聞く耳持っているかは存じ上げませんが希望の党への提言・暴言・苦言

少し古い記事ですがこの記事に対して所謂保守と自称するネトウヨ連中はボロクソに希望の党を叩いていますね。

実際叩いている言論を読んでも読むに値しない内容です。
ただ、民進党時代の政治活動による言動を見たら今更こんな事言っても言葉に力が篭らず、信用に値しないと受け取られるのはある意味当然です。

しかし、本当に国家に尽くし国益を求め、国民の生命、財産、社会生活を守るために矢面に立つ覚悟で戦うなら手がないわけではありませんよ
自民党は選挙前だけ、野党時代だけ、愛国心ある政治をアピールしていますが慰安婦問題も、領土問題も、国防問題も一切放棄して国民の期待を裏切り続けています。

もし本当に希望の党が上記のような志があるなら、国連に乗り込み慰安婦問題の嘘をアピールし、我が領土の竹島に乗り込み日本領土だと国際社会に訴え、尖閣諸島に上陸し有人活用の視察、計画をすればいい
全て自民党が放棄している事案です。

人の行く 裏に道あり 花の山
という言葉もございます。

他が怠慢でやらないから、自分たちでやる事に値打ちがあります。
ここまでやって実績を作って初めて支持してくださいと言えるのではないですか?

ただでさえ民進党時代の負の評価があるわけで、そのマイナスを取り返し、評価を得るのは並大抵の努力では評価されるところまではいかないと思います。

今まで失った信用を取り戻し、低い評価を覆すためにここまでやる覚悟が御党にございますか?

選挙直前にパッと政党を作っただけで、国民の為に特別何もしていないのに何で支持されないんだ?と今の支持率に首を傾げる方がおかしい

こうして見ると当然でしょ?

だって何も実績をあげていないんだから・・・。

国民の為に国家の為に矢面に立って戦っていないんですから・・・。

愛国保守政党として国民の信頼と支持を得たいのなら、ここまでやったらどうですか?

それを最近は立憲民主党、民進党と合流して党の勢力を大きくしようとする動きがありますが、国民の信用を勝ち取る努力を怠り、勢力を増大しようとする行為は国民に対する冒涜行為で後で手痛いしっぺ返しを食らうと思いますよ

私は希望の党支持者ではないですから、やれともやるなとも言いませんけど(笑)
文責:日本未来の会 桑野繁樹

参照記事:希望の党・玉木雄一郎代表「右へ右へ」支持を広げたい 改憲議論、自衛隊員の位置づけ考慮を 「飛び道具」頼らない政党に
http://www.sankei.com/politics/amp/171127/plt1711270006-a.html

望の党の政党支持率が「3%台」などと厳しい数字が出ています。なんでわれわれがこんなに信頼されないのか。代表として、この数字と真摯(しんし)に向き合い、地道に実績を重ねていくしかないと考えています。

 私は20日の衆院本会議の代表質問で、郷土・香川の先輩である自民党の大平正芳元首相が提唱した「楕円(だえん)の哲学」を取り上げました。楕円には2つの中心点があり、双方が均衡を保ちつつ緊張した関係にある場合、理想的な円=政治が実現できるとの理論です。

私たちの役割は、自民党に代わるもう一つの円の中心を作る-つまり政権を担える政党になることです。その意味で、安全保障政策でも「現実主義」に徹する立ち位置はぶれません。例えば政権が代わったからといって、日米同盟の重要性を根っこから変えるべきものではないでしょう。

 立憲民主党が共産党などと野党共闘をするのなら、支持を「左に左に」と広げる立場なのでしょうか。逆に私たちは、これまでなかなか支持を得られなかった「右へ右へ」広げるという立場を取りたい。

 「アンチビジネス」の政党になってもいけません。日本経済を支える産業界や経済界、特に中小・小規模事業者の皆さんの話にも耳を傾けたい。

 憲法改正議論でも、この考えは貫いていきます。9条改正の議論も「安倍晋三政権だからしない」とは言いません。新党として出発した以上、憲法をめぐる基本的な考え方を共有するプロセスは絶対必要です。細野豪志調査会長を中心に、党の考え方をまとめます。

 9条改正をめぐり、私が個人的に心配するのは、自衛隊の皆さんの国際法上の位置づけです。いわゆる「警察以上軍隊未満」、あるいは「警察官以上軍人未満」という立場では、仮に自衛のための戦争で自衛隊員が捕虜になった場合でも、国際法上の保護がしっかり受けられるのでしょうか。隊員の人権や待遇を保持する観点から、現行憲法の規定では十分なのか。しっかり議論が必要です。

ただ(戦力不保持などを定めた)9条2項を残して自衛隊の存在を明記するという安倍首相の提案には違和感を禁じ得ません。そもそも、憲法の議論で大切なのは正当性を担保するためのプロセスです。首相の提案は「決め打ち」じゃないですか。内容的な整合性や期限の設定など、問題と矛盾は多い。

 憲法の本来の機能とは、軍事的公権力の行使の範囲を明文化し、歯止めをかけることです。ここを虚心坦懐に議論した方がいい。自衛権の発動要件や行使の限界について、できるだけ権力による恣意(しい)的な解釈の幅を少なくするようなあり方を論じるべきです。

 共同代表選に出馬した大串博志衆院議員と私との立ち位置がよく問われますが、きちんと党内はまとめていけると思います。大串さんの話を緻密にたどると、そんなに齟齬(そご)はありません。例えば「安保法制の廃止」にしても、安保関連法は既存の改正法と新法を束ねたものですよね。改正法は全て既存の法律に溶け込んでおり、大串さん自身が「廃止法案は法律的に成り立ち得ない」と話しています。

 安保法制を運用する際、憲法違反の疑義がある部分を具体的な条文改正で直すべく、私は長島昭久政調会長や渡辺周安保調査会長に改正案の作成を指示しています。そこで大串さんの懸念を消し、改正案提出につなげたいと考えています。

 小池百合子前代表(東京都知事)からは「とにかく任せるので、思い切りやってください」と言われました。2020年東京五輪・パラリンピックまで千日を切る中、小池さんはその言葉通り、都政に専念するのだと思います。われわれが国政に責任を持つために新執行部を作りました。今後、小池さんは特別顧問として助言をいただきますが具体的に党運営の執行に関わることはありません。

 私は最近、若手議員に「地域の声を聞いてこい」と言っているんです。「新聞に、雑誌にこう書いてありました」なんていうのでなく、リアルな地域の声を聞いて国政にぶつけろと。

 衆院選の敗因として、小池さんの言動ばかりに焦点が当たりますが、各議員の日頃の地元活動など、複合的な要素があるはずです。自民党や野党第一党には拾い切れない国民の声がまだたくさんある。そこをすくいあげ、国家国民のお役に立てる政党として地道に実績を重ねるしか、信頼回復の道はありません。あまり「飛び道具」に頼らない政党にしたいのです。(奥原慎平)

赤松広隆衆議院副議長の皇室神事侮辱発言を質す街宣行動

赤松広隆衆議院副議長の皇室神事侮辱発言を質す街宣行動
日時:平成30年1月11日(木曜日)
場所:衆議院第二議員会館前
主催:日本未来の会


【youtube】https://www.youtube.com/watch?v=UMubhpIwf5U

赤松広隆衆議院副議長は皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと皇室侮蔑発言を行いました。

参照記事:皇室会議で赤松広隆衆院副議長「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」など発言 不適格者は相当にいそうだ 
http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html
▼その昭和天皇も現天皇陛下も、国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、「元日は早朝から重要行事が続く」との宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。
▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。産経新聞の取材では、常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」「年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。

平時の時はやたらと尊王だ、皇室だ、不敬だ、大御心がと、いきり立っているネトウヨ保守の人間はこの事については一切触れずスルーなのか?
日頃のネット世界だけでの威勢のよさはどこへ行った?

この事についてfacebook友達である梶浦直樹さんが北海道から単独で立憲民主党赤松広隆衆院副議長に対し糾弾活動を展開しています。
梶浦さんのブログより
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_21.html
立憲民主党の赤松が「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」などと発言した。とんでもない皇室軽視発言だ。こんな奴が皇室会議とは笑わせる。元々衆参両院の議長、副議長が自動的に皇室会議の議員になるということらしいがもう少し見識のある人物だけでやるべきではないか。こんな国家観もなく反日的な人間は仕組みを変えて排除するべきだ。
http://s.webry.info/…/77997209.at.we…/201712/article_23.html
ついこの前、赤松の皇室軽視発言についてブログに書いた。しかし、インターネットでグチグチ書いていても仕方がない。それこそ言われるところの◯◯ウヨと大して変わらない。思い立ったら吉日ではないが、国会の赤松事務所に電話を入れる。当然本人はいない。出たのは事務所の女性だった。まず此方の素性を明かさなければただのクレーマーになってしまうので「札幌の梶浦と申します」と名を告げる。そして本題に入る。この赤松の発言でどれほどの電話があったのかは知る由もない。
事務所の対応は、「そのような趣旨ではありません」「そのような発言はしておりません」「そのような意図は御座いません」の一点張りであった。言っておきますが、私は一切怒鳴ってはおりませんよ。常に低姿勢に、静かにお話をしましたからね。電話のやり取りをここで書くわけにはいきませんが、私の方からは、何も感じない国民もいるのかもしれませんが、こういった発言をとても不快に思う国民もいるということを忘れないでくださいということと、発言をしていないのなら直ぐに公の場で発言を撤回し、何らかの対応をして下さいということです。でなければ何度でも抗議をしますよと伝えました。
(引用以上)

そういう意図、そういう趣旨ではないのであれば、どういう趣旨だったのか電話した梶浦さんに説明すればいいだけの事ですがそれもしない。
国会では内閣に説明責任をと追及している政党の最高顧問だった人間の態度ではないですね。

さらに赤松衆院副議長は衆議院のHPでこのようなあいさつ文を掲載しています
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/message-fuku.htm

主権者である国民の皆さまからの様々な声にしっかりと耳を傾け、立憲主義、民主主義に則った議会運営に努めるとともに、「開かれた」国会を目指して取り組んでまいる所存です。

しかし実際の赤松事務所の対応はこんな感じです。

http://77997209.at.webry.info/201712/article_26.html

事務所の対応が酷いものだった。受話器を取り、そのまま放置である。電話の向こうでは来訪者なのか話し声が聞こえる。散々待ち、やっと電話に出る。

 

「何も話すことは御座いません。何度お電話いただいても皇室会議のことはお話が出来ません」の一点張りである。何も私は皇室会議の内容を話してくださいと言っているのではない。

「何も立憲民主党だからといって私は言っているのではありませんよ。自民党だろうとなんだろうとこう言った発言は控えるべきなんです」と言うと、女性は「いえ、無所属です」との返答。

「無所属だろうとこのような発言はするべきではありません」と言っても「ですからこの件に関しましては一切お答え出来ません」とまた同じセリフである。

発言をしていないというのならばそれはそれでよい。ならば何故発言の撤回及びマスコミへの対応をしないのか。私が言っているのはそこの部分で何も難しいことではない。

民間企業でこのような電話応対でしたら大炎上ですよ。
そのようなことはないのでしょうが、国会議員事務所スタッフ全体の対応モラルはこの程度なのか?と勘ぐりたくなってしまいます。

「いえ、無所属です」と言っていますがそれは議会システム上の話であって、任期が終われば立憲民主党所属になるわけですし、その前に先の衆議院議員選挙では立憲民主党の公認で選挙を戦っている
そのくせに国民からの問いにこのような詭弁を言うのは
有権者への冒涜、詐欺行為ではないのでしょうか?


先の東日本大震災でも天皇陛下は「東北へは私が行きます」とご自身の体調よりも被災された国民を心配され現地に向かわれました。

その時の政権与党はどこだ?民主党ではないか!

皇室に対し侮蔑発言をする赤松副議長は震災時どれだけの活躍をしたのか?

国民に説明しろ!

赤松

赤松広隆は心ある国民の質問に対し説明責任から逃げるな!

赤松広隆は皇室の神事に対する侮蔑発言を撤回せよ!

赤松広隆は皇室に対し侮蔑発言を謝罪せよ!


新年のご挨拶

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年も多くの方々からご支援御指導賜り、心より御礼申し上げます。
今年も皆様にとって、素晴らしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

今年は時世問題に加え、地域社会に対する訴えとして
・受動喫煙防止社会樹立
・NHK問題解消ならびに国営放送開局

・ヘルプマーク浸透と悪用者厳罰化
・災害復興作業ならびに緊急救命スキル学校教育カリキュラム組み込み
・外国人犯罪撲滅及び厳罰化とその巣窟になる危険性のある民泊制度の廃止
を掲げ金もない、力もない、無力な一個人でありますが全力で戦っていく所存でございます。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
平成30年 元旦

日本未来の会 桑野繁樹 拝16459308

ご紹介サイト
最新コメント
ご意見箱

名前
メール
本文
アクセスカウンター