残念ながら(やっぱり?)偏見を排除した形での経団連に対する国民目線の訴えは保守陣営はやられないようです・・・
仕方ないので残念ですが力不足ながら私が行うことにしました・・・

今回は【営利至上主義】【野村秋介先生の檄文】を用いないという縛りを自分に課して行いました。
(自分の街宣に先人の活動や言論を利用するのも如何なものかという思いで・・・今にして思えば力不足の未熟者のくせにハードル上げすぎましたね(苦笑))

  1. 日時:平成29年7月12日(水)12時〜
    場所:経団連会館ビル前
    主催:日本未来の会


    途中通行人がカメラの三脚を引っ掛けたので私が晒し首状態で映っていて怪しい光景だと思いますが笑って許してください(笑)
    【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=eVtYH2etJhc
    【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm31556964

現在中国がここまで日本に対し、侵略的な行動を行っている現状に対して中国に対し、糾弾するだけでなく、このような行為を悪と諭さず、やられても制止すらせず、結果中国の暴走を誘発している日本側に対しても戒めとして糾弾していかなければならないわけです

 

まずは戦後日本の政策を担ってきた自民党、およびそれとともに甘い汁を吸ってきた日本の財界、大企業経団連に対し糾弾しなければなりません。

 

ここまで中国に対し、媚びへつらい、すべてを中国に依存している日本の産業の在り方がわが日本の安全保障、ならびに経済に対し、危機的な状況をもたらしているということを真摯に受け止め、考えていかなければならない問題です。

 

現在、日本の経済は国内で空洞化し、生産拠点は海外に移転しています。

この海外とは大部分が中国です。

 

中国に対し、生産拠点を移転し、日本の産業は空洞化し、工場の雇用は中国人を雇い入れている現状が日本の企業として正常なものでしょうか?

 

現在は格差社会と呼ばれて久しく、老後破産という言葉まで飛び出した社会で現在政府は「一億総活躍社会」というフレーズまで出してきました。

これは「いくら働いても安定した老後は送れない。安定した雇用が企業から供給されない。年金制度が破たんした現在、政府を頼るな、死ぬまで働け」といった本音の裏返しでしょうか?

 

民主党政権から自民党政権に代わり、確かに株価は上昇しました。

安倍政権が誕生したあと、円安政策で輸出産業は潤ったかもしれません。

しかし労働者側から見たらどうでしょうか?

今現在の雇用制度、正常でしょうか?

終身雇用制という昔からの制度は今や崩壊し、正社員は責任を押し付けられアルバイトより低い時間帯給料額であり、非正規雇用者はその時の状況によって、予定より労働時間を削られ、手取り給料を減らされる日々を耐え忍んでいます。

このような状況で月収20万円台あればいいほうで、ひどいほうになると年収で200万円を切る方も珍しくありません。

こんな状態で社会で自立できますでしょうか?

 

これはあなた方が意図したわけではないかもしれませんが、結果としてあなた方経団連、大企業がこのような企業運営を行い現状に日本社会を作ってきた事実は言い逃れることはできません。

 

収入格差、我が日本に貧困という言葉まで作り上げ、その結果、他の家庭に比べて満足に教育を受けられないことによる学力の低下、家庭の経済力や学力の差よるいじめ、その後の人生の脱線、この責任は財界経団連に多大のあると言わざるを得ません。

 

事実、年収の低い世帯ほど、子供たちの教育に金をかけられず学歴も低い傾向にあります。

そのような傾向を自らの手で作り上げておきながら自分たちは人事採用でエリート人間を求め探す。

まさに支離滅裂ではないのでしょうか?

 

現在、労働意欲のない引きこもり、ニートなどが社会問題になっています。

人手不足で人が集まらない、雇用難、人事採用部門での苦悩の話もよく聞きます。

 

しかしそれは企業側が従業員に対し、労働による夢を見れる舞台を提供せず、労働力である従業員を使い捨ての消耗品のようにものとして扱ってきた報いではないでしょうか?

 

あなた方経団連が意図してこなかったのかもしれませんがあなた方の目先の利益追求によって、日本の教育の荒廃、日本社会のモラルの退廃、社会から投げ出されたものによる犯罪の脅威が生まれた事実に対し、あなた方は一度でも真摯に直視したか?

一度でも自省したのか?

 

過ちを犯したとき、人は言い訳をしたがるものです。

それは過ちを直視できないからです。

過ちと向かい合いたくないからです。

過ちから逃避しているのです。

だからそういう人は同じ失敗を繰り返すのです。

 

財界、経団連も同じ道を歩むつもりなのでしょうか?

 

そのように人材雇用で自らの失策で人手不足を起こしその穴埋めとして経団連は移民を新たな労働力とすべく安倍自民党政権に移民受け入れを強く要望している。

移民が新たな労働力である。

日本企業の雇用を支えるという妄想を抱いているようですがとんでもない。

これは日本にとって麻薬、アヘン、覚せい剤そのものです。

一部愛国陣営では誤解されているようですが移民と言うのは日本への定住を目的としたものであるから、職種は強要固定できない

だから問題なんです。

日本人で成り手がない人手不足に喘ぐ介護業界で就職してもらおうと受け入れても、移民には職業選択の自由があるから、日本人に人気のない職業、俗にいうキツイ、汚い、危険に対しては、同様に忌避することになります。

「日本は今、介護職という移民を受け入れようとしている」と、とんちんかんな訴えをしている都議候補も目にしましたが、難民と移民の区別もつかず、そして期限付きの労働者や婚姻・留学・研修の違いも分からないまま自身の外国人排除思想に酔い、とにかく外人入国反対を唱えているネトウヨ保守系があまりにも多すぎます

こういう輩がさらに移民問題を分かりづらくさせて国民の判断を鈍らせ、問題を悪化させる要因になることを当事者は理解しているのでしょうか?

移民のもう一つの問題点は外国人労働者と違い、本人だけではなく、家族を連れて日本に移住する人だということです。

今までのように個人だけでなく家族まで移住してきてその家族の素行まで経団連は責任をとれるのでしょうか?

いきなり国内に価値観、ルールの違う外国人が急増し、社会で問題が多発し、その負担は国民に押し付け、経団連は儲けだけかっさらう気でしょうか?

 

子供を連れてきた移民に対し、その子に対する教育も必要ですがこの教育に対する負担も経団連が負うのでしょうか?

そのような話は一切聞いていません。

結局税金が使われることになります。

 

移民が連れてきた両親に対する介護や医療を施すにも同様です。

彼らは介護保険も健康保険も支払っていません。

結局税金が使われます。

経団連はここまで考えて移民を推進しているのでしょうか?

経団連はこのリスクを責任を負う覚悟があるのか?

 

移民を受け入れる事によって雇用を得、生産性を上げ利益を上げるのは移民を雇い入れた企業だけであります。

しかし移民を受け入れる事の社会の問題、治安の悪化、その被害者は生産性も利益も手にしていない我々日本国民であるということを考えなければなりません。

 

ここを考えず、ただ企業の労働力不足を補う労働力欲しさに移民を受け入れるということはメリットに伴わないリスクでありとんでもない日本社会破壊行為であるという理由で私は経団連に対し、糾弾しているわけであります。
20031688_822189214612247_8487193046836718153_n