横綱・日馬富士暴行事件報道を受けての所感

横綱・日馬富士が酒席で後輩力士の貴ノ岩に対する傷害事件を起こした相撲界のゴタゴタは、当事者日馬富士が引退して一応の終結と言う流れになっているようですが、この一件に対していろいろな意見があるようですね。

相撲は日本古来からの伝統国技で云々~、伝統文化で云々~と言われる方もいるようでその御意見はごもっともでケチつける気は毛頭ございませんが、現在相撲界は多くの外国人力士が誕生し、上位にいる現実を考えたら、その外国人力士に伝統だ、文化だ、しきたりだと言ってもどれだけそれらのものを守り受け継いでいこうという気持ちがあるのか疑問ですし、仮にそういう意識であるのならそれらを求めても無駄のようにも思えます。

実際、当の相撲協会が相撲人気、営業利益至上主義にのみ目を奪われ、そのような伝統、文化と言う認識を忘れているようにも感じます。
上に立つ人間がその体たらくで誰がそのようなものを継承させ、指導していくのか?
誰がそのようなものを受け継いで学んでいくのか?

教育する場も、教育する人間もない環境で現役力士に意識や学習意欲がないと怒れる人間はいないと思います。

彼ら外国人力士にとっても相撲は、古事記にも由来話が出てくる日本の伝統文化である国技の精神を継承する存在と言うよりも、金になる職業格闘技の一つと言う認識ではないのでしょうか?
それがけしからんと怒るのは滑稽に感じます。

日本人でなければそのような意識を持てというのは無理な注文だと思います。
外国人力士が入り込んできた時点でそのような意識は滅び去り終わったと認識した方がいいと思います。

日馬富士は引退会見で『先輩として、後輩力士の礼儀を正すことは義務と思っている』と言っています。

参照記事:【日馬富士引退会見詳報】
http://www.sankei.com/west/news/171129/wst1711290062-n2.html
要は後輩の将来を案じ、過ちを起こさないようにと思って叱ったと会見で言っているわけですが、しかし私はこの発言について、疑問に思います。

はたして日馬富士は【怒る】と【叱る】の違いを理解しているのか?と感じたわけです。

私はその違いを
・自身が感情的に怒りを爆発させることを【怒る】

・相手の将来を案じ、間違った道を歩んで過ちを犯さないようにという思いやる気持ちで冷静に対処して間違いを分からせることを【叱る】
だと定義しています。

そこには相手に対する思いやりや愛情、心配する気持ちがあるべきだと思います。
これは親子間の躾で誰もがご理解されていることだと思います。


本当に後輩を思いやり、将来を案じるのなら
・なぜ酒の入っている飲み会などでなく酒が入っていない場で指導しなかったのか?
・最初に説教していた白鵬が止めに入ったのを突き飛ばしてまで暴行を続けた日馬富士に貴ノ岩に対する【思いやりや愛情、心配する気持ち】があるとは感じられません。

本当に叱るのなら一目を避け二人きりで言えば相手も言を受け入れる事もできるでしょうが、多くの人間の前で面罵したら受け入れる説教も拒絶してしまいませんでしょうか?
そこの部分だけ見ても日馬富士は人に上に立つには勉強不足ではないかと思いました。

貴乃花は政界同様、ガチガチの旧態依然の相撲界を変えるべく、革命を起こそうという意気込みがあるようで大変結構です。
しかし、私怨や権力欲で突っ走ると判断を誤り、本人が愛する相撲の伝統文化や思想までも破壊してしまうかもしれませんよ。
ご注意されたし・・・


とりあえずは横綱の首を取った貴ちゃんの勝利になるのかな?
spn_spnbiglb-20171130-0113-006-p-0_thum630
日本相撲協会第65回理事会に臨む貴乃花親方=11月30日、両国国技館

元祖ヒール横綱でマフィアチックな貴ちゃんの服装に苦言・批判が雨のようにあるようですが・・・
貴ちゃん、ドンマイwww


文責:日本未来の会 桑野繁樹

アメリカ・サンフランシスコ市慰安婦像設置に対する所感

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市のリー市長は11月22日、中国系米国人らの団体が設置した旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を受け入れることを承認しました。

