赤松広隆衆議院副議長の皇室神事侮辱発言を質す街宣行動
日時:平成30年1月11日(木曜日)
場所:衆議院第二議員会館前
主催:日本未来の会


【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=UMubhpIwf5U

赤松広隆衆議院副議長は皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと皇室侮蔑発言を行いました。

参照記事:皇室会議で赤松広隆衆院副議長「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」など発言 不適格者は相当にいそうだ 
http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html
▼その昭和天皇も現天皇陛下も、国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、「元日は早朝から重要行事が続く」との宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。
▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。産経新聞の取材では、常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」「年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。

平時の時はやたらと尊王だ、皇室だ、不敬だ、大御心がと、いきり立っているネトウヨ保守の人間はこの事については一切触れずスルーなのか?
日頃のネット世界だけでの威勢のよさはどこへ行った?

この事についてfacebook友達である梶浦直樹さんが北海道から単独で立憲民主党赤松広隆衆院副議長に対し糾弾活動を展開しています。
梶浦さんのブログより
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_21.html
立憲民主党の赤松が「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと発言した。とんでもない皇室軽視発言だ。こんな奴が皇室会議とは笑わせる。元々衆参両院の議長、副議長が自動的に皇室会議の議員になるということらしいがもう少し見識のある人物だけでやるべきではないか。こんな国家観もなく反日的な人間は仕組みを変えて排除するべきだ。
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_23.html
ついこの前、赤松の皇室軽視発言についてブログに書いた。しかし、インターネットでグチグチ書いていても仕方がない。それこそ言われるところの◯◯ウヨと大して変わらない。思い立ったら吉日ではないが、国会の赤松事務所に電話を入れる。当然本人はいない。出たのは事務所の女性だった。まず此方の素性を明かさなければただのクレーマーになってしまうので「札幌の梶浦と申します」と名を告げる。そして本題に入る。この赤松の発言でどれほどの電話があったのかは知る由もない。
事務所の対応は、「そのような趣旨ではありません」「そのような発言はしておりません」「そのような意図は御座いません」の一点張りであった。言っておきますが、私は一切怒鳴ってはおりませんよ。常に低姿勢に、静かにお話をしましたからね。電話のやり取りをここで書くわけにはいきませんが、私の方からは、何も感じない国民もいるのかもしれませんが、こういった発言をとても不快に思う国民もいるということを忘れないでくださいということと、発言をしていないのなら直ぐに公の場で発言を撤回し、何らかの対応をして下さいということです。でなければ何度でも抗議をしますよと伝えました。
(引用以上)

そういう意図、そういう趣旨ではないのであれば、どういう趣旨だったのか電話した梶浦さんに説明すればいいだけの事ですがそれもしない。
国会では内閣に説明責任をと追及している政党の最高顧問だった人間の態度ではないですね。

さらに赤松衆院副議長は衆議院のHPでこのようなあいさつ文を掲載しています
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/message-fuku.htm

主権者である国民の皆さまからの様々な声にしっかりと耳を傾け、立憲主義、民主主義に則った議会運営に努めるとともに、「開かれた」国会を目指して取り組んでまいる所存です。

しかし実際の赤松事務所の対応はこんな感じです。

http://77997209.at.webry.info/201712/article_26.html

事務所の対応が酷いものだった。受話器を取り、そのまま放置である。電話の向こうでは来訪者なのか話し声が聞こえる。散々待ち、やっと電話に出る。

 

「何も話すことは御座いません。何度お電話いただいても皇室会議のことはお話が出来ません」の一点張りである。何も私は皇室会議の内容を話してくださいと言っているのではない。

「何も立憲民主党だからといって私は言っているのではありませんよ。自民党だろうとなんだろうとこう言った発言は控えるべきなんです」と言うと、女性は「いえ、無所属です」との返答。

「無所属だろうとこのような発言はするべきではありません」と言っても「ですからこの件に関しましては一切お答え出来ません」とまた同じセリフである。

発言をしていないというのならばそれはそれでよい。ならば何故発言の撤回及びマスコミへの対応をしないのか。私が言っているのはそこの部分で何も難しいことではない。

民間企業でこのような電話応対でしたら大炎上ですよ。
そのようなことはないのでしょうが、国会議員事務所スタッフ全体の対応モラルはこの程度なのか?と勘ぐりたくなってしまいます。

「いえ、無所属です」と言っていますがそれは議会システム上の話であって、任期が終われば立憲民主党所属になるわけですし、その前に先の衆議院議員選挙では立憲民主党の公認で選挙を戦っている
そのくせに国民からの問いにこのような詭弁を言うのは
有権者への冒涜、詐欺行為ではないのでしょうか?


先の東日本大震災でも天皇陛下は「東北へは私が行きます」とご自身の体調よりも被災された国民を心配され現地に向かわれました。

その時の政権与党はどこだ?民主党ではないか!

皇室に対し侮蔑発言をする赤松副議長は震災時どれだけの活躍をしたのか?

国民に説明しろ!

赤松

赤松広隆は心ある国民の質問に対し説明責任から逃げるな!

赤松広隆は皇室の神事に対する侮蔑発言を撤回せよ!

赤松広隆は皇室に対し侮蔑発言を謝罪せよ!