山尾志桜里衆院議員不倫疑惑報道を見ての考察

まず最初に言っておきます。
「保育園落ちた。日本死ね」が流行語大賞にノミネートされたとき満面の笑みで登壇したこの女は国民に議席をいただき国民の生命財産安全な社会生活を守るために全霊を捧げるべき日本国国会議員の風上にも置けぬ奴であり、私は大嫌いです

しかし今回の一件を嬉々として持ち上げているネトウヨ保守のカスを見て情けなく呆れた気持ちであります。

そもそも政治は違う思想の人間同士が議論を戦わせ、よりよい判断を生むことにあります。

中国史記に出てくる鄭の国の宰相である子産は自分の政治を批判する市民グループに対し【自分は彼らの意見を参考にし評判の良い政策は推進し評判の悪い政策は改めようと心掛けている。彼らはいわば私の恩師だ。】という姿勢をとっていますが今の政治家にそのような姿勢があるのか?

ポピュリズム政治の悪影響で、政治の本質の国民の生命・財産・安全な生活を守るという視点よりとにかくどんなことでもいいからあらを探して評判を落とし悪者扱いしてやろうという醜い思考回路で政治を行っていて有権者も同じ次元のレベルで嬉々として乗っている。

日本国の主権者たる有権者の品格以上の政治家、政治は誕生しないと言われますが今の政界の凋落は有権者国民の品格や知の劣化が招いたものではないのか?

以前投稿した記事にも書きましたが政治家に聖人君子を求める方が間違っているのではないのか?
参照記事:政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/18384758.html

政治家にもプライベートはあるだろう?

政治家の本分である国民の生命・財産・安全な生活を守るために全力をあげかつ不断に任務を果たす姿勢で政治の業務にあたっているのであればプライベートな時間は自由に過ごしてもいいのではないのか?

本来国民生活の為にもっと議論を戦わせなくてはいけない時間を下らないプライベートの暴露に充てられることがどれだけ国民の不利益を生むのか?このようなネタを喜んで持ち上げ、政治家を叩いている輩は大いに考えるべきである。

不倫がけしからん!許せん!と言う主義だ!と言う人間がいるかもしれない。
では、その論調で考えてみましょう。

以前ベッキーの不倫騒動があって彼女は大いに叩かれて仕事を追われた。

このベッキーを叩いた人間は自民党の似非イクメン宮崎元議員を同じ姿勢で批判したのか?
同じく女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたなどと報じられた民進党初鹿明博議員を強姦未遂罪と声高らかに糾弾しておいて自民党今井絵理子議員の不倫を激しく糾弾したのだろうか?

そこはやらずに今回の民進党山尾志桜里議員を激しく糾弾する判断の根拠は何なのか?

仮に不倫は悪い、けしからんと言うのであれば、その行為を行った全員に対して同じく厳しく非難するのが当然ですが人によって態度を変えるというのは大変よろしくありません。

法も道徳もすべての人間に対して同じく扱われることが公正な社会と言うものではないでしょうか?

同じ案件で~党の人間は大目に見てやるが~党の人間は徹底的に潰すまで追いつめてやれというのは真の有権者の審判ではなく、子どもが好き嫌いで善悪を決め、相手を攻撃する事と同じ次元の低劣な行為だと思います。

日本は国民が判断し代表者を定めて政治を行う民主主義政治です。
有権者が意識高く成長しなければ政治の世界は良くなりません。
その意識を国民有権者は強く持ち向上していくことを強く望みます。
キャプチャ998
離党届を提出した民進党の山尾志桜里元政調会長

参照記事:民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で
http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070039-n1.html

民進党の山尾志桜里元政調会長(43)=衆院愛知7区=は7日夜、同日発売の週刊文春で既婚男性との不倫疑惑が報じられたことを受け、大島敦幹事長に離党届を提出した。山尾氏は議員辞職する意向を漏らしていたが、前原誠司代表が大島敦幹事長らと対応を協議し、10月の衆院補欠選挙が同区を加えた4選挙区になることを警戒、離党にとどめるべきだと判断した。
山尾氏を説得したとみられる。

党関係者によると、山尾氏は6日夜、不倫疑惑を否定した上で「衆院補選に迷惑がかかる」として議員辞職する意向を周囲に語った。
報道を受け憔悴し切った様子だという。

党内では、山尾氏が母親の立場から政府に子育て政策の充実を求めてきたことから、「不倫疑惑は致命傷で前原新執行部の船出に泥を塗った」(閣僚経験者)など、議員辞職を求める声が多い。

ただ、山尾氏が15日までに議員辞職すれば、同区補選は青森4区、新潟5区、愛媛3区の3補選と同時に行われる。
党幹部は「民進党に不利な愛知補選が重なるのは避けたい」と語り、議員辞職は避けるべきだとの認識を示している。

政治家の色恋週刊誌ネタ記事に踊る社会を見ての私感

いつもこの手のネタ記事を見て思うことは政治家はいつから聖人君子じゃなきゃダメになったのか?
そもそも過去を振り返って、
そのような清らかな聖人君子の政治家なんかいた時期があったのか?

この手の記事をけしからんと目を吊り上げながら書いているゴシップ雑誌の記者の思考は、了見が狭くて正義感だけは強いPTAのオバサン的発想です。
その正義の定義は偏狭な自分の価値観。

まるでアメリカの正義と一緒です。(笑)

(私が感じる)「いかがわしい」ことはダメで人間は清く、正しく生きるべきだ、と他人に強制する発想の裏側にあるのは「私は立派なマスメディアで世論をリードしている特権階級」という、分は偉い、判断は正しい、それに反するものは悪だ、的な意識が見え隠れしているようでなりません。

私は政治に対して批判することはありますが、プライベートな時間や男女関係に対して目を吊り上げることはしません。
何故ならそれは有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るために行うという街宣活動の目的の土台から外れるもので国民生活に全く影響がないからです。

その影響のない政治家の男女関係を叩くのはその政治批評の定義の土台を全く理解していない、もしくは幼稚な嫌がらせ、鬱憤晴らし程度の低俗な輩なのでしょう。

そもそも性に対するし好の幅も人それぞれ幅があります。
週刊誌記者や報道関係者もパートナーぐらいはいらっしゃるでしょうしセックスぐらいはしているでしょう。

まさか生殖目的以外の性行為はしていないと言い出すのでしょうか?

自分らは好き放題楽しんでおいて人が楽しんでいることは許せないというのは子供じみた話であります。

それとも、パートナーに愛想をつかされ、行為自体やりたくてもできずお預け状態なので他人が楽しんでいる姿を見て逆上しているのでしょうか?
これも幼児のワガママと言うものです。

違法行為に触れない性行為がいつから「いかがわしい」行為になったか存じませんが、スキャンダル記事が晒された事よりも、この手のネタが世間に晒された時の議員のセンセイの姿が情けなくみっともない。

今回のことが経費を使ってのことか自費を使ってのことか記事からは分かりませんが、法に触れずに自費で楽しんだのなら何ら問題ないはずで堂々として入れはいいだけの話です。

それを毎度おなじみの光景で該当議員センセイは下手な反省と薄っぺらい謝罪を行う。
どう見ても逆効果ですよ(笑)

法に触れず、自費で行ったのなら
「いや~、朝まで楽しんで最高に気持ちよかったですよ~」
「一生懸命楽しませてくれた女の子に感謝します

と記者に言ってやればいいだけ。

記者はここまで言われたらこれ以上追及できんだろうに・・・

そのうえで記者に対し
「お前らはセックスしたことないのか!?」
と言ってやればいい。
そんなマスコミに媚びない気骨ある政治家を強く望む今日この頃です。

原因の根元は政治家自身が聖人君子だと思っていて、マスコミからそう見てもらいたい症候群にあります。

そこをマスコミに食い物にされてくだらない問題で政界が停滞し、無駄な再選挙などで時間や金が浪費され、重要案件が放置される。
そのとばっちりが国民に降りかかる。
これが毎度の流れです。
この問題を扱うほうが逆に有権者国民の生命、財産、安全な社会生活を守るという政治の目的が阻害され、国民生活に悪影響しか及びません。
それをマスコミは分かってやっているのでしたら悪質です。

