まだまだ世間に浸透しているとは言い難いヘルプマーク。

東京都議会議員選挙中もっとこの啓発が行われればと思いましたが、残念ながらそのような流れは起きませんでした。

善人アピールの絶好の機会である選挙で行われなかったので、選挙が終わったこれからの時期にこの啓発活動が行われる可能性は限りなく少ないであろうという意識から、この場をお借りして、全く無名無力ながらヘルプマーク社会浸透活動として投稿させていただきます。
(福祉、社会保障の充実と声を上げていた候補者はどこへ行ったんだ?)

Q:ヘルプマークとはいったい何?
A:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

Q:どんな人が対象者なの?
A:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

Q:ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら
A:電車・バスの中で、席をお譲りください。
外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。
駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。

交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。
災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚障害者や聴覚障害者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。
 
ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

こういうものを取り上げると私を叩きたい人間からは「善人面しやがって!」「障害者を売名行為に利用しやがって!」という声も出てくると思いますが、そういう心無い非難の声を避けるために沈黙するのと非難を浴びても一人でもこのようなものに気づいてもらえてその助けを求めている人に救済の手が伸びる可能性があるなら喜んで率先して非難を浴びる
私は後者を選びます。

言いたきゃ言えばいいよ。

あとヘルプマークを悪用する人間に対しましては私は強く軽蔑し、糾弾します
ヘルプマーク