参照記事:
中3自殺、メモ隠蔽を指示=「事務処理煩雑」と神戸市教委担当者

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060300465&g=soc

2016年に神戸市垂水区の市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、他の生徒から聞き取ったメモがあったのに、市教育委員会の担当者が当時の校長にメモの隠蔽(いんぺい)を指示していたことが弁護士の調査で分かった。市教委が3日、記者会見して公表した。

 調査報告書によると、教員らは女子生徒が自殺した5日後、他の生徒6人と面談。具体的ないじめ行為などを記したメモを作り、校内で保管していた。
 
しかし、当時の校長は17年3月、市教委の首席指導主事の指示に従い、情報開示を求めた遺族に「メモは存在しない」と回答。遺族が神戸地裁に申し立てた証拠保全の手続きでも、メモを提出しないよう指示した。
 
報告書は、首席指導主事が「メモが明らかになれば、再度の情報開示請求で事務処理が煩雑になる」と考え、当時の校長も「遺族の反応を心配し、メモをないことにしてやり過ごしたいと思った」と推認。一連の行動を「誤った対応で非難されるべきだ」と結論付けた

 

参照記事:神戸・中3自殺 市教委、校長にメモ隠蔽指示「先生、腹くくってください」

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011321980.shtml


事務処理が煩雑になる-。2016年10月に神戸市垂水区で起きた中学3年の女子生徒=当時(14)=の自殺を巡り、神戸市教育委員会の首席指導主事が当時の校長に、直後の聞き取りメモの存在を隠蔽するよう指示した理由は、遺族にとって「信じられない」ものだった。何度も訂正する機会はありながらうそにうそを重ねた対応に、市教委幹部らは「縦割りなど組織的風土の問題」とうなだれた。

 問題の発端は、17年1月の情報開示請求だった。当時、一貫して遺族対応に当たっていた首席指導主事。市教委によると、メモは重要視していなかったとみられ、遺族に渡された資料に含まれていなかった。

 同2月末、不審に思った遺族が改めて情報提供を求めたが、首席指導主事は当時の校長に「いまさら出すことはできない」などと隠蔽を指示したという。再度の情報開示請求や、第三者委員会の報告書完成が遅れることを恐れたとされ、遺族との関係悪化を心配した校長も同意した。

 同3月に神戸地裁が証拠保全決定を出し、事態はさらに複雑化。提出しなくていいか尋ねた当時の校長に、首席指導主事は「先生、腹くくってください」と隠すよう促したという。さらに、こうしたやり取りについて、上司らに相談や報告をしなかった。

 昨年8月、現校長がメモの存在を市教委に報告した後も、首席指導主事は「メモは存在しないはず」と答えたという。事態を把握した上司らも内容は第三者委の報告書に反映されている」などと、メモを半年以上放置した。

 遺族は「首席指導主事は遺族の窓口となる立場で、なぜこんな対応をされたのか信じられない」とし、市教委の一連の対応についても「本当に個人の責任なのか」と憤った。

この件に関しまして憤りしか感じません。

よくいじめ問題という言葉を聞きます。
いじめはいつの時代にもあって、今始まった問題ではありません。

なぜ、一切改善されずにいるのでしょうか?

いじめというものは被害者が存在します。
同時に加害者が存在します。
そしていじめという行為が行われた場所、学校が存在します。


仮に私たち第三者が学校で起きたいじめ行為に対して学校に乗り込み、いじめ問題を解決しようとしたら学校側はどうするでしょうか?

必ず
「いやいや、学校内で起こったことは学校で解決しますので部外者である皆様はどうかお引き取り下さい、えへへっ」
と排除されるに決まっています。

学校側がそうするのであれば、学校内の大人である教師や学校関係者が身を挺していじめ問題解決に動くべきですが実際学校関係者がとる行動は、自分の身を守るためにいじめ問題から目を背け、助けを求める被害者の声を握りつぶしているのが現状です。

そもそも いじめ というひらがな3文字で表現されると罪の意識なく軽い行為だと思ってしまう部分もあると思います。
加害者の意識としてはおふざけやいたずらの延長ぐらいの意識でやっていて罪の意識を感じられない。これがいじめ行為を誘発する要因だと私は思いますが社会に出て同じ行為を行ったらいったいどういうことになるでしょうか?

