最近、また日本古代史を読み直しています。

幸い昔から古事記、日本書紀といった神話の本に親しんでいたのと、中国【史記】を読んでいたので少しだけ頭の中に残っているので調べだすと飽きないのですが、なかなか面白い共通点もあったりします。

今まで学校でも当たり前のように教えられ、思ってきた朝鮮半島を経由しての稲作文化の伝来に?が感じられたりもします。

日本に稲作が伝来し弥生時代が幕を開けた時、中国で何があったかといえば、春秋五覇の一つ、越の国の滅亡と春秋時代から戦国時代への移行

越の国はいわゆる漢民族とは違う文化風習の民族で漢民族から見たら蛮族と見られていた民族。

その民族が国家の崩壊と共に日本に逃亡したことが稲作技術の伝来につながったのでは?と私は考えます。

・理由はこの越民族の風習、文化が【魏志倭人伝】で書かれている倭人の特徴とぴったり重なる点

・弥生時代に銅が利用され始めましたが、越民族は銅の生成技術に秀でていた点
1920p

中国春秋時代後期の越の王「勾践」保有していたといわれている名剣。
1965年12月湖北省江陵県(現在の荊州市荊州区川店鎮)の望山1号墓より出土した。
2千年以上経過したにも関わらず腐食する様子も無く、今でも鋭さを保っている。
原因を探るためにX線回折法で分析したところ、剣本体は、柔軟で折れにくい銅で作られており、刃の鋭さを維持し硬くするため錫が多く含まれる。
表面の模様には硫黄が多く含まれ変色を抑えていることが判明した。
この結果から、化学組成が空気を遮断する鞘と同じ効果を発揮し状態のよい保存となった可能性が高いと考えられる。

 

・中国北部にいる漢民族の主食は麦であり、南方民族である越は米を主食として稲作文化に秀でていた点。

 

・仮に越民族が日本に集団移動するとした場合、当時の戦国時代、楚、斉、魯、燕といった敵国が関所を設けて厳重に目を光らせている中を移動して朝鮮国内に入り、さらに朝鮮半島から日本に移動するような危険な事をしないだろうなと思います。
Goujian
勾践(こうせん)中国春秋時代後期の越の王で春秋五覇の一人

 

まあ、確実な証拠も無い個人的な妄想の域を出ない与太話ですが、時間があれば記事としてまとめてみたいなとも思います。

ちなみにノストラダムスの予言書には日本民族はギリシャ神話オリンポス十二神の一人、ヘルメスの血を引く民族と書かれていますが、見方としては日本にきた渡来人の中に古代ギリシア人がいたとも受け取れます。

そう考えてみると、なかなかロマンある話になりますね。

皆様はどうお感じになるでしょうか?