2017年11月

アメリカ・サンフランシスコ市慰安婦像設置に対する所感

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市のリー市長は11月22日、中国系米国人らの団体が設置した旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を受け入れることを承認しました。

これにより、慰安婦像は正式にサンフランシスコ市の所有物となりました。

アメリカの公共施設に慰安婦像が設置されるのは、カリフォルニア州グレンデール市とジョージア州ブルックヘブン市に続いて3か所目になります。

0171123at05_p
現地民間団体が米サンフランシスコ市に設置した慰安婦像


この問題はサンフランシスコ市で慰安婦像と碑文が設置され、サンフランシスコ市議会が「慰安婦の日」を制定する決議案を採択したことに関し、承認されないようにサンフランシスコ市と姉妹都市関係にある大阪市が9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を大阪維新の会が提案し、自民、公明、共産各党は反対した。

結果、9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を賛成少数で否決した。

採決前の討論で、自民議員はサンフランシスコ市での像設置について遺憾の意を表明。
しかし、外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張した。

 一方、維新議員は5月議会でも同様の決議案が否決されたことに触れ、「否決の事実は、慰安婦像を容認するという誤ったメッセージにつながっているのかもしれない」と懸念。
姉妹都市としての関係を続けていくため、議会として問題を放置せず意思を表明することが重要だと強調した。

共産党が反対するのは仕方がないとして、自民党議員がこの件で反対することに対して日頃から安倍政権を批判することに目を尖らしている御用記者阿比留サン他『I LOVE 安倍』な保守陣営の皆サマはどうお感じなのでしょうか?

自民党議員のお家芸である【遺憾の意】を発動したうえで【外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張】と言いますが、ならばこの発言をした自民党議員に問いたい。

以前、自民党は選挙公約の外交の項でこのように勇ましい約束を国民と交わしています。
【虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉、国益を回復するために行動します】

外交問題である慰安婦像設置問題に対し今まで国、すなわち政府が何か動いたのか?
全く動いていないではないか!


国が全く動かず、日本国民の名誉が汚され、現地日本人が肩身の狭い思いをしている姿を見るに忍びないために姉妹都市の大阪市が決起したにもかかわらず、本来動くべき自民党が反対し、決議案は否決してしまいました。
自民党の行動は、「
再検討なんか必要ない!どうぞどうぞ、どんどん慰安婦像を設置してください。日本人を性奴隷民族と貶めてください」というメッセージを国際社会に送っている許しがたき愚行蛮行であり、決して許せるものではありません。

私のような批判から逃げるためか?「
像設置や慰安婦の日制定には賛同しない」と言っておりますが、こんな無責任な発言はないでしょう。
賛同しないがサンフランシスコ市に対して反対の声も上げない。
こういう輩を厚顔無恥の卑怯者と言う。


自民党議員と違って大阪市吉村洋文市長は決断から逃げることなく大ナタを振るっています。

参照記事:来月中旬にも姉妹都市解消=サンフランシスコ慰安婦像設置で-吉村大阪市長
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400338&g=pol

大阪市の吉村洋文市長は24日、慰安婦像を設置した米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消について、市議会が閉会する12月12日以降に市幹部会議で決定し、文書でサンフランシスコ市に通知する考えを示した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。

吉村氏は「(慰安婦像設置で)高度な信頼関係は崩壊した。像を設置した状態で姉妹都市を続けるより、解消する方が大阪市にとってプラスだ」と述べた。今後、姉妹都市として行う学生派遣などの交流事業について「税金の投入は行わない」と明言した。
wst1709270067-p1
米サンフランシスコ市との姉妹都市解消を明言する吉村洋文大阪市長

参照記事:米サンフランシスコ市に慰安婦像「遺憾」=菅官房長官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400393&g=pol 
偉官房長官は24日午前の記者会見で、米サンフランシスコ市長が慰安婦像の寄贈受け入れを承認したことについて、「わが国政府の立場と相いれず、極めて遺憾であり、誠に残念だ」と述べた。その上で「この種のことが再び起きないよう、引き続きあらゆる努力を行っていきたい」と強調した。
同市との姉妹都市解消を吉村洋文大阪市長が表明したことに関しては、「言及は差し控えたい」と論評を避けた。


またお得意の【遺憾】ですが、本当に遺憾の意を突き付けるのはサンフランシスコ市よりも自民党議員、しいては親分の安倍晋三ではないのか?

安倍談話」でありもしないことを謝罪し、国際社会に【性奴隷制度】をPRし、「日韓合意」で【国民の税金10億円】を拠出して、慰安婦財団設立させたのは
安倍晋三日本国総理大臣自身であります。
その為、彼ら慰安婦ビジネス連中はますますエスカレートしてるわけです。

大阪市の自民議員も同罪で、与党である大阪維新の会を攻撃し自分たちの手柄をアピールするためには内容なんて関係ねぇ!維新の会の決議案は潰してしまえ!という醜い政争しか見ていない。

自民党議員には、政治的信条も日本を守ろうとする気持ちも存在しない。
あるのは、醜い権力欲だけだ。

こんな政治家、日本社会に必要なのか?


慰安婦像とともに設置される碑文には、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女」などと事実無根の内容が含まれている。
これを粉砕するために戦う議員こそ日本に必要な政治家ではないでしょうか?

サンフランシスコ市は、嘘八百な碑文よりこのような真実の碑文を受け入れる事を私は強く要請致します。
(製作者の方に無断で使用してすみません。)

真実の碑文

文責:日本未来の会 桑野繁樹

国の為、日本の為と言うのなら罵声よりも相互救助社会の実現を求めるべき

日頃【国の為、日本の為の戦いだ!】と称して公道を多人数で占拠して、大音量で自分の嫌いな対象に罵詈雑言を浴びせる事が愛国活動だと錯覚して迷惑行為を行って悦に浸っている人間がいますが、本当の【日本の為、国の為】とは地域、社会に対しどれだけ貢献し、社会の方々に役立てるかだと思います

よくネトウヨ保守ネット民がスイス【民間防衛】を持ち出して、【国民総傭兵】を熱く語っていますが、そんな輩ほど自分では何もやらない、表に出てくることすらなかったりします(笑)。
517QTXSPMRL
それ以前に自分は敵対対象を粘着攻撃しておいて自分は反撃されないように名前も顔も隠して身を守る始末。
正に【日本のために戦う】ではなく、【自分の身の安全を守るために戦う】の間違いではないのか?と感じる次第です。

スイスの【民間防衛】はゲリラ戦の教書なんですが【民間防衛】を持ち出して熱く語っている引き籠りネトウヨ保守の輩ベトナム戦争時の北ベトナムのように巨大な敵に対するゲリラ戦を行う覚悟も勇気もあるとは到底思えません。

大体、人に対する罵詈雑言で人を救済し、国を守り富ます事ができるわけがないのはふつう考えれば分かる話で、ただの鬱憤ばらし行動するなら勝手にやってもらって大いに結構ですが、そこに【国の為、日本の為】と言って国や日本、国旗を利用しないでいただきたいものです

私の訴える【民間防衛】とは、現在災害等があった時に自衛隊頼み、救急隊員頼みで救援が来るまで待つことしかしない、できない救助を国民皆が救命スキルを身に着け、緊急時にお互い早期手当を施すことで今まで救えなかった命まで救える社会にしていこうという社会樹立を訴えさせていただいています。
そうなれば自衛隊員も負担が軽減され、より本来の目的である国防に集中できると思うのですが日頃国防をやたら口走るネトウヨ保守がこの事案に全く触れないのは無関心なのか?無知なのか?
2016y08m12d_012011287

そのためには学校のカリキュラムに組み込むことが一番手っ取り早いと思っていますが、このことについて言及し訴えている選挙候補者がまるでいないのはとても残念です。

口では大層なこと言っているくせに本当に日本を、地域を救済しようという気があるのか?

そう言いつつも、人に対し要求し訴えるからには自分からやらなくてはまったく説得力がなく、ネトウヨネット民と何の違いがあるのか?という思いもあって、私自身が救命講習を学んだうえで訴えるべきだと判断し、勉強してまいる所存です。

第4次安倍内閣の発足を受けての声明【日本未来の会】

4次安倍内閣が発足しました。

 

「この国を守り抜く」と訴えながら、憲法9条保護、領土問題黙殺、公約詐欺に加え北朝鮮のミサイル攻撃に対し一切有効防衛策を行わず、国民の生命、財産、安全の生活を守る戦いを放棄し、自分の身の安全の身を守り抜いた安倍晋三首相に対しこれほどの勝利がもたらされたのは野党各党の醜い内輪争いだと強く感じます。

選挙結果http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/kaihyou/?from=ycnav2を見ると自民党圧勝と言いつつ、自民党候補がとった得票率は50%を超えた選挙区は数えるほどで、立憲と希望を足すと自民党候補を上回る選挙区が多数です。

最初に小池ゆり子が民進を丸飲みして支持者、支持業界の支持を取り込めば今回の選挙、政権交代も夢ではなかったのにそれをぶち壊した小池ゆり子は自民党勝利の最大貢献者であると思います。

 

 もう一つの安倍政権続投の立役者である北朝鮮についてですが、「北朝鮮危機を自民党が煽って利用している」という報道もありました。
21433182_856779044486597_313098177989257570_n
21761556_856779057819929_915391404843368933_n
その理由は上記のように、安倍政権は北朝鮮に対し一切の報復等、北朝鮮に対し危害を加えようとしませんでした

国防の話になりますと北朝鮮の名ばかりが出てきますが、日本の直面する軍事的脅威は、核ミサイル開発を進める北朝鮮だけではありません。

覇権主義を強め、我が領土沖縄本島及び尖閣諸島を虎視眈々と狙っている中国は、国難の主役です。

今までの政権運営を見て自公政権では、十分な国防強化、国民安全防衛に踏み切れるとは到底思えず、その国防放棄内閣が続くと思うと暗澹たる思いです。

 そもそも、戦後自民党による自主防衛の放棄の方針が、国防軽視や北朝鮮危機を招いたのは明らかです

安倍首相は選挙中、「力強い外交」を主張していましたが、これは「米国、国際社会頼み」の言い換えに過ぎません。

安全保障を他国に依存し続けるのは、独立主権国家として体をなしておらず、正に属国根性むき出しで情けない限りです

 

実際、韓国による日本の領土である竹島侵略中国による領海・領空侵犯、中国による地下資源盗掘、今回の北朝鮮によるミサイル攻撃等、日本の国防危機な事案に対して、今まで一度もアメリカは日本防衛行動を行っていないことを、アメリカ妄信の徒は現実を直視し、目を覚ますべきです。

これ以上被害を出さないため、次世代の子たちの為に、国家防衛力の強化に向け、「自分の国は自分で守る」体制整備に踏み切るべきです。

 

 今後、改憲論議も進むとようですが、自民党による改憲は政治成果アピールの為の改憲の為による改憲であって、国家国民の為、国防強化にはつながりません。

9条全面改正により、自衛隊は軍とすべきです。

 

翻って経済面では、安倍政権は、雇用状況の改善などの成果を強調するものの、賃金は伸び悩み、肝心のデフレ脱却もいまだ見通せていないのが実際のところです。

 こうしたなか、10%への消費税増税分の使途を教育無償化にも充てるとしていますが、これは現在の世代が苦労して借金を減らし次世代に負担を押し付けないとした消費増税法の口実を無視し踏みにじった、選挙当選の為の買収・バラマキです。
自民消費増税1

こんな政策を続けるかぎり、政府の借金は膨れ上がるだけです。

 

さらに自民党は日本から出国するものに「出国税」なる税金を押し付ける予定で観光庁がその財源を使う予定だとか。

観光立国推進基本法によると
観光立国の実現に関する施策の基本となる事項を定めることにより、観光立国の実現に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって国民経済の発展、国民生活の安定向上及び国際相互理解の増進に寄与することを目的とする

とありますが、このような出国税の取り立ては逆に観光客を減少させ、日本国民の海外渡航を抑制し視野を狭め、観光基本法と真逆の政策になることを安倍政権は行おうとしています。

この新税は観光庁以外の省庁も使えるようにするため、観光と離れた目的に使われかねません。
日本人の海外旅行需要に悪影響が出る可能性もある為、格安航空業界を中心に、旅行代金が上がることへの懸念は強い。
日本経済からしたら逆効果の悪政です。

 

弊会は引き続き、特定政治家のみが権力を維持し振りかざす横暴に対する粉砕・脱却することができないポピュリズム政治、政党選挙打破を訴え、国防強化と国民が安心できる社会生活を享受できる社会樹立のために、高い経済成長、国際社会での覇者たる影響力ある日本誕生を力強く訴え、支持を広げていく所存です。

文責:日本未来の会 桑野繁樹

ご紹介サイト
最新コメント
ご意見箱

名前
メール
本文
アクセスカウンター