議員センセイ、議員は偉くもなんともないですからね!
ましてや聖人君子ではない。
日本の主権者、有権者は国民で議員はその国民に雇われた期限付き契約社員に過ぎないですからそこを勘違いしないでいただきたい。

参照記事天理市長、出張中にデリヘル利用

http://jp.reuters.com/article/idJP2017083101001334

奈良県天理市の並河健市長(38)が公務で東京都に出張中、宿泊先のホテルでデリバリーヘルス(派遣型風俗店)を利用していたことが31日、分かった。
今週発売の週刊誌で報じられたことを受けて記者会見し「道徳的に適切とは言えず、市民や職員、家族の信頼を傷つけた。深く反省している」と記事内容をおおむね認め、謝罪した。

 並河市長によると、今年の2月と6月の2回、国への予算要望などで上京した際、デリヘル店の女性を呼んで性的サービスを受けた。
「定められたサービスの範囲であり、違法行為はなかった」として、記事で性交渉を行ったとされる部分は否定した。

 市長は元外務省職員。

尖閣諸島侵略を企む中国糾弾! 日本国民国防意識変革周知街宣

昨日、我が領海内の尖閣沖で好き勝手に領海侵犯を繰り返し、海資源を荒らしまくっている中国政府に対し糾弾抗議街宣を行いました。


参照記事:日本の歴史学者が尖閣諸島を中国領と確認、中国外交部がコメント
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170825/Recordchina_20170825061.html
日本の歴史学者がこのほど、釣魚島(日本名・尖閣諸島)が中国固有の領土であることを裏づけたとの報道について、中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は24日の定例記者会見で「日本の歴史学者の証拠は、釣魚島に対する中国の主権には十分な歴史的根拠と法理上の根拠があることを改めて証明した」と述べ、歴史の直視と事実の尊重を日本側に促した。

【記者】報道によると、日本の歴史学者・久保井規夫氏はこのほど、釣魚島が中国固有の領土であることを裏づける日本の古地図を公開した。また、日本外務省ウェブサイト上の古地図は偽造されたものだと述べた。これについてコメントは。

【華報道官】報道に留意している。釣魚島及びその附属島嶼は中国固有の領土であり、釣魚島に対する中国の主権には十分な歴史的根拠と法理上の根拠があるということを重ねて強調したい。日本の歴史学者の証拠はこの事実を改めて証明した。中国側は日本側に対し、歴史を直視し、事実を尊重し、釣魚島問題を適切に処理するよう促す。(提供/人民網日本語版・編集NA)

保守陣営はこの問題には全く触れておらず、素知らぬ顔で問題点から逃避している。
日頃平穏な時に日本に為に戦うと言って息巻き、寄付金をたかるネトウヨ保守はどこに行ったんだ?
👇こいつとか(笑)
DFZwIIZXoAAFJRN
👇こいつとか(笑)
11256841_462593763905129_7161677453056486653_n


【平成29年8月30日】 尖閣諸島侵略を企む中国糾弾! 日本国民国防意識変革周知街宣
日時:平成29年8月30日(水) 12時~...
場所:六本木ヒルズメトロハット前で街宣後中国大使館前に移動し抗議文投函
主催:日本未来の会


【youtybe】https://www.youtube.com/watch?v=8jZKMXHOi0w
【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/
キャプチャ789
中国大使館前のポストの中はいろいろな郵便物で満杯状態になっていてなかなか抗議文が入りませんでした(笑)
大使館職員は真面目に業務を行っているのか?
しょっちゅう出ていく外交車を運転する人間はしきりにこちらを気にしている感じでチェックするように見ていましたが、皆サングラスで顔を覆い隠していました。
お前らはネトウヨ保守と同種か?(笑)