これにより、慰安婦像は正式にサンフランシスコ市の所有物となりました。

アメリカの公共施設に慰安婦像が設置されるのは、カリフォルニア州グレンデール市とジョージア州ブルックヘブン市に続いて3か所目になります。

0171123at05_p
現地民間団体が米サンフランシスコ市に設置した慰安婦像


この問題はサンフランシスコ市で慰安婦像と碑文が設置され、サンフランシスコ市議会が「慰安婦の日」を制定する決議案を採択したことに関し、承認されないようにサンフランシスコ市と姉妹都市関係にある大阪市が9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を大阪維新の会が提案し、自民、公明、共産各党は反対した。

結果、9月27日の本会議で、サンフランシスコ市に公有地への像設置の再検討を求める決議案を賛成少数で否決した。

採決前の討論で、自民議員はサンフランシスコ市での像設置について遺憾の意を表明。
しかし、外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張した。

 一方、維新議員は5月議会でも同様の決議案が否決されたことに触れ、「否決の事実は、慰安婦像を容認するという誤ったメッセージにつながっているのかもしれない」と懸念。
姉妹都市としての関係を続けていくため、議会として問題を放置せず意思を表明することが重要だと強調した。

共産党が反対するのは仕方がないとして、自民党議員がこの件で反対することに対して日頃から安倍政権を批判することに目を尖らしている御用記者阿比留サン他『I LOVE 安倍』な保守陣営の皆サマはどうお感じなのでしょうか?

自民党議員のお家芸である【遺憾の意】を発動したうえで【外交問題である慰安婦像について、国の動きとは別に地方議会が決議を行うことは「都市間交流や友好関係を混乱に陥れる」と指摘し、慎重に対話を重ねていくべきだと主張】と言いますが、ならばこの発言をした自民党議員に問いたい。

以前、自民党は選挙公約の外交の項でこのように勇ましい約束を国民と交わしています。
【虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉、国益を回復するために行動します】

外交問題である慰安婦像設置問題に対し今まで国、すなわち政府が何か動いたのか?
全く動いていないではないか!


国が全く動かず、日本国民の名誉が汚され、現地日本人が肩身の狭い思いをしている姿を見るに忍びないために姉妹都市の大阪市が決起したにもかかわらず、本来動くべき自民党が反対し、決議案は否決してしまいました。
自民党の行動は、「
再検討なんか必要ない!どうぞどうぞ、どんどん慰安婦像を設置してください。日本人を性奴隷民族と貶めてください」というメッセージを国際社会に送っている許しがたき愚行蛮行であり、決して許せるものではありません。

私のような批判から逃げるためか?「
像設置や慰安婦の日制定には賛同しない」と言っておりますが、こんな無責任な発言はないでしょう。
賛同しないがサンフランシスコ市に対して反対の声も上げない。
こういう輩を厚顔無恥の卑怯者と言う。


自民党議員と違って大阪市吉村洋文市長は決断から逃げることなく大ナタを振るっています。

参照記事:来月中旬にも姉妹都市解消=サンフランシスコ慰安婦像設置で-吉村大阪市長
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400338&g=pol

大阪市の吉村洋文市長は24日、慰安婦像を設置した米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消について、市議会が閉会する12月12日以降に市幹部会議で決定し、文書でサンフランシスコ市に通知する考えを示した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。

吉村氏は「(慰安婦像設置で)高度な信頼関係は崩壊した。像を設置した状態で姉妹都市を続けるより、解消する方が大阪市にとってプラスだ」と述べた。今後、姉妹都市として行う学生派遣などの交流事業について「税金の投入は行わない」と明言した。
wst1709270067-p1
米サンフランシスコ市との姉妹都市解消を明言する吉村洋文大阪市長

参照記事:米サンフランシスコ市に慰安婦像「遺憾」=菅官房長官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112400393&g=pol 
偉官房長官は24日午前の記者会見で、米サンフランシスコ市長が慰安婦像の寄贈受け入れを承認したことについて、「わが国政府の立場と相いれず、極めて遺憾であり、誠に残念だ」と述べた。その上で「この種のことが再び起きないよう、引き続きあらゆる努力を行っていきたい」と強調した。
同市との姉妹都市解消を吉村洋文大阪市長が表明したことに関しては、「言及は差し控えたい」と論評を避けた。


またお得意の【遺憾】ですが、本当に遺憾の意を突き付けるのはサンフランシスコ市よりも自民党議員、しいては親分の安倍晋三ではないのか?

安倍談話」でありもしないことを謝罪し、国際社会に【性奴隷制度】をPRし、「日韓合意」で【国民の税金10億円】を拠出して、慰安婦財団設立させたのは
安倍晋三日本国総理大臣自身であります。
その為、彼ら慰安婦ビジネス連中はますますエスカレートしてるわけです。

大阪市の自民議員も同罪で、与党である大阪維新の会を攻撃し自分たちの手柄をアピールするためには内容なんて関係ねぇ!維新の会の決議案は潰してしまえ!という醜い政争しか見ていない。

自民党議員には、政治的信条も日本を守ろうとする気持ちも存在しない。
あるのは、醜い権力欲だけだ。

こんな政治家、日本社会に必要なのか?


慰安婦像とともに設置される碑文には、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女」などと事実無根の内容が含まれている。
これを粉砕するために戦う議員こそ日本に必要な政治家ではないでしょうか?

サンフランシスコ市は、嘘八百な碑文よりこのような真実の碑文を受け入れる事を私は強く要請致します。
(製作者の方に無断で使用してすみません。)

真実の碑文

文責:日本未来の会 桑野繁樹

国の為、日本の為と言うのなら罵声よりも相互救助社会の実現を求めるべき

日頃【国の為、日本の為の戦いだ!】と称して公道を多人数で占拠して、大音量で自分の嫌いな対象に罵詈雑言を浴びせる事が愛国活動だと錯覚して迷惑行為を行って悦に浸っている人間がいますが、本当の【日本の為、国の為】とは地域、社会に対しどれだけ貢献し、社会の方々に役立てるかだと思います

よくネトウヨ保守ネット民がスイス【民間防衛】を持ち出して、【国民総傭兵】を熱く語っていますが、そんな輩ほど自分では何もやらない、表に出てくることすらなかったりします(笑)。
517QTXSPMRL
それ以前に自分は敵対対象を粘着攻撃しておいて自分は反撃されないように名前も顔も隠して身を守る始末。
正に【日本のために戦う】ではなく、【自分の身の安全を守るために戦う】の間違いではないのか?と感じる次第です。

スイスの【民間防衛】はゲリラ戦の教書なんですが【民間防衛】を持ち出して熱く語っている引き籠りネトウヨ保守の輩ベトナム戦争時の北ベトナムのように巨大な敵に対するゲリラ戦を行う覚悟も勇気もあるとは到底思えません。

大体、人に対する罵詈雑言で人を救済し、国を守り富ます事ができるわけがないのはふつう考えれば分かる話で、ただの鬱憤ばらし行動するなら勝手にやってもらって大いに結構ですが、そこに【国の為、日本の為】と言って国や日本、国旗を利用しないでいただきたいものです

私の訴える【民間防衛】とは、現在災害等があった時に自衛隊頼み、救急隊員頼みで救援が来るまで待つことしかしない、できない救助を国民皆が救命スキルを身に着け、緊急時にお互い早期手当を施すことで今まで救えなかった命まで救える社会にしていこうという社会樹立を訴えさせていただいています。
そうなれば自衛隊員も負担が軽減され、より本来の目的である国防に集中できると思うのですが日頃国防をやたら口走るネトウヨ保守がこの事案に全く触れないのは無関心なのか?無知なのか?
2016y08m12d_012011287

そのためには学校のカリキュラムに組み込むことが一番手っ取り早いと思っていますが、このことについて言及し訴えている選挙候補者がまるでいないのはとても残念です。

口では大層なこと言っているくせに本当に日本を、地域を救済しようという気があるのか?

そう言いつつも、人に対し要求し訴えるからには自分からやらなくてはまったく説得力がなく、ネトウヨネット民と何の違いがあるのか?という思いもあって、私自身が救命講習を学んだうえで訴えるべきだと判断し、勉強してまいる所存です。
ご紹介サイト
最新コメント
アクセスカウンター