私が4月に行われた統一地方選挙に出馬し、最下位で落選したことはご存知だと思います。

(豊島区だけではなく23区内で最低得票数の桑野でございます(笑)とウケ狙いの自虐ネタを言っていましたが実は最下位ではなかった模様です)

 

直後だと落選したひがみ逆恨みだと思われるので黙っていましたが、もう時間も過ぎましたので笑いのネタとして話してもいいかな〜という事で、区議会選挙の時にやられた地味〜な嫌がらせ妨害について話そうと思います。

加害者は日頃「愛」だ「救い」だ「天使」だとほざいているあの政治団体です。

 

最初に断っておきますが、この行為で落選しただの、票が減っただのと言うことは一切思っていません。

それはあくまで私の候補者としての魅力不足、努力不足の結果であると思っています。

 

しかしこのような行為を放置して選挙でのモラル低下になることは日本国民一人一人の立場から見ても有益ではありません。
参議院議員選挙が行われている現在、選挙活動のモラル改善につながればと思い、投稿させていただきます。

 

 

さて選挙中、幸福実現党にプチ妨害?されました。 

 

最終日、選挙活動も大詰めを迎え、巣鴨駅前で自転車に拡声器乗せて駅前で演説していたらいきなり幸福実現党選挙カーがやってきて「すみません、隣でやらせてください」といい10mの近距離でいきなり選挙カーの大音量で連呼し出しました。

どういうことになるか分かりますよね。

当然私の手持ちの拡声器の声はかき消され、さらに10人ほどで駅前をジャックし、怪しい?(これは言いすぎか)ビラを配り出す始末。

ぱっと見、通行人の方々から見たら私も幸福実現党陣営に見られてしまいますよね。(それはとってもイヤだなぁ)

 

 これが日頃、愛だ、寛容だ、正義だ、神だとご高説垂れている連中の行いですよ。

幸福の科学アンチと言われている方が感情的になる気持ちが分かる気がする体験でした。 

 

もし、自分たちが同じような行為をされたらどのように思うでしょうか?
妨害だ!言論封殺だ!訴えてやる~!と人一倍眉を吊り上げて怒り狂うのではないでしょうか?

よく政治は~と言いますが、政治云々以前に人として恥ずかしくない言動あってこその政治であり、有権者の代弁者である政治家だと思います。

 

区議会議員選挙は狭い豊島区を60人近い候補者が遊説活動する各陣営ともに厳しい選挙です。

 

しかし限られた場所と時間、各陣営ともお互い場所を譲りながら配慮し合い、有権者に対し少しでも多くの判断材料を提供することを念頭に持って活動されていたように思います。

 

日頃幸福実現党関係者、支持者が散々悪人扱いして非難している共産党や公明党の候補者陣営だってこんな事しないで紳士的な態度で選挙中接していただきました。

 

それをあの党は・・・

人を批判できるだけの人間としてのモラルを自分たちは持ち合わせているのでしょうか?

 

ちなみにここからはウケ狙いの笑いネタになりますが、選挙が始まるずっと前ここの党首様は私に「党として出来る限り御支援させていただきます」という事を言いながら実際は何もしないだけか、逆に対立候補をぶつけてきました

正直ご支援を〜と言われてイヤだな〜困ったなぁどう断ろうかと思っていたので結果は良いのですが

 

 しかし、自分から言い出した事を無かったかのように振る舞い、反対に攻撃してくる詐欺のような行為にこの団体の人間性、倫理観が見えというものです。

 

政治とは特別なものではありません。

 

朝起きて部屋を出て、電車に乗り、仕事をし、お昼ご飯を食べて仕事に戻り、また電車に乗って我が家に帰り家族との時間を過ごす。

このすべてにかかわる事すべてが政治なのです。

民主主義において日本の国の主権者、権力者は政治家でも役人でもなく、国民が日本国の主権者権力者であり、政治家は国民に雇われた期間限定付きの契約社員にすぎません。


選挙とは主権者たる国民によって日頃の政治家の仕事ぶり、政界に対し審判を下す神聖な行為です。

 その選挙に関わる人間は政治家以前に人として恥ずかしくない行動を心掛けるべきだと思います。
それが有権者の方々に対する最低限の礼儀です。

そのような目で私たちの代弁者である議員を選ぶ選挙であってほしい、有権者として胸を張って政界に送り込める議員を誕生させてほしいという願いから今回、私が選挙に出馬した時のことを書かせていただきました。

皆様はどうお感じになったでしょうか?