アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市のリー市長は11月22日、中国系米国人らの団体が設置した旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を受け入れることを承認しました。

これにより、慰安婦像は正式にサンフランシスコ市の所有物となりました。

アメリカの公共施設に慰安婦像が設置されるのは、カリフォルニア州グレンデール市とジョージア州ブルックヘブン市に続いて3か所目になります。

0171123at05_p
現地民間団体が米サンフランシスコ市に設置した慰安婦像


この問題はサンフランシスコ市で慰安婦像と碑文が設置され、サンフランシスコ市議会が「慰安婦の日」を制定する決議案を採択したことに関し、承認されないようにサンフランシスコ市と姉妹都市関係にある大阪市が9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を大阪維新の会が提案し、自民、公明、共産各党は反対した。

結果、9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を賛成少数で否決した。

採決前の討論で、自民議員はサンフランシスコ市での像設置について遺憾の意を表明。
しかし、外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張した。

 一方、維新議員は5月議会でも同様の決議案が否決されたことに触れ、「否決の事実は、慰安婦像を容認するという誤ったメッセージにつながっているのかもしれない」と懸念。
姉妹都市としての関係を続けていくため、議会として問題を放置せず意思を表明することが重要だと強調した。

共産党が反対するのは仕方がないとして、自民党議員がこの件で反対することに対して日頃から安倍政権を批判することに目を尖らしている御用記者阿比留サン他『I LOVE 安倍』な保守陣営の皆サマはどうお感じなのでしょうか?

自民党議員のお家芸である【遺憾の意】を発動したうえで【外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張】と言いますが、ならばこの発言をした自民党議員に問いたい。

以前、自民党は選挙公約の外交の項でこのように勇ましい約束を国民と交わしています。
【虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉、国益を回復するために行動します】

外交問題である慰安婦像設置問題に対し今まで国、すなわち政府が何か動いたのか?
全く動いていないではないか!


国が全く動かず、日本国民の名誉が汚され、現地日本人が肩身の狭い思いをしている姿を見るに忍びないために姉妹都市の大阪市が決起したにもかかわらず、本来動くべき自民党が反対し、決議案は否決してしまいました。
自民党の行動は、「
再検討なんか必要ない!どうぞどうぞ、どんどん慰安婦像を設置してください。日本人を性奴隷民族と貶めてください」というメッセージを国際社会に送っている許しがたき愚行蛮行であり、決して許せるものではありません。

私のような批判から逃げるためか?「
像設置や慰安婦の日制定には賛同しない」と言っておりますが、こんな無責任な発言はないでしょう。
賛同しないがサンフランシスコ市に対して反対の声も上げない。
こういう輩を厚顔無恥の卑怯者と言う。


自民党議員と違って大阪市吉村洋文市長は決断から逃げることなく大ナタを振るっています。

参照記事:来月中旬にも姉妹都市解消=サンフランシスコ慰安婦像設置で-吉村大阪市長
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400338&g=pol

大阪市の吉村洋文市長は24日、慰安婦像を設置した米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消について、市議会が閉会する12月12日以降に市幹部会議で決定し、文書でサンフランシスコ市に通知する考えを示した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。

吉村氏は「(慰安婦像設置で)高度な信頼関係は崩壊した。像を設置した状態で姉妹都市を続けるより、解消する方が大阪市にとってプラスだ」と述べた。今後、姉妹都市として行う学生派遣などの交流事業について「税金の投入は行わない」と明言した。
wst1709270067-p1
米サンフランシスコ市との姉妹都市解消を明言する吉村洋文大阪市長

参照記事:米サンフランシスコ市に慰安婦像「遺憾」=菅官房長官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400393&g=pol 
偉官房長官は24日午前の記者会見で、米サンフランシスコ市長が慰安婦像の寄贈受け入れを承認したことについて、「わが国政府の立場と相いれず、極めて遺憾であり、誠に残念だ」と述べた。その上で「この種のことが再び起きないよう、引き続きあらゆる努力を行っていきたい」と強調した。
同市との姉妹都市解消を吉村洋文大阪市長が表明したことに関しては、「言及は差し控えたい」と論評を避けた。


またお得意の【遺憾】ですが、本当に遺憾の意を突き付けるのはサンフランシスコ市よりも自民党議員、しいては親分の安倍晋三ではないのか?

安倍談話」でありもしないことを謝罪し、国際社会に【性奴隷制度】をPRし、「日韓合意」で【国民の税金10億円】を拠出して、慰安婦財団設立させたのは
安倍晋三日本国総理大臣自身であります。
その為、彼ら慰安婦ビジネス連中はますますエスカレートしてるわけです。

大阪市の自民議員も同罪で、与党である大阪維新の会を攻撃し自分たちの手柄をアピールするためには内容なんて関係ねぇ!維新の会の決議案は潰してしまえ!という醜い政争しか見ていない。

自民党議員には、政治的信条も日本を守ろうとする気持ちも存在しない。
あるのは、醜い権力欲だけだ。

こんな政治家、日本社会に必要なのか?


慰安婦像とともに設置される碑文には、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女」などと事実無根の内容が含まれている。
これを粉砕するために戦う議員こそ日本に必要な政治家ではないでしょうか?

サンフランシスコ市は、嘘八百な碑文よりこのような真実の碑文を受け入れる事を私は強く要請致します。
(製作者の方に無断で使用してすみません。)

真実の碑文

文責:日本未来の会 桑野繁樹