2015年01月

飲食業界経営陣は空疎なフードビジネス論を棄て原点に返れ!

まず、現地で経験を積んで得た生きたキャリアでなければ自分のスキルとして自身の身に留まらないのではないのかな?
現場に出ればいろいろな人間と出会う。
マニュアル通りの応対では対応できない事態にも出くわす。
それをフォローできるのは現場での経験ではなかろうか?

そこまでいかずとも日々の業務一つとっても同じレシピ、同じ手順書で行ってもスキルのあるものが作るものとスキルの無いものが作るものでは雲泥の差のある料理が出来上がる。
その差のある商品を一緒くた、いや、レベルの低いほうに合わせさせ提供しているのが今のフード業界である。

その原因は飲食業界経営陣の思考回路がホリエモン化しているからであろう。
従業員を同志と見ず、数字に置き換え、使い捨ての消耗品としか見ていないのだから従業員も無気力になり言われたことしかしない事務的処理作業になる。
それで購買者が満足する商品が出来上がるでしょうか?
皆様が最近、外食にいっても何か満足できない理由はこんなところからきていると思います。
その店一つ一つの特徴や個性、魅力が昔の料理店にはございましたが、最近はどこに行っても同じメニュー、同じ味、同じ挨拶・・・
これではロボットが作ったレトルト食品と同じですね。
いっそのこと、フードビジネス会社が消滅して飲食店が個人経営店オンリーになれば業界が活性化して面白いかもしれません。
ただし、価格は今より高くなる副産物がくっついてきますが。

ホリエモンが寿司業界の常識をぶった切った!「10年修行なんか意味ねーよ!数ヶ月だけ寿司アカデミーで学んで海外に進出しろ」

【仰天】恵方巻はフェラチオ巻きだ!

【仰天】恵方巻はフェラチオ巻きだ!
恵方巻は花街の遊女に対して旦那衆が行ったセクハラをもとに作られたキャンペーン。
女性にフェラチオをしている時のような顔をさせるために作られた方便が恵方巻なのです。
恵方や願掛けなどといった言い訳を作り遊女を納得させエッチな顔をさせていたのです・・・・マジか?

しかし私たちが年少時代は2月3日に恵方巻きを頬張る習慣はありませんでした。
古来からの伝統風習ではないと思います。
なにより太巻きは切った断面の美しさを目で楽しむのも魅力の一部です。
かみちぎってはその美しさは堪能できません。

あっそうそう、写真は日本の食文化が醜い形で外国人に受け取られかねない不快なものですが写真のタレントさんは言われた仕事をこなしているだけですからタレント個人に自宅抗議などしてはだめですぞ(笑)
やるなら大手チェーン寿司店へ(笑)
それと一部嫌韓連中が言っている恵方巻きは朝鮮から来た習慣みたいな話・・・恵方巻きと朝鮮半島、在日朝鮮人は全く関係ないですから(笑)

67070_477251789005151_113241904_n.jpg
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター