報道

楽に高収入を得ている人間が優れている、苦労しながら低収入な仕事を選択をする人間は貧乏くじひいたバカ? 学生や引きこもりに伝えたい 社会に出て働くことの意義とは?

今の子供の将来なりたい職業NO1はYouTuberらしいですけど、私はこの話を聞いて不安になりました。

確かに楽に手軽に(実際はなかなか大変な苦労があるようですが)高収入というイメージで楽にお金を得たいと子供たちが思うのは当たり前といえば当たり前なのですが、本来働き稼ぐという意義は何でしょうか?

ある職場で苦労しながら技術を磨き、その努力と能力で業績を上げることが、それがその業界を発展させ、その流れがその産業を成長させ、結果日本経済が上向く流れに結びついていく。

一人一人各自の仕事が経済を発展させる原動力になる。

それが働き、稼ぐ意義の本質だと私は認識しています。

広告収入を得るのも大変結構だと思います。
(そういう環境で稼ぐにも人一倍の苦労が必要です)

しかし

マネーゲームなど、ただ楽に高収入を得ている人間が優れている、苦労しながら低収入な仕事を選択をする人間は貧乏くじひいたバカという風潮はいかがなものでしょうか?


私は第一次、第二次産業、物作りの仕事で頑張っていただいている方が賞賛されやりがいを感じられる社会になってほしいと思います。

それが日本経済復活の鍵だと思います。

人と顔を合わせない、会話しないで事が運べる今のネット時代、学校に行く意味がない、社会に出て揉まれたり、人と交流することに必要性を感じないと感じている学生の若い方や引きこもりの方に考えて頂きたいと思います。


facebookフレンドの方の投稿記事をご紹介させていただきます。

経済的目標

この国の目指す方向ってシンガポールか?

金融デリバリー等のマネー商品で成り立たせよう的方針か?

生産は利益確保が難しい
金融デリバリーは利益確保ができる

物作り国家から金融国家にって方針かな?

労働者に対して過剰な保護政策
その後は製造業が疲弊し労働者の働く場が減って行く
人口減に合わせる政策か?

発明しものを作り出す
製品のクオリティーで勝つと言う王道を離れ
金融デリバリー商品というバクチ国家に向かう

そんな気がしてならない

わしゃ
物作りで経済振興や国家財政賄うべきと思ってる

反日侮辱展「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会会長の大村知事へ 【表現の自由】と【ヘイト行為】の判断の定義を明確に示して説明していただきたい

反日侮辱展「あいちトリエンナーレ2019」を監修した津田大介は嘘くさい御涙頂戴演技(笑)で被害者をアピールし、総責任者である大村秀章愛知県知事は国民の抗議の声を「テロや脅迫」といった犯罪行為に例える暴挙にでました。

政治倫理綱領には、われわれは全国民の代表として、全体の利益の実現をめざして行動することを本旨とし、特定の利益の実現を求めて公共の利益をそこなうことがないよう努めなければならない。とあります。

このイベントは税金が使われながら、明らかに国益を害し、反日側の利益になる場になってしまっていた。
そこに税金を投入した大村は知事辞職に値すると思います。

よく【政治に経営感覚を】と言う言葉を聞きます。

その言葉自体は全く正論ですが、その意味、中身がしっかりと説明されません。

これを企業運営に目を移して考えてみます。

企業が経費を使って企画や運営を行います。
その時、その企画などに経費を使ってもいいのか?やめるのか?その判断基準は何でしょうか?

当然そこに経費を使ったとき、使われた経費以上の利益が得られるのかどうかが判断基準になります。

これは政治も同じです。

使われた税金は納税者の財産です。
それを政治家が使い政治を行います。

その時そこに税金を使っていいのか?いけないのか?の判断基準は、使われた税金以上の利益が納税者に帰ってくるのかどうかを政治家が精査しなくてはなりません。

今回の反日侮辱展「あいちトリエンナーレ2019」に税金を投入して納税者に利益が戻ってきたのでしょうか?
明らかに答えはNOです。

愛知県議会は辞職勧告決議を大村に突きつけ、猛省させるべきです。

それすらしないようなら愛知県議会議員も反日侮辱連中と同類であると認識せざるを得ません。

参照記事:「撤去しなければガソリンの脅迫も」企画展中止に知事

大村知事は会見で、「これ以上エスカレートすると、安心して楽しくご覧になることが難しいと危惧している。
テロ予告や脅迫の電話等もあり、総合的に判断した。
撤去をしなければガソリン携行缶を持ってお邪魔するというファクスもあった」と説明した。
「こうした卑劣な非人道的なファクス、メール、恫喝(どうかつ)脅迫の電話等で、事務局がまひしているのも事実。

行政が展覧会の中身にコミットしてしまうのは控えなければならず、芸術祭じゃなくなる。
しかし、諸般の状況を総合的に鑑み、円滑な運営のための判断だ」と述べた。


大村は「安心して楽しくご覧になることが難しいと危惧している。」「芸術祭じゃなくなる。」と言いますが、これがまっとうな芸術か?


EBRIEWxVUAA-D4H

愛する人を守るために自分を犠牲にして散っていった先人の寄せ書きを用い、民族を辱め、他国の国旗を下敷きにした作品。
作品の名は『馬鹿な日本人の墓』

 

注連縄(しめなわ)が使われていますが、本来の注連縄の意味は

・災厄をもたらす邪な存在が神域に入らないように食い止めるための結界

・災厄をもたらす邪な存在を外に出さないための結界

・神域と現世の縄張りを示す

・神様をお迎えするのにふさわしい場所であることを示す

・神域の神様が外に出ていかないようにする

と、みだりに立ち入ることが許されない結界を意味していると言われていますが、これを見た方(特に学習前の子供)は本来の意味を誤って理解してしまうことにならないか?

その片棒を知事と言う要職についている人間が担いでいるということをまず考えなければならないと思います。


EA6P8f1UYAAoeMh

このようなものを見て喜ぶ人はいるのだろうか?

成長期の方が見て何か一つでも精神構造にプラスになるとはとても思えない・・



参照記事:「平和の少女像」展示中止を要請へ。あいちトリエンナーレを河村たかし・名古屋市長が視察 

「少女像」の設置の展示中止を求めると発表しました。






名古屋市の河村たかし市長は8月2日、愛知・名古屋市などで開催中の「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」を視察した。同企画で展示されている「平和の少女像」について、即刻展示を中止するよう大村秀章・愛知県知事に申し出ると発表した。

従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」は、彫刻家キム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻が制作した。2017年に韓国・釜山の日本総領事館前で設置された際には、日本政府が2015年末の日韓合意に違反するとして、駐韓大使の一時帰国や日韓通貨スワップ協議の中断などに踏み切った。

河村市長は、少女像が設置されることを7月31日の夜に初めて知ったという。2日正午に同展を視察。その後囲み取材に応じ、「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」と話し、作品の展示を即刻中止するよう愛知県知事に求めると発表した。

これに対し大村知事は・・・


参照記事:大村知事に賛同相次ぐ
河村たかし市長を「憲法違反」と猛批判 

https://jisin.jp/domestic/1762891/


現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」をめぐる名古屋市の河村たかし市長(70)の発言を、愛知県の大村秀章知事(59)が厳しく批判した。

 

元従軍慰安婦を表現した「平和の少女像」や、昭和天皇の写真を用いた作品が物議を醸していた「表現の不自由展・その後」。

 

河村市長は8月2日、この企画展を視察し「どう考えても日本人の心を踏みにじるもの」と述べ、展示の中止を要求すると発表していた。運営側には「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」と書かれた脅迫FAXが届くなど抗議が殺到。開催から3日間で中止に追い込まれた。

 

5日の記者会見で大村知事は、河村市長の主張を「憲法違反の疑いが極めて濃厚」と指摘。「公権力を行使される方が、“この内容は良い、悪い”と言うのは、憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない。裁判されたら直ちに負けると思う」と厳しく批判した。

 

また「税金でやるなら、自ずと表現の範囲は限られる」といった論調に対しては、「全く真逆。公権力を持ったところこそ、表現の自由は保障されなければならない。税金でやるからこそ、憲法21条はきっちり守られなければならない」と反論した。

参照記事:大村知事「河村市長発言は違憲の疑い濃厚」 「表現の不自由展」巡り応酬

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019080590122756.html

愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題を巡り、愛知県の大村秀章知事は5日の定例会見で、企画展の「平和の少女像」などの撤去を求めていた名古屋市の河村たかし市長について「公権力を行使する市長の立場で表現の内容の是非に言及しており、検閲と取られても仕方ない。一連の発言は憲法違反の疑いが極めて濃厚」と批判した。

 河村市長は2日、「表現の自由は相手を傷つけないことが絶対(条件)」などと述べ、トリエンナーレ実行委員会会長の大村知事あてに、旧日本軍の慰安婦を象徴した少女像などの撤去を求める文書を出していた。

 大村知事の発言に対し、河村市長は5日の定例会見で「それなら、あの展示が良いのだということを堂々と言ってください」と反論。「表現の自由には一定の制約がある。今回は展示作品に対して審査がなかったようだが、放置していたら大変なことだった」などと持論を改めて展開した。

 河村市長は、自身も実行委員会の会長代行を務めているが、直前まで展示内容を知らなかったと主張。「少なくとも県や市が主催し、税金を使う場で(旧日本軍の慰安婦を象徴した少女像の)展示をすると、(慰安婦問題の韓国側の主張を)認めたと誤解を受ける」と従来の見解を繰り返した。

 

 

企画展の中止決定について河村市長は「表現の自由の侵害だ、芸術性のあるものに対して何を言うんだという話があるようだが、どういうプロセスで津田(大介)さんが選ばれて、どういうプロセスでいわゆる慰安婦像や(燃やした)天皇陛下の写真を展示することになったのか?また、どういうプロセスで中止になったのか?市民の皆さんに公開しなければいけないと調査を指示している」と説明。

正論です。

ついでと言っては何ですが、大村知事には過去に、『ヘイトスピーチには県施設を使わせないと息巻いていましたが、私はヘイトとは民族に対する侮蔑行為であると定義しますが、今回飾られた、従軍慰安婦強制連行なる歴史の捏造アピール品の慰安婦像や、日本国民の象徴と憲法でも謳われた天皇の写真を燃やしたものの展示は日本国、ならびに日本国民に対するヘイト行為だと思いますが、そのような展示会を許可した根拠は何なのか?

表現の自由】と【ヘイト行為の判断の定義を明確に示して説明していただきたいと思います。

参照記事:ヘイトスピーチ 愛知知事「団体に県施設を使わせない」

https://mainichi.jp/articles/20160530/k00/00e/010/180000c 
特定の人種や民族に対して差別的言動を街頭などで繰り返すヘイトスピーチを行う団体について、愛知県の大村秀章知事は30日の定例記者会見で、「申請があれば許可しない」と述べ、県施設の使用を今後認めない方針を明らかにした。



みんなの党が確保した予算委員会割り振りについてTBS「昼おび」の事実誤認報道を正します

新聞倫理綱領にも書かれていますが、情報、報道というものは正確でなければいけません。

余計なおせっかいながらご紹介させていただきます。

みんなの党代表 渡辺喜美Facebook記事より
みんなの党が確保した予算委員会等の委員会割り振りについて、
TBS「昼おび」が間違った説明をしていたので、正確な情報をお伝えします。

ルールの良し悪しは別として。

 67644493_2387938461526381_7397658478153564160_n

参院選後に全ての委員会の委員がガラガラポンで入れ変わります。

1種常任委員会(内閣・総務・法務・外交防衛・財政金融ほか)は、全部で11個。
議員は必ずどこかの委員会に所属になります。

自民から共産まで6会派が、まず、245委員すべてを委員会ごとの比例配分で持っていきますが、所属議員数より多くなる分は吐き出されます。
67824371_2387938494859711_247055628491554816_n

その際、人気委員会(厚労・総務)は吐き出しはありません。
れいわのお二人は厚労委希望でしたが、叶わず。

各委員会とも1~2個ですが、財金委の場合、珍しく立憲・公明・維新が1個ずつ合計3個吐き出しました。
そこで、みんなの党は躊躇なく2議席獲りに行きました
❗️
67510803_2387938421526385_6759130745433751552_n

そうしたおこぼれ分を小会派(沖縄の風・れいわ新選組・碧水会・みんなの党)4つで分け合い、更に残った分が1人無所属4名に回るという仕組みです。


真のリフレ派が私1人だけなので、日銀総裁を呼べる財金委を獲りに行くのは私にとってマストでした❗️

だからこそ、会派にこだわったのです
‼️

予算委員会は、決算委員会などと同じ第2種常任委員会といって、会派のみに割り当て、無所属にはなし。
しかし、れいわ・沖縄・みんなの6人でも配分なし。

先週、いろんな人と会派作りの話しをしましたが、予算委を取るには、無所属の数を減らし、小会派の数を増やす必要があったということです。

そこへ、嘉田由紀子さんの碧水会2名が加わり、小会派合計8名で予算委1議席。

4会派のクジ引きとなったわけです。
67712010_2387938411526386_5890624071112065024_n

私は日頃から、エレベーターのボタンを押す前にどれが来るか、クジ感?を鍛えているので⁉️ 1番クジを引く自信がありました❗️

これが真相というものです‼️


みんなの党代表 渡辺よしみ 新会派を語る
https://www.youtube.com/watch?v=BBvSgLH55ZM

みんなの党は当たり前の自由社会と一人前の国家の構築を目指す。自由社会の最大の倫理は「力の強い者がやりたい放題やってはいけない」ということに他ならない。弱肉強食の社会との違いはここにある。


