自民党

第4次安倍内閣の発足を受けての声明【日本未来の会】

4次安倍内閣が発足しました。

 

「この国を守り抜く」と訴えながら、憲法9条保護、領土問題黙殺、公約詐欺に加え北朝鮮のミサイル攻撃に対し一切有効防衛策を行わず、国民の生命、財産、安全の生活を守る戦いを放棄し、自分の身の安全の身を守り抜いた安倍晋三首相に対しこれほどの勝利がもたらされたのは野党各党の醜い内輪争いだと強く感じます。

選挙結果http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/kaihyou/?from=ycnav2を見ると自民党圧勝と言いつつ、自民党候補がとった得票率は50%を超えた選挙区は数えるほどで、立憲と希望を足すと自民党候補を上回る選挙区が多数です。

最初に小池ゆり子が民進を丸飲みして支持者、支持業界の支持を取り込めば今回の選挙、政権交代も夢ではなかったのにそれをぶち壊した小池ゆり子は自民党勝利の最大貢献者であると思います。

 

 もう一つの安倍政権続投の立役者である北朝鮮についてですが、「北朝鮮危機を自民党が煽って利用している」という報道もありました。
21433182_856779044486597_313098177989257570_n
21761556_856779057819929_915391404843368933_n
その理由は上記のように、安倍政権は北朝鮮に対し一切の報復等、北朝鮮に対し危害を加えようとしませんでした

国防の話になりますと北朝鮮の名ばかりが出てきますが、日本の直面する軍事的脅威は、核ミサイル開発を進める北朝鮮だけではありません。

覇権主義を強め、我が領土沖縄本島及び尖閣諸島を虎視眈々と狙っている中国は、国難の主役です。

今までの政権運営を見て自公政権では、十分な国防強化、国民安全防衛に踏み切れるとは到底思えず、その国防放棄内閣が続くと思うと暗澹たる思いです。

 そもそも、戦後自民党による自主防衛の放棄の方針が、国防軽視や北朝鮮危機を招いたのは明らかです

安倍首相は選挙中、「力強い外交」を主張していましたが、これは「米国、国際社会頼み」の言い換えに過ぎません。

安全保障を他国に依存し続けるのは、独立主権国家として体をなしておらず、正に属国根性むき出しで情けない限りです

 

実際、韓国による日本の領土である竹島侵略中国による領海・領空侵犯、中国による地下資源盗掘、今回の北朝鮮によるミサイル攻撃等、日本の国防危機な事案に対して、今まで一度もアメリカは日本防衛行動を行っていないことを、アメリカ妄信の徒は現実を直視し、目を覚ますべきです。

これ以上被害を出さないため、次世代の子たちの為に、国家防衛力の強化に向け、「自分の国は自分で守る」体制整備に踏み切るべきです。

 

 今後、改憲論議も進むとようですが、自民党による改憲は政治成果アピールの為の改憲の為による改憲であって、国家国民の為、国防強化にはつながりません。

9条全面改正により、自衛隊は軍とすべきです。

 

翻って経済面では、安倍政権は、雇用状況の改善などの成果を強調するものの、賃金は伸び悩み、肝心のデフレ脱却もいまだ見通せていないのが実際のところです。

 こうしたなか、10%への消費税増税分の使途を教育無償化にも充てるとしていますが、これは現在の世代が苦労して借金を減らし次世代に負担を押し付けないとした消費増税法の口実を無視し踏みにじった、選挙当選の為の買収・バラマキです。
自民消費増税1

こんな政策を続けるかぎり、政府の借金は膨れ上がるだけです。

 

さらに自民党は日本から出国するものに「出国税」なる税金を押し付ける予定で観光庁がその財源を使う予定だとか。

観光立国推進基本法によると
観光立国の実現に関する施策の基本となる事項を定めることにより、観光立国の実現に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって国民経済の発展、国民生活の安定向上及び国際相互理解の増進に寄与することを目的とする

とありますが、このような出国税の取り立ては逆に観光客を減少させ、日本国民の海外渡航を抑制し視野を狭め、観光基本法と真逆の政策になることを安倍政権は行おうとしています。

この新税は観光庁以外の省庁も使えるようにするため、観光と離れた目的に使われかねません。
日本人の海外旅行需要に悪影響が出る可能性もある為、格安航空業界を中心に、旅行代金が上がることへの懸念は強い。
日本経済からしたら逆効果の悪政です。

 

弊会は引き続き、特定政治家のみが権力を維持し振りかざす横暴に対する粉砕・脱却することができないポピュリズム政治、政党選挙打破を訴え、国防強化と国民が安心できる社会生活を享受できる社会樹立のために、高い経済成長、国際社会での覇者たる影響力ある日本誕生を力強く訴え、支持を広げていく所存です。

文責:日本未来の会 桑野繁樹

安倍総理よ、尖閣沖防衛線を死守せよ!【傲慢不遜、責任感欠如、国民の意思無視の安倍政権糾弾抗議街宣】

昨日、首相官邸前定例抗議街宣を行いました。

【傲慢不遜、責任感欠如、国民の意思無視の安倍政権糾弾抗議街宣】
日時:平成29年8月23日(水)13時〜
場所:首相官邸前
主催:日本未来の会


【平成29年8月23日】尖閣沖防衛線を死守せよ!【傲慢不遜、責任感欠如、国民の意思無視の安倍政権糾弾抗議街宣】 【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=H8UDYlZGFNw
【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm31799306

ついでに大手保守サイドの新聞記者のことも話しましたが、今回もコソコソ陰で聞いていたのかな?(笑)
キャプチャ7
せっかく批判記事を書きやすいように個人名の幟まで出したのに残念です(笑)


沖縄県の尖閣諸島周辺へ向け出港する、中国の大漁船団
武装した漁師が乗っているとみられ、尖閣の海が緊迫しています。


報道をまとめますと
中国が16日から沖縄県の尖閣諸島周辺での漁業を解禁することを受けて日本政府は中国船などによる領海侵犯が多発する恐れがあるとして警戒を強めています。

政府関係者によりますと、中国政府は日本時間の16日午後1時、東シナ海の沖縄・尖閣諸島周辺海域での漁業を解禁する予定。

昨年8月上旬には200隻から300隻の漁船が尖閣周辺の海域に現れて一部が領海を犯し、漁船に続き中国の海警局の船も領海侵犯を繰り返すケースが相次いだ。
このため海上保安庁が、尖閣諸島周辺での漁業や中国の公船の動向について警戒を強めるとともに、総理官邸では内部に設置している情報連絡室で情報収集や分析にあたることにしています。
武装した漁師が乗って 中国政府がまもなく尖閣諸島での漁を解禁するとしていることから、日本側は領海侵犯などに警戒を強めています。


参照記事のアドレスを記載しないのは報道各社のこの関連記事がことごとく削除されているためです。
いったい何があったのか?興味があるところです。

111
巡視船だけでは限界があるとも指摘され、「尖閣諸島付近に警備員を駐在させる」という案も自民党は民主党政権時代から言っていました。

さて、自民党は野党時代の2012年政権奪還する衆議院議員総選挙の時の政策公約として2012 自民党総合政策集に書かれていますが
尖閣諸島の有人利用と海の有効利用を掲げています。

参照資料
2012 自民党総合政策集
https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/j_file2012.pdf

132  尖閣諸島の実効支配強化と安定的な維持管理
わが国の領土でありながら無人島政策を続ける尖閣諸島ついて政策を見直し、実効支配を強化します。
島を守るための公務員の常駐や周辺漁業環境の整備や支援策を検討し、島及び海域の安定的な維持管理に努めます


しかし政権を奪回して権力を手中に収めて早5年、安倍政権箱の尖閣問題には一切手を触れていない。
安倍総理、尖閣諸島公務員常駐、実効支配強化、有人活用はいつやるのですか?
そもそも行う予定はあるのですか?


覇権侵略国家 中国が狙っている領土領海に対し、実効支配を放棄した政治を行えば当然そこに狙いを定めて侵攻してくる。
当然です。
この危機は今まで実効支配を行う勇気、責任から逃げ続け、中国の侵略を誘発した安倍政権にあります。

素直に公務員常駐、友人活用していればこのようなことにならずに済んだのにそれを行う責任から逃げ回った結果がこの有様です。

ここまで来た以上、中国に屈服して泣き寝入りするか尖閣は我が領土だと言ってそれに近づく侵入者を片っ端から拿捕・逮捕し、日本の国内法で裁き、国際社会に施政権の行使を見せつけるか、二つに一つしかありませんよ。

さあ安倍総理、どちらを選択する気なのか?