抗議文

 

報道によると華報道官は24日の定例記者会見で、釣魚島及びその附属島嶼は中国固有の領土であり、釣魚島に対する中国の主権には十分な歴史的根拠と法理上の根拠があるということを重ねて強調したい。

日本の歴史学者の証拠はこの事実を改めて証明した。

中国側は日本側に対し、歴史を直視し、事実を尊重し、釣魚島問題を適切に処理するよう促すと話したという。

 

歴史を直視し、事実を尊重し、尖閣諸島から手を引くのは貴様ら中国の方である。

 

そもそも過去を振り返って中国の覇権主義に正義が一つでもあったのか?

1.    当時大量虐殺を行ったカンボジアのポル・ポト政権によるカンボジア領内のベトナム系住民への迫害を含む恐怖政治や小規模だが繰り返されるベトナムへの侵攻・挑発に対するベトナムの反撃をカンボジアを支援していた中華人民共和国は「ベトナムへの懲罰行為」と称した軍事侵攻を開始、中越戦争を起こす。

 

2. 世界でも有数の鉱山資源地域、チベットを手に入れ、資源を奪うために「帝国主義侵略勢力および国民党反動勢力」からの「解放」という理由をでっちあげ、武力で侵略し殺戮を繰り返している。

 

3. 石炭や石油の埋蔵量が豊富な資源産出地、ウィグルに対し正当な理由もなく侵略。

信仰、言語、文化を破壊し豊富な資源を奪いウイグルの地を核実験場として利用する暴挙を働いている。

 

4. ブータン領域内において中国が道路建設を行い、軍及び民間人の不法侵入を平然と行う。

 

5. 1995年、フィリピンから米軍が撤退したタイミングで、中国はフィリピンの領土であるスプラトリー諸島のミスチーフ環礁を占領。現在も不法占拠中。

さらに現在、日本の固有の領土である沖縄県石垣市尖閣諸島を侵略しようと狙っている。

この侵略行為の数々のどこに正義があるというのか?

1951年のサンフランシスコ講和条約において、尖閣諸島は同条約第2条に基づいて日本が放棄した領土には含まれず、1972年発効の沖縄返還協定によって日本に施政権が返還された地域にも含まれている。

 

そもそも,中国政府が尖閣諸島に関する領有権を言い始めたのは,1968年秋に行われた国連機関による調査の結果,東シナ海に石油埋蔵の可能性があるとの指摘を受けて尖閣諸島に注目が集まった1970年代以降からであり、それ以前には,日本政府が領土編入した時も、サンフランシスコ講和条約内容に対しても,何ら異議を唱えていない。

今日に至るまで中国は異議を唱えてこなかったことについて何ら説明を行っていない。

 

まさに資源財産泥棒国家中国の汚いやり方である。

 

中国政府は歴史を学び直し、中国政府に騙され歴史に無知な中国国民を再教育しなければならない!

 

無礼国家中国は靖国神社の参拝に口出しするな!

嘘つき国家中国は南京大虐殺なる嘘まみれの作り話が嘘とばれるからと言って日本の教科書内容に口出しするな!

侵略国家中国は国際平和をぶち壊す時代に逆行した侵略主義をやめろ!

コソ泥国家中国は金輪際、尖閣諸島の領有を口に出すな!

侵略国家中国は日本の領海侵犯を今すぐ止めろ!

嘘つき国家中国は南京大虐殺なる歴史の捏造で国際社会を騙すのをやめろ!

盗人・犯罪者国家中国はわが日本領海での地下資源の盗掘を今すぐやめろ!

 

平成29年830

中華人民共和国 習近平主席

同国      程永華大使

 

日本未来の会 桑野繁樹

尖閣諸島日本領土宣言文
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/5855096.html
も一緒に朗読、中国大使館のポストに投函してきました。
キャプチャ887

ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター