殴られたいのか」

 抗議の様子は、マスメディアやネットを通じて全国に流れるが、地元住民の目は冷ややかだ。

 川内原発1号機が再稼働した8月11日。原発周辺で商店を営む50代の女性は、店内で客と会話をしていたところ、県外から抗議行動に参加したという男性から「笑っただろ」と詰め寄られた。男性はさらに「(原発が再稼働する)こんな状況でなんで笑えるのか。殴られたいのか」と怒鳴った。

 「体の震えが止まらなかった。家族を通じて警察に通報したけれど、あんな怖い思いは二度としたくない。地域住民が我慢するしかないのは、おかしいですよ」

 女性は腹に据えかねた様子で語った。

同日午前6時10分ごろには、原発正門ゲートをふさぐように、反原発派の5台の車両が駐車した。警察が撤去させようとして混乱し、原発前の県道が約1時間、全面通行止めになった。通勤のマイカーや路線バスが足止めとなった。車中には透析のため病院に向かう高齢者もいたという。

 不満や不安の理由は他にもある。原発近くの久見崎海岸には、昨年9月から反原発派がテントを張り、居座る。

 「異様な光景で、子供をはじめ住民が近づけなくなっている」。地元の男性(56)はこう嘆く。

 しかも、テントは無許可だ。海岸を管理する鹿児島県河川課によると、当初、海岸使用の申請はなかった。この点を県が指摘したところ、設置から1カ月たった昨年10月、7人から「再稼働に反対するため」「ウミガメの保護活動」などを理由に申請があった。

 鹿児島県は、海岸法に基づく県の要領に沿って審査を始めたが、要領で定める目的に該当しないことから、不許可とした。

 以来、県はたびたび撤去を要請するが、効果はない。強制撤去も選択肢だが、テントに居る個人の特定や、弁明の機会を設けるなど、手続きに時間がかかることから、県は踏み切れずにいる。

住民が要望書

 薩摩川内市議の森満(もりみつ)晃氏によると、このほか反原発派の行為として、使用が許可されていない海岸でのイベント▽墓地用の水道水を無断利用して体を洗う▽私有地での無断駐車▽ゴミの放置▽住宅近くでの深夜の徘徊(はいかい)-などが確認された。

 我慢を重ねてきた地元住民も立ち上がった。原発周辺の滄浪(そうろう)地区と寄田地区の2つのコミュニティ協議会が9月1日、反原発派を指導するよう求める要望書を、県と薩摩川内市に提出した。反原発派の行動に、住民が声を上げるのは初めてだった。

森満氏は9月15日の市議会の臨時会で「原発再稼働への思いは自由だが、人に迷惑をかける行動は許されない。人として最低のルールを守っていただくよう指導してほしい」と述べた。岩切秀雄市長は「びっくりしている。市民を巻き込んだ抗議活動は許されない。最低限のルールは守ってもらえるよう要請していきたい」と答弁した。

 こうした指摘に、「反原発・かごしまネット」代表の向原祥隆氏は「(テント設置は)原発推進派は目障りと思うかもしれないが、表現の自由だ。迷惑を起こしているわけではなく、海を懸命にきれいにしている。暴言なども確認していない。そんな人は出入りしていないはずだ。みんな大人なので、節度ある行動が前提だ」と述べた。

 だが、これまでに署名活動の強要や、議会での傍聴席からの、度が過ぎたヤジなど、ルールを無視した反原発派の行動が確認されている。

 傍若無人な行動では支持は広がらず、どれだけシュプレヒコールを上げても、その声が民意を動かすことはない。警備当局の関係筋によると「反原発運動は財政的にも厳しい状況になっている」という。

 15日、川内原発前に集まった反原発派は約100人、1号機再稼働時の4分の1程度だった。

原発再稼働デモ訴え文一考

電力問題を訴えるデモは反原発が主流ですがやっと再稼働派も重い腰を上げたようです。
第三弾 原発再稼動推進デモ!!

頑張っていただきたいものです。
私は仕事の為に参加できませんが ^^;)

しかし何もしないのも申し訳ないので訴え文を考えてみました。
後日でも主催者にお知らせする予定です。
一文字も使ってくれなかったりして・・・・www

【訴え文】
現在、国民の関心は消費税を3%上がることに向けられている。
増税が経済を冷え込ませる心配がある。
しかし!税収はいずれ国内を循環する。
なぜ、消費税アップを心配して消費税1~2%に匹敵する燃料費4兆円が資源国に垂れ流されていることを問題視しないのか!

日本経済の最大のリスク要因は外国依存のエネルギー。
今こそ原子力発電再稼働に舵を切りましょう!

原発再稼働して生活エネルギーを守れー!
原発再稼働して豊かな日本を守れー!
原発再稼働して次の世代の子供たちの社会を守れー!

もちろん福島第一原発事故を起こしてしまったことは真摯に反省し検証しなければなりません。
本物の安全性を作っていく必要があります!
しかし、安全性が完璧でないから、あるいは福島事故の解決が済んでないから再稼働させないというのは
正しい選択なのか?
そもそも安全性が完璧な発電法など存在するのか!
反原発派やマスコミの印象操作に騙されず冷静に決断する時期に来ています。
その時期が今です!

原発再稼働して生活エネルギーを守れー!
原発再稼働して豊かな日本を守れー!
反原発の怖い話に騙されないぞー!
原発再稼働して次の世代の子供たちの社会を守れー!

日本経済の最大のリスク要因は外国依存のエネルギー。
その為には日本国民皆が力を合わせなければなりません。
しかし反原発運動の中にはただ原発再稼働に反対し国民から生活エネルギーを奪い取ろうとする
連中もいます。
代替エネルギー案無き反原発運動それは日本国民の生活エネルギーを奪い国民生活を滅ぼす悪魔!死神の手口!
我々は強い日本、豊かな社会生活、美しい日本を守る為、断固戦います!

原発再稼働して生活エネルギーを守れー!
原発再稼働して豊かな日本を守れー!
国民生活を反原発から守れー!
原発再稼働して次の世代の子供たちの社会を守れー!



どんなもんでしょう?
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター