第3次安倍第3次改造内閣が発足を受けての声明【日本未来の会】

平成29年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣が発足しました。

安倍晋三首相は今回も会見で「1億総活躍社会」の実現を掲げ、【デフレからの脱却】・【地方創生】・【積極的平和主義】・【人づくり革命】といった単語を出し、【5年前に日本を取り戻すと国民の皆様と約束した時の強い使命感と高い緊張感を思い出しあの原点にもう一度立ち返る】と目標を掲げました。

しかし5年前の公約をことごとく破り、国民を裏切ってきたのが現在の安倍政権です。
この事に対し支持者からは
安倍さんは本当にやりたい政策がやりたくてもいろいろな圧力でできないんだ!
その為に安倍さんをもっと国民は支援して、やりたいことが出来るように地盤を強固にするのが国民の務めだ
と言う声が聞こえましたが衆参で絶対安定数を誇る自民党がこれ以上どんな力が足りずに望む政策が出来ないのか?と言う疑問に自民党および支持者は一切回答していません。

【しっかりと結果を出すための力強い布陣】と総理は言っておりますが、昨今問題になっている外交面、ミサイル攻撃で恫喝している北朝鮮日韓合意を破棄し慰安婦詐欺で強請り行為を繰り返し竹島侵略を継続している韓国連日領海領空侵犯を繰り返し尖閣諸島侵略、地下資源盗掘を続ける中国に対し河野国賊談話の生みの親である河野洋平の子息河野太郎を任命したことの意義は全く理解できず、安倍内閣は土下座外交を推し進める計画か?と危惧します。

今回の人事で唯一光を感じるのは東日本大震災時に被災地と無能民主党菅政府のパイプになり活躍した小野寺五典防衛大臣就任です。
稲田前大臣によってズタズタに破壊された外交で危機的状況である日本の防波堤の役目をしっかり整備して防衛力維持に努めていただくことを切に願います。

総理は力強い布陣と言っておりますが要は挙党内閣、派閥均衡人事に思えてなりません。
支持率低下から見る今の政権の衰退を見るとアメリカのジョージWブッシュ政権晩期を連想してしまうのは私だけでしょうか?

この安倍改造内閣も晩期ブッシュ政権同様やりたいことが出来る地盤0の【意志薄弱八方美人内閣】のまま解散総選挙になだれ込むのではと見ています。

我々は、新しい内閣ですので何もする前から批判糾弾をするような大人げない行為はする気はなく、正しい軌道を進む国家運営を切に望みますが、野党時代に掲げていた理念、政策、公約を厳守する姿勢から外れた政権運営を行ったときは厳しく糾弾して日本の歩む道を正していく所存です。

文責:日本未来の党 桑野繁樹

傲慢なるアメリカ侵略主義とそれにすがる親米国賊保守糾弾街宣

8月6日と9日はルールも配慮もなく、公道で街宣車と言う安全地帯からは一歩も出ず、罵声や言い逃げ騒音妨害をまき散らす団体が多数アメリカ大使館周辺ではしゃぎ遊びまわりこちらの活動自体が蹂躙され抗議活動どころじゃないので日を早めて行いました。

【傲慢なるアメリカ侵略主義とそれにすがる親米国賊保守糾弾街宣 】
日時:平成29年8月2日(水)13時〜
場所:アメリカ大使館前
...
主催:日本未来の会(つまり今回も私1人笑)


【平成29年8月2日】傲慢なるアメリカ侵略主義とそれにすがる親米国賊保守糾弾街宣
【youtube】
https://www.youtube.com/watch?v=yfMIGoQBvO0
【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm31678697


現地では相変わらず警察の不当な圧力でアメリカ大使館からほど遠い場所に追いやられ、あれこれ不当な規制で妨害を受けながらアメリカ政府に対し抗議糾弾を行いました。
20525824_833867870111048_7392568373002029217_n
ついでながらアメリカに日本を守ってもらうために日本の領土である沖縄をアメリカ様に差し出せと抜かす愛国者の皮をかぶった国賊保守に対しても一緒に批判しました。(笑)

まぁこの部分は下品な街宣ですね(笑)
一人だからできることでほかの団体ではできないですねこれは・・・

参照記事
【今の人類の対立、紛争の理由はすべてアメリカが作った】アメリカによるシリアに対する再度軍事恫喝に対する声明
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/16873015.html

アメリカトランプ政権によるシリアミサイル攻撃に対する声明
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/14474495.html





公道街宣車禁止法を制定せよ

社会では様々な宣伝カー(街宣車)が公道を大音量を流しながら走っています。
no title
111
そのようなものを喜んで聞くのを望んでいる人はいないと思いますが(そんな人いるかな?)大部分の方は正直言って迷惑で不愉快この上ないと思っていることでしょう

今は昔と違って、業務スタイルも多様化し、夜中に仕事をして朝に疲れて帰ってきて昼間は夜の業務に備えて眠っている方々も多くいらっしゃいます。
そのような方にとっては公道を音声を大音量でまき散らしている輩は睡眠妨害、健康破壊の犯罪行為を行っているのに等しいまさに【犯罪者】です。

これは選挙中も同様です。
そのような生活スタイルの方々は、選挙中だからと言って業務スタイルが変わるわけではありません。
きれいごとを言う自称国民の味方である選挙候補軍団によって毎日睡眠妨害を集団で行われている被害者となっています。
選挙候補関係者は公選法を盾に取り、【戸別訪問もビラ投函も自由にできないから街宣車での騒音まき散らしを勘弁してよ】と言いますがこれは選挙運動陣営の【詭弁】です。

何故なら議員ならいくらでも公選法改正を行えるわけです。
法律改正を行うことをしようとせずに公選法でできないから勘弁してと言い、騒音をまき散らし、国民の健康破壊、睡眠妨害を行う権利は政治家にはございません。

戸別訪問やビラ投函は面倒な人間と遭遇し対処がウザいから法律で規制し、面倒な人間と対峙しないで宣伝できる街宣車で大音量で言い逃げアピールすればいいやという政治家の甘えの構造が騒音妨害問題になっていると思います。
逆に、戸別ビラ投函が街宣車の騒音妨害に比べ法律で禁止しなければいけないほど国民の私生活に悪影響があるのか?
逆に有権者の候補者選別の資料として知るべき情報が今現在、法律で知る権利を奪われているわけです。
このような状況でよく政治家は民主主義政治と言えるものです。
政治家は恥ずかしくないのか?

これは選挙期間の問題だけではありません。
選挙以外でも街宣車で言い逃げスピーチをまき散らしている右翼街宣車も同罪です。

携帯電話の通話マナーでいろいろ迷惑規制の話は出てきていますが通話よりはるかに大音量である宣伝カー、街宣車のまき散らす騒音にはまったく規制が入らないのはおかしな話で自分に都合の良いものに規制免除している卑怯な政治が行われていることになぜ誰も何も言わないのか?

迷惑を受け苦しんでいる人間の声を聞いていて憤慨しました。
一日も早く公道街宣車禁止法を制定して規制取り締まりを行うべきと私は思います。

公道で車を走らせながら音声を流す行為は一切取り締まるよう法整備を進めるべきであると私は主張します。

(もしこれが全面規制取り締まりになれば、土曜、日曜日にしょっちゅう行われ、社会で交通妨害になっている(そのクセに何の効果もない)ザイトクどものデモ行進で使われているデモ行進先導車からのコールが出来なくなりますから迷惑なデモを潰せる一つの手段になるのではないか?)
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター