日本未来の会ではただ、政党等、他組織が作成した憲法草案にケチをつけるだけでなく、浅学無知の愚か者ながら他を批判する者の責任として新憲法試案を公表してまいります。
私どもが新憲法試案を公表など、身の程知らずで僭越の極みでございますがご指導の程、よろしくお願い致します。
 


新憲法試案
前文


日本国民は神々による国生みにより海の恵みと美しい島々を賜り、建国以来、天皇陛下を戴くことで、「誠」の国としてその国柄を綿々と受け継いできた。

日本国の国體の精神はお互いに手を取り、助け合い、相手を思いやる人と人とのつながりにあり、外国の支配型縦社会とは大いに異なり、和を尊び、多様な思想や文化を受け入れつつ、独自の伝統と文化として育み、継承し、今日に至るまで多くの危機を一致団結し乗り越えてきた。

日本国は、国民が主権を持つ民主主義国家で、国政は国民の信託に基づき、国民の代表が担当し、その成果は国民が受ける。

日本国は、自由、民主、人権、平和、国際協調を国の基本として堅持し、国を愛する国民の努力によって国の独立を守る。

日本国民は、正義と秩序による国際平和を誠実に願い、いわれなき非難や不当な侵略による名誉の毀損や人権侵害に対しては厳しい態度で臨み、国際社会とも協力し、国民の生命、財産、安心安全な社会生活を守るために不断の努力を行う。

日本国民は、自由とともに公正で活力ある社会の発展と国民生活の充実を図り、教育の振興と文化の創造と地方自治の発展を重視する。

日本国民は、自然との共生を信条に、美しく豊かな地球環境を守るため力を尽くす。

日本国民は、大日本帝国憲法および日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し、現在の国民とその子孫が、世界の諸国民とともに、さらに正義と平和と繁栄の時代を内外につくることを願い、人類社会の模範的先駆者として日本国主権者たる日本国民の名においてこの憲法を制定する。