拝啓 衆議院議員若狭勝さま ~日本ファーストの会設立を表明を目にした所感~

衆議院議員若狭勝サン
あなたは私の住む選挙区東京第10区での衆議院補欠選挙を自民党から公認を受け立候補し当選されました。

しかしあなた1人の力で当選できたわけではありませんよね?

自民党から立候補して自民党支持層の有権者と約束をし、党員さんやボランティアさんは無償奉仕の活動を朝から晩まで奔走しながら行っていました。
中には仕事や商いを休んで収入を減らしてまでも時間を提供した方もいらっしゃるでしょうし、少ない懐から献金した方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方々の支えがあって初めて選挙活動は行えるものであります。

それに対して候補者は誠の心で返すのが義務ではないでしょうか?

あなたは自民党議員として公約を掲げ立候補しました。
その時の公約、訴えを信じ有権者は選挙応援をして投票した結果、あなたは当選しました。

しかし若狭サン、当選した後はあなたはその信に答えましたでしょうか?

自民党を裏切り、さっさと他政党に逃げ込み、共に自民党に敵対行為を行いました。

好き嫌い、思想、政策の不一致による離反は政界には当然ある行為です。
しかし其れなら何故最初から自民党以外から立候補しなかったのですか?

有権者との約束を反故にし、無償奉仕した方々の想いを踏み躙り、権力を手にする。
ここまでくると公約詐欺行為以上に暴政者のやることと同じですね。

今の社会では廃れてしまっていますが、人と人との繋がりは絆で結ばれているものと私は思っています。
その絆は信と誠でのみ築かれている事を今一度考えて頂きたい。

議員と有権者は縁と絆で結ばれて初めて信用し合いお互い尊重し合う事で政治が円滑に進み、社会生活に活きるものではないでしょうか?

あなたが他党で腕を振るいたいのなら大変結構ですが今のあなたの議席はあなた一人のものではなく有権者が任命したもの、すなわち有権者の議席であります

他党で活躍したいのであれば、まず議員辞職をしたのち、今の立場で信任を受けるか有権者の審判を受けるのが筋ではないですか?

我が都市の代弁者として恥ずかしくない政治行動を行う事を切に望みます。
敬具     
日本未来の会 桑野繁樹

参照記事:日本ファースト設立を表明(ロイター通信)
https://jp.reuters.com/article/idJP2017080701001496
東京都の小池百合子知事の側近、若狭勝衆院議員(無所属)は7日、国会内で記者会見し、次期衆院選を見据えた新党の結成に向け、政治団体「日本ファーストの会」を7月13日付で設立したと発表した。候補者確保のため、政治塾「輝照塾」も発足。9月16日の初回会合の講師には小池氏を招く。小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と連携し、政党として年内の国政進出を目指す。

 民進党から離党する意向を表明した細野豪志元環境相らとも協力し、政界再編に発展する可能性がある。小池氏は7日、記者団に「国政は若狭氏に任せている」と述べた。

自民党今井絵理子議員不倫騒動を見ての所感

私は今井絵理子議員が公認された時から言っていますが、政治家に向いていないですよ。

社会や政治を全く語れない、その前に政治に対する想いや国家ビジョンすら持っていないように感じます。
自身の選挙期間に有権者の質問にも答えられない場面もありましたが理念がなければ当然ですね。

今、自民党が苦戦している沖縄での政治活動で沖縄に寄生する似非沖縄の声に対峙すべき沖縄の声を代弁できる沖縄出身議員ですが、これでは期待するのが無理な話です 。
沖縄で生まれ育った立場から左翼とは違う視点で沖縄問題を訴えることができる自民党議員の中では貴重な存在なのに、もったいないと言うか残念と言うか・・・
本人に素質もそんな意識もなければしょうがない話だと思いますが・・・

現実はそのような理想も使命感も持ち合わせてはおらず、ただ政治家に上手いこと言われて過去の名前で職業議員が転がり込んで来た。
政界の事も知らず経験が無いから脇が甘くマスコミの餌食にされた。
最初に声をかけ、名前で票を稼ぎ、利用し、議員になってからしっかり教育し、面倒見ない自民党の公認を持ちかけた奴こそ無責任で卑劣だと私は思いますよ。

政界がどんなに汚くて怖い場所かよく分かったと思います。

明らかに政治家の資質はないわけだから、1日も早く議員辞職してその枠を他の才覚と志ある人物に譲り、今井絵理子さんは自分の向く業界で頑張りながら女性の幸せを堪能していただきたいと思います。

参照記事:今井絵理子議員の育ての親が辞職勧告
http://news.livedoor.com/article/detail/13424156/
妻子ある神戸市議(37)との不倫騒動で渦中の「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33=自民党)は、いまや“一線を絶対に越えた議員”として世間の嘲笑を受ける存在となっている。
本紙は今井氏の育ての親を直撃。SPEEDデビュー前の今井氏を親身になって面倒を見て、レッスンした「沖縄アクターズスクール」社長は不倫を厳しく断罪したうえで、国会議員としての資質に強烈なNGを出し、事実上の“辞職勧告”となる提言をした。

 今井氏と橋本健神戸市議(自民党)の“略奪不倫”を先週号でスクープした週刊新潮は、2日発売の最新号でも続報を打った。

 橋本氏の妻の知人の話として、スクープ記事の出る27日の1日前に橋本氏が妻側に「会いたい」と急に連絡を取ってきて妻の弁護士に対し、離婚届に判を押すように迫ったという。橋本氏が同誌発売前日に離婚を成立させ、不倫を否定しようとした可能性があることなどをもって同氏らを“追撃”した。

 宿泊先ホテルで橋本氏を迎えた今井氏は、洗いざらしの髪に備え付けのパジャマ姿だったことからも、2人が会見やファクスで「一線を越えていない」と訴えようが、本紙既報通り無理があるのは明らかだ。

 今井氏を4歳のころから指導した育ての親である「沖縄アクターズスクール」社長のマキノ正幸氏(76)も本紙の取材に、今井氏の「一線発言」を「それぞれの大人が常識で考えればすぐわかること」と一笑に付した。

 今井氏の子供時代を振り返り「スクールで今井は良い子だったし、強い意志を持ってたよ。頑張り屋でね」としたが、一方で不倫騒動には厳しい言葉を並べた。

「勉強を怠ってきた子ですよ。芸能界でプロダクションに守られてきたから、自分でモノを考えて、人のために働くというのは無理がある。国会議員になるレベルじゃないのに、人気があるだけで選ばれた子。今井にとっては歌手から次のステージに行くためのプライドを保てただけ」

 普通なら、自民党内から離党や議員辞職を突きつけられてもおかしくない不倫騒動にもかかわらず、今井氏がまだ議員を続けていられるのは“逆風続き”の同党の内部事情があるともみられている。
永田町関係者は「『一線を越えてません』で世間を納得させようなんて甘い。
議員をクビにならないのは、今井氏が党内では人気取りの客寄せパンダの1年生にすぎないから。本当は今井氏を党公認で出馬させた党執行部の責任も追及されないといけないんですけどねぇ」と呆れ顔で語る。

 マキノ氏は議員辞職について「僕があれこれ言う必要ない」としたものの「今井には政治の世界は無理なことなんてみんなわかってる。
今までたくさんの議員が浮気や不倫をしたけど、あそこまで無防備な議員はいない。
(そういう恋愛体質が)芸能界にいたころによくバレなかったよね。それが不思議だよ」と皮肉った。

 マキノ氏は今井氏の議員としての資質にも強烈なNGを出した。

「私がスカウトしたのは安室奈美恵だけです。安室が10歳のころ、4~5歳の今井が安室に憧れて入ってきた。あの頃の安室はちびっ子のど自慢で活躍してた。その安室を見て『この人はなんでこんなにすごいんだろう』と思って入ってきたのが今井。ただ、安室でもSPEEDの他のメンバーでも国会議員は無理ですよ」

 ならば今井氏が国会議員を自ら辞めて、芸能界に戻れば、返り咲けるのか? 

 マキノ氏は「芸能界でも無理! あの子はプロダクションと曲の力で売れた子だから、これから大衆に評価されるレベルで歌を歌うのは誰が考えても厳しいですよ」。

 そこで提案したのは“原点回帰”だった。

「子供たちに歌を教えるんでもいい。名前も売れてるんだから」と言いつつ「ただ議員はまずいでしょ。不倫でダメだったんだから。やめといたほうがいい」と“辞職勧告”まで飛び出した。

 今井氏には橋本氏への妻への謝罪や、不倫議員のレッテルを貼られた今後の政治生活が待っている。
今井氏とはスクール卒業後、一切の連絡を取っていないというマキノ氏だが育ての親として「自分で考えなさい。知恵を絞るしかないよ」と徹底して厳しいエールを送るのだった。

★沖縄アクターズスクール=1983年に開校。「SPEED」だけでなく、安室奈美恵(39)や「MAX」、今では人気女優に仲間入りした満島ひかり(31)の「Folder」と「Folder5」、女優・黒木メイサ(29)ら、そうそうたるタレントを輩出している。
 現在は事業を縮小しているというが、マキノ氏は「沖縄アクターズスクールの名前は残しているが、一般の生徒はもう募集していない」。現在は人づてに紹介された少女が5人在籍するのみ。小さな事務所でダンスレッスンをしているという。
「生徒が1人に、16歳の4人組グループ『Precious J』を結成して育てている。英語のカバーで歌って踊るアイドルです。第2のSPEED? アハハ、そうですね。今の日本の中でも一番いいグループです」と胸を張る。

第3次安倍第3次改造内閣が発足を受けての声明【日本未来の会】

平成29年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣が発足しました。

安倍晋三首相は今回も会見で「1億総活躍社会」の実現を掲げ、【デフレからの脱却】・【地方創生】・【積極的平和主義】・【人づくり革命】といった単語を出し、【5年前に日本を取り戻すと国民の皆様と約束した時の強い使命感と高い緊張感を思い出しあの原点にもう一度立ち返る】と目標を掲げました。

しかし5年前の公約をことごとく破り、国民を裏切ってきたのが現在の安倍政権です。
この事に対し支持者からは
安倍さんは本当にやりたい政策がやりたくてもいろいろな圧力でできないんだ!
その為に安倍さんをもっと国民は支援して、やりたいことが出来るように地盤を強固にするのが国民の務めだ
と言う声が聞こえましたが衆参で絶対安定数を誇る自民党がこれ以上どんな力が足りずに望む政策が出来ないのか?と言う疑問に自民党および支持者は一切回答していません。

【しっかりと結果を出すための力強い布陣】と総理は言っておりますが、昨今問題になっている外交面、ミサイル攻撃で恫喝している北朝鮮日韓合意を破棄し慰安婦詐欺で強請り行為を繰り返し竹島侵略を継続している韓国連日領海領空侵犯を繰り返し尖閣諸島侵略、地下資源盗掘を続ける中国に対し河野国賊談話の生みの親である河野洋平の子息河野太郎を任命したことの意義は全く理解できず、安倍内閣は土下座外交を推し進める計画か?と危惧します。

今回の人事で唯一光を感じるのは東日本大震災時に被災地と無能民主党菅政府のパイプになり活躍した小野寺五典防衛大臣就任です。
稲田前大臣によってズタズタに破壊された外交で危機的状況である日本の防波堤の役目をしっかり整備して防衛力維持に努めていただくことを切に願います。

総理は力強い布陣と言っておりますが要は挙党内閣、派閥均衡人事に思えてなりません。
支持率低下から見る今の政権の衰退を見るとアメリカのジョージWブッシュ政権晩期を連想してしまうのは私だけでしょうか?

この安倍改造内閣も晩期ブッシュ政権同様やりたいことが出来る地盤0の【意志薄弱八方美人内閣】のまま解散総選挙になだれ込むのではと見ています。

我々は、新しい内閣ですので何もする前から批判糾弾をするような大人げない行為はする気はなく、正しい軌道を進む国家運営を切に望みますが、野党時代に掲げていた理念、政策、公約を厳守する姿勢から外れた政権運営を行ったときは厳しく糾弾して日本の歩む道を正していく所存です。

文責:日本未来の党 桑野繁樹

ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター