楽に高収入を得ている人間が優れている、苦労しながら低収入な仕事を選択をする人間は貧乏くじひいたバカ? 学生や引きこもりに伝えたい 社会に出て働くことの意義とは?

今の子供の将来なりたい職業NO1はYouTuberらしいですけど、私はこの話を聞いて不安になりました。

確かに楽に手軽に(実際はなかなか大変な苦労があるようですが)高収入というイメージで楽にお金を得たいと子供たちが思うのは当たり前といえば当たり前なのですが、本来働き稼ぐという意義は何でしょうか?

ある職場で苦労しながら技術を磨き、その努力と能力で業績を上げることが、それがその業界を発展させ、その流れがその産業を成長させ、結果日本経済が上向く流れに結びついていく。

一人一人各自の仕事が経済を発展させる原動力になる。

それが働き、稼ぐ意義の本質だと私は認識しています。

広告収入を得るのも大変結構だと思います。
(そういう環境で稼ぐにも人一倍の苦労が必要です)

しかし

マネーゲームなど、ただ楽に高収入を得ている人間が優れている、苦労しながら低収入な仕事を選択をする人間は貧乏くじひいたバカという風潮はいかがなものでしょうか?


私は第一次、第二次産業、物作りの仕事で頑張っていただいている方が賞賛されやりがいを感じられる社会になってほしいと思います。

それが日本経済復活の鍵だと思います。

人と顔を合わせない、会話しないで事が運べる今のネット時代、学校に行く意味がない、社会に出て揉まれたり、人と交流することに必要性を感じないと感じている学生の若い方や引きこもりの方に考えて頂きたいと思います。


facebookフレンドの方の投稿記事をご紹介させていただきます。

経済的目標

この国の目指す方向ってシンガポールか?

金融デリバリー等のマネー商品で成り立たせよう的方針か?

生産は利益確保が難しい
金融デリバリーは利益確保ができる

物作り国家から金融国家にって方針かな?

労働者に対して過剰な保護政策
その後は製造業が疲弊し労働者の働く場が減って行く
人口減に合わせる政策か?

発明しものを作り出す
製品のクオリティーで勝つと言う王道を離れ
金融デリバリー商品というバクチ国家に向かう

そんな気がしてならない

わしゃ
物作りで経済振興や国家財政賄うべきと思ってる

【実は中国と懇意?】幸福実現党は味方のフリして香港民主化運動を潰す気か?

さて、昨日の続きです。

国防の定義・哲学とは?幸福実現党の国防認識と越境主張を糾す
http://kuwano-channel.blog.jp/archives/30220918.html


今まで霊言と称して人の名前と顔を使って自分たちの好き勝手な主張を行ってきた幸福の科学ですが、とんでもない事態になってきました。

今、幸福実現党が執着している反中共活動に現在、香港で『逃亡犯条例』で揺れている反対デモを利用しようとしたのか?いつものようにデモグループのリーダー格である周庭(アグネス・チョウ)氏名前と顔を使って本人が言ってもいない好き勝手な主張したのはいいが、香港メディアはこの内容を周庭氏の発言と報道現地のマスコミはもちろん、住民、関係者にまで動揺が広がっています

69918840_216746915964039_4667211948335562752_n
問題のチラシ
(周庭氏の名前と写真掲載。ぱっと見インタビュー記事みたいですね。)


当の本人から苦情が入る始末。
123

このデマを信じて中国政府の感情が暴発してデモ参加者を皆殺しなんてことになったらいったい誰が責任をとるのか?

そういう危惧から、また、多くのデモ参加者の身を守るリーダーという立場からしたら嘘をやめろという声明は当然だと私は認識します。

また、幸福実現党の人間は国家の独立、主権と言うものを全く理解していないようです。

他国の軍隊を国内に入れるということは独立、主権を放棄する事であり、それを他国に懇願することは、すなわち国家の独立、主権を捨て国を売る事、すなわち売国奴と周りから見られてしまう。

そんな目で周りから見られてしまっては信頼関係が崩れ、活動が瓦解してしまう。
周庭氏が速攻抗議に出たのは当然です。

当然、この主張は聞くべきです。
しかし幸福実現党はどういう態度に出たのか?


参照記事:「幸福実現NEWS」特別号に関する周庭氏への対応について(ご報告)

https://info.hr-party.jp/press-release/2019/9855/

令和元年9月6日
幸福実現党

 

 9月5日午後10時頃、香港の民主活動家である周庭氏より「幸福実現NEWS」特別号に掲載されている内容につき、ご本人のツイッター上で、「ある日本の政党の出版物に、私の名を騙って、私が『自衛隊に香港を助けてほしい』と主張していると書かれていました」として、一部削除・訂正を求めるメッセージが発信されました。

 これに対し、9月6日、幸福実現党の公式ツイッターにおいて、日本語・中国語繁体字・簡体字・英語にて、下記の声明を掲載しております。
 

[声明]
香港の民主活動家である周庭氏より「幸福実現NEWS」特別号に掲載されている内容につき、一部削除要請がありましたが、本内容は、周庭氏の守護霊の発言を紹介したものであり、地上の御本人の発言ではありません。「霊言」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象です。私たち幸福実現党は宗教政党として、中国共産党の覇権主義を止め、香港および世界の自由・民主・信仰を守るためにこれからも戦い続けてまいります。

 
 厳しい環境の中で民主化運動にご尽力されている周庭氏におかれましては、誤解に基づくとはいえ、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 その背景には、この度の「幸福実現NEWS」特別号が中華系ニュースサイトにて、「周庭氏本人が日本に自衛隊派遣を要請している」という誤った内容で拡散されたことがあると考えられます。その点を考慮し、周庭氏の写真を削除し、ご本人ではなく守護霊発言であることを強調した形で改訂版を発行させて頂きます。

 今後とも、幸福実現党は香港及び世界の自由・民主・信仰を守り、平和と繁栄に貢献していく所存です。

以上


ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げますとありますが、ご心配ではなく、ご迷惑をおかけしてお詫び申し上げますと言うのが正しいと思います。

周庭氏本人は
『自衛隊香港派遣など言っていない』
『文章を削除し訂正してほしい』
と言っていますが、幸福実現党の行動は周庭氏の写真を削除し、ご本人ではなく【守護霊発言であることを強調した形で改訂版を発行。

???これ、違いが分かる人います?
p5qlr342_pages-to-jpg-0001
👆抗議されて改訂したチラシ
写真が消えたのと、サブタイトルに【アグネス氏守護霊】が入っただけで文章おんなじじゃん


これではお詫びなのか?反撃なのか?分かりませんね。

本人が言っていない主張を削除してくれと言っているので、そこは削除するのが人としての誠意だと思います。
しかし、その主張は絶対に変更しないのが幸福実現党の結論のようです。


EDtgmrpXkAExxql
相変わらずの信者たち。
事の重大さが分からないのか?あえて見ないように考えないようにしているのかは不明。

本当に最っ低な連中・・・だと思います。

当事者じゃなくても憤りを覚えるわ・・・
当事者は死地で戦っているのに・・・

自分たちは安全な場所で本名隠して偽名でよう言うわ・・・
(一人は本名みたいですが)

幸福実現党の無責任な言動によって中国は大いに利を得て、民主化のために中国と戦っている彼女は身の危険に晒されているのです!

それをこれは霊言です
霊言と言うものを勉強してくださいといった
対応で責任を果たしたと言えるのでしょうか?

 

これはあまりに酷すぎます。

 

選挙に出馬する公党の責任ある言動とは到底思えないし、日本政治関係者の言動と国際社会から見られるとですので国際社会に首を突っ込むのは止めていただきたいと思います。

 

今まで、香港民主化と声を上げ、香港の市民活動に賛同支援するかのような顔でまとわりつきながら活動に迷惑をかけているばかりか、中国共産党政権に攻撃情報を提供し、香港民主化の活動を破壊しようとしている

 

今こそ私が昔、幸福実現党を応援していた時に幸福の科学信者に言われた言葉を単語を変え、幸福関係者に送り返します。

 

幸福実現党は【香港民主化運動】を賛同支援すると見せかけ近寄ってくる【本音は香港民主化を破壊しようとしている中国共産党の】悪魔の手先だ!


国防の定義・哲学とは?幸福実現党の国防認識と越境主張を糾す

丸山穂高議員に対するバッシングがおきています。

動画自体は古いもので申し訳ございません。
(大した事話していないのでお忙しい方はスルーでかまいません)

【令和元年5月23日】丸山議員騒動を見て国民政治、国防問題を考える
https://www.youtube.com/watch?v=HLCnmYOny2o


政治家として言葉の選び方、政治問題に対して自分の真意をプロモーションする部分に欠けている部分は多々あると思いますが、今まで左翼の顔色ばかり窺って、国家の威厳、国家3要素の一つである領土を守るという当然の行為から逃げてきた政治家が丸山穂高を政治家としてふさわしくないと非難できるのか?

国民の生命、財産、生活を守るという政治家の義務から逃げ続け、安全な場所からきれい事ぬかしてきた、あんたらの方が政治家にふさわしくないんだよ!

と、私は思いますけどね。

 

日本人はなぜか【国防】【侵略戦争】を混合し国防アレルギーが存在し軍事には触れてはいけない、国防など考えてもいけないというイメージが定着しています。

しかし
誰もが御自宅の安全を守る為にドアの鍵を閉めしっかり戸締りをします。

私は国防とは、国の玄関のドアの鍵を閉め、しっかり戸締りをして、国内にいる全ての国籍の人の安全を守る、これが国防の形、意味だと定義しています。

中国の古典に【非攻主義】【兼愛主義】を説いた【墨子】という書があります。
61117876_196032344702163_4204405363648233472_n

たしかに侵略行為