・集団で弱い立場の人間を暴行し、肉体を傷つける。
 これは暴行傷害罪で犯罪です。

・集団で弱い立場の人間を脅し、金品を要求する。
 これは人の財産を脅迫して奪う、恐喝罪、強盗罪で犯罪です。

・集団で弱い立場の人間を精神的に追い詰めて心を傷つけて怯えさせて嘲笑う。

 これも心を故意に傷つけているので暴行傷害罪で犯罪です。

これらを社会で行った場合、犯罪行為を行ったとして警察の逮捕され、法の裁きを受けます。

なぜ同じ行為を行っても社会で行った場合は逮捕、裁きを受けるのに学校内で行った場合は罪に問われないのか?

こんな理不尽なことがあるでしょうか?

いじめで自殺するという話もよく聞きますが、自分の命を奪う勇気があるなら逆にイジメた人間の人生をズタズタにしてやれ!ということも言いたくなりますが、まぁそんなこと言っては怒られてしまいますので(笑)、周囲の大人が助けてくれないのなら自殺する勇気を警察に駆け込む勇気に変えてもいいのでは?と思います。


教師、学校関係者が救いの手を差し伸べない以上、学校内であろうが犯罪に対しては警察が迅速に対応するという状況を政治が作ればいいだけだと私は思います。


そして警察がいじめ被害者を救済できるようにするのは政治の役目ではないでしょうか?


しかしこのような陰惨ないじめ事件が起こるたびに政治家は
「いじめは犯罪です」
「いじめは許せません」

といった抽象的なこれを言っておけば問題ないだろう的な発言をするだけで、まったくいじめ問題解決に対して何の意味のない発言をして終わります。

私のような無力な一国民がこの言葉を言うのなら構わないと思いますが、現職の議員がこの言葉を言うことは許せないと思います。

なぜなら、現職議員は法律や条令を整備し問題を解決する力を持っているからです。

その力を持っていて無意味な抽象的な発言でごまかすのは職務怠慢であり、いじめ加害者と同罪です。


そのような対策も全くしないで選挙前だけ、いじめ問題が~とかお涙頂戴話をしてポイント稼ぎをする現職議員を見ていると、ケッ、偽善者詐欺師が!と思ってしまいます。
DfiQKa1UYAA4ATR


主権回復を目指す会 西村修平代表のブログ
西村修平が語る日本イズム 大津いじめ事件を考える より引用
http://nipponism.net/wordpress/?p=16766
【市教委に見る日本人の劣化】

大津いじめ事件だが、報道による限られた情報にたよるしかないが、その通りだとすれば教師、市教委などの対応の杜撰、デタラメ振りにただただ唖然とするばかりである。

昨今、日本人の知の劣化があらゆる分野に浸透している現象の一つと認識すれば、教師、市教委などの無責任は何も今に始まったことではなく、日本人の劣化があらゆる分野に浸透している具体例と見ればいい。

大人の結果責任に対する無責任はそのまま子供の世界に反映する。子供の世界には単純に反映するのではない。二重三重に拡大してもっと質(たち)を悪くさせて反映する。複数で、特定の人物への金銭にまで及ぶ恐喝めいた行為などは犯罪であって、警察による毅然とした捜査結果を待つしかないし、それに期待するしかない。

【イジメの最良策は反撃にあり】

そもそもイジメにまつわる事件は、通り魔的な偶発的な一回性の事件と違う。恒常的に特定の人物に対して、精神と肉体に加えられる暴力行為、つまり継続的に、執拗に加えられる暴力である。

自殺した中学生を仮にA君とする。加害者の中学生が始めからA君に犯罪行為となる恐喝を行ったのではない。最初は単純な嫌がらせからだった。初期の嫌がらせに、A君が毅然とした態度で加害者へ対峙しなかった。自分がボコボコにされようがある時点で、暴力をふるう相手の指を食いちぎってやるとか、相手の鼻が骨折する位のパンチを見舞うなどすれば、もう二度と連中はイジメに関わったりしなかったろう。

加害者にとってイジメとは「鬱憤晴らし」であって、楽しくなければならない。10回に1回でも、反撃を食らい“傷”を負っては何の「鬱憤晴らし」、楽しみになろうか。二度と手出しなどしない。反撃する奴には絶対手を出さないのがイジメの世界の法則だ。イジメに対する最大の対策、防御は反撃しかない。

自然界におけるサバンナでも同じである。草食動物が子と群れを守るために角を振り向けて突進すれば、ハイエナやライオンなどの肉食動物でさえたじろぎ退散する。テレビ・ドキュメンタリーで良く目にする光景ではないか。窮鼠(きゅうそ)猫をかむ、皆が知っている。

【イジメを増長させた無抵抗】

当初、A君は加害者へ無抵抗を、さらには迎合する態度で加害者の顔色を伺った。それでイジメが和らぐどころか、ますます加害者を増長させ、イジメが激しくなる。清涼飲料水のおごりに始まって高価な物品へ、行き着く先は金銭まで要求されるなどと、徹底的にしゃぶり尽くされてしまう。

その場その場のイジメを凌(しの)ぐ先送り、事なかれ主義がついにはA君を自殺にまで追い込んでしまった。加害者の肩を持つものではないことを断ってだが、連中はA君が自殺にまで走るとは思いもしなかったろう。

イジメられ自殺までするなら、A君はなぜ加害者を道連れにしなかったのか。死ぬならもろとも、加害者の数人でも道連れにする気力はなかったのかと。

当事者である被害者のA君が声を発しない。発したとしても、その声は余りもか弱くて、危険を知らせる“悲鳴”として周囲に響かなかったか。死者に鞭打つ気は毛頭ないが、諸々の条件下でA君は余りにも弱すぎた。
(引用以上)

同感です。
自分の身が安全に事がなせるから行う。
いじめ問題と国防問題は類似点があると思います。

スキが無ければ、敵はしかけてこないです。
反撃される怖さがあれば、敵はしかけてこないです。


いじめの最大の防衛は反撃であり、いじめ悪化の最大の原因は無抵抗だということは認識していただきたいと思います。

そしてご自身のお子様がいじめにあった時、助けられるのは親御さんだけであるという事。

よく、『子供のこれからを考えて学校や教師と事を荒立てたくない』と子供に忍耐を強要する保護者もいますが、いじめ問題が解決するためにいじめを発生させて保身のために目を背けている学校、教師、教育委員会に対し、戦いを挑む覚悟、気概を持っていただきたいと思います。

忍耐を強要し無抵抗を貫いてもいじめが解決するどころか、学校関係者が保身のためにいじめ問題から逃げている以上、いじめはエスカレートしていき、行き着く先は社会生活障害、引きこもり、自殺への道です。

お子様の未来がその道へ進んでも学校、教師に気を使って黙ってていいのですか?

いじめ問題の一番の解決は「断固いじめ問題と戦い粉砕する」これしかないです。


最後に私が講演を聞きに行き、形だけいじめ相談員(←相談解決の経験がないので)として在籍させていただいているいじめ問題解決団体をご紹介いたします。


いじめから子供を守ろう ネットワーク
http://mamoro.org/
2012poster
もし、ご自身のお子様がいじめ被害者となってしまって親御さんご自身での解決が難しい場合、ご相談されてはいかがでしょうか?

文責:日本未来の会 桑野繁樹