有権者の判断で当選をした議員の議席を奪い取る権限が一政党の維新の会にあるのか?

吉村大阪府知事twitter記事より
https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1130131960028778497
962145
なんか維新が当選させ、議席を与えたような言い方に聞こえますが、丸山議員本人の志に感銘して自分の票を授けた人も多いでしょうに・・・

そうして有権者の判断で当選をした議員の議席を奪い取る権限が一政党の維新の会にあるのか?

本来、吉村大阪府知事が発信した発言ができるのは、選挙区有権者であって維新の会ではない。
まさに国民有権者に対する侮辱である。

自分の党の議員から議席を奪い取るために今までいちゃもんつけていた他の野党にまで協力をお願いする姿勢はまさに党利党略。

日頃声高らかに言っている【身を切る改革】の看板が泣くぞ!

参考記事:丸山氏の辞職勧告案 維新が立民に共同提案を要請 日本経済新聞 2019/5/16

日本維新の会は16日、戦争による北方領土返還を元島民に問いただした丸山穂高衆院議員(14日付で除名)に対する議員辞職勧告決議案の共同提出を立憲民主党に申し入れた。

立民は各党の共同提出が望ましいとして「ほかの野党にも伝える」と応えた。

維新の遠藤敬国会対策委員長が国会内の立民控室を訪れ、同党の手塚仁雄氏に要請した。

辻元清美国対委員長は不在だった。維新の松井一郎代表(大阪市長)は市役所で記者団に「衆院の意思表示が必要だと提案した立民と一緒に共同提案の形を取りたい」と訴えた。

辞職勧告決議案の提出をめぐっては、自民党が過去には刑事事件に問われたような議員が対象だったと慎重だ。
下村博文氏は「議員辞職は国会議員にとって重い」と記者団に指摘した。


別に丸山議員の言動を支持するわけではないですが、国民からしたら我が領土である北方領土を武力で奪い取っているロシアに対して「失礼な話をしてごめんなさい」
と謝罪に行った維新の会の方が国益を害した議員に相応しくない言動だ。

これぞまさに第二の河野談話である。

国益を捨て保身に走る維新の会こそ全員議員辞職して日本国民有権者に謝罪すべきである。

参考記事:維新、駐日ロ大使に謝罪 2019年5月17日 共同通信 

 

日本維新の会の片山虎之助共同代表と馬場伸幸幹事長は17日午後、東京都内のロシア大使館を訪問した。

ガルージン駐日ロシア大使と面会し、同党を除名処分となった丸山穂高衆院議員の戦争で北方領土を取り返すことの是非に触れた発言を謝罪した。

 出席者によると、片山氏は「わが党にいた議員の発言で不快な思いをさせた。維新の考えでは全くない」と釈明した。

 タス通信によると、ガルージン氏は丸山氏の発言について「受け入れがたい」としつつも、この発言によってロシアと日本の関係発展が逆行することはないと表明。

謝罪は「本国に伝える」と応じた。




丸山穂高衆議院議員「戦争」発言騒動を見ての所感

北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した日本維新の会、丸山穂高衆議院議員 。

団員の懇親会で「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか?反対ですか?」と質問した事が炎上しています。

その後、発言を撤回し、謝罪するも維新の会から除名処分を受けたと報道されています。

 

まず、一番気になるのが、この報道されている発言の前にどのような話のやり取りがあったかということです。

 

よく報道された部分だけで判断し批判されますが、報道は点の部分しか取り上げません。

しかし、話と言うのは多くの点を線で結んで初めて本質が分かるものです。

その部分が分からなくて人を批評することは間違った判断を生むことにつながります。

これは有権者国民からしたらかなり有害です。

 

ですので丸山議員は謝罪、撤回するよりも、なぜ?このような発言を行ったのか、前段階の話のやりとりから全文公開する事が議員として有権者に対する責務ではないかな?と思うわけです。

 

しかしここには一切言及しないので報道されていることを事実と仮定し話を進めます。

 

丸山穂高 発言内容 全文

丸山穂高:「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか?反対ですか?」
 元島民:「戦争で?」
丸山穂高:「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」
 元島民:「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
丸山穂高:「でも取り返せないですよね?」
 元島民:「いや、戦争はすべきではない」
丸山穂高:「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 元島民:「いや、戦争は必要ないです」


 この丸山議員の発言に、報道でも議員のコメントでも「議員の資質に欠ける」とか「議員として不適切な発言や思考であり、謝罪すれば済むと問題ではない。議員辞職しろ」などと批判にさらされていますが、そもそも【議員の資質】【議員としてふさわしい言動】ってなんなのか?

議員の責務は国民の生命、財産、安全な生活を守る事です。


何故か?

日本の主権者、権力者は、議員でもなく役人でもなく国民ひとりひとりが主権者、権力者であり、議員は国民に雇われた期間限定つきの契約社員にすぎません。

その国民の生命、財産、安全な生活を守る事が議員の義務ですが今現在、こういう認識を持っている議員がどれだけいるでしょうか?

我が国は先の戦争で負けてしまったから「軍事(国防)=悪」という妄想を植え付けられていますが、国防は独立国家が自分たちの自由、安全を守る当然の行為であり「悪」ではありません。

 
 今年から「北方領土の日」では例年スローガンとして使ってきた「返せ!北方領土」という文言がなくなり、「平和条約の早期締結を」という表現に変更されたようです。

これのどこが問題解決につながるのか?

旧ソ連軍が日本の敗戦のどさくさに北方4島に侵攻、不法占拠したのは事実。

ロシアは戦略的にも経済的にも返す気は無い。

それは今までの日ロ交渉を思い返せばわかる話です。

 

よく「北方領土奪還」というスローガンがあります。

奪還とは奪われたものを正当な持ち主が奪い返すことです。
領土の領有権は実効支配をしてこそ主張が出来ます。


話し合いで領土問題が解決出来た例は過去を見てもありません。

今回の丸山議員に対して菅義偉官房長官は丸山氏の発言を「誠に遺憾だ」と批判。

「外交交渉によって領土問題の解決を目指す方針に変わりはない」と強調した。

 菅長官は午後の会見でも「誰が見ても不適切な発言。個人で責任を取るべきだ」と切り捨てた。

 河野太郎外相は会見で「交渉はなるべく波静かな中でやりたい。発言が決してプラスになるとは思わない」といら立ちを隠さなかった。

と言っていますが、今まで日本の領土を守る立場の政府が人のことを言えるほどの事をやってきたのか?

ちょっと非難されたら怖気づいて、保身に走り国防放棄してきたのは歴代与党の自民党ではないか!

先祖から譲り受けてきた国土が強奪されて泣き寝入りしている民族が今の日本であり、それに言及すると皆で叩くのが国家、国民を守るべき政治家と言う腐った現状が今の日本です。

「北方領土問題」が戦後70年以上も経った今日でも未だ解決の糸口すら見えないのは、すべては保身に走り国防を放棄した政治家の怠慢と弱腰外交である。

 こうした自身の怠慢を隠し、「北方領土問題の平和的解決と平和条約締結」などと軟弱姿勢を展開していることがそもそも間違いです。

ロシアは話し合いなんかで北方領土返す気ないからね!

日頃問題を起こして大家が出て行ってほしくて交渉しても部屋に居座っているゴロツキとロシアは一緒です。

この状態で話し合って解決しますか?

強硬手段で立ち退かせるしかないでしょ?

日本の政治家に足りないのはこういう気概と認識です。


奪われたものは奪い返すことでしか解決できません。

それは領土問題もそう、拉致問題もそう、漁業問題、資源密漁問題もそうです。

大事なのは「奪われたら武力をもってしてでも絶対に奪い返す」という気概です。

これが他国にプレッシャーを与え、同行為の誘発防止につながります。

丸山議員はここまで覚悟をもって【戦争】発言をしたのかどうか・・・

もしそうなら、謝罪、撤回などせずに、国民の生命、財産、安心な生活を守るために突っ走るべき。

しかし、酔った勢いと軽い気持ちで【戦争】発言を行い悦に入っていただけなら今一度国民の生命、財産、安心な生活を守る責務を見つめなおし猛省すべきである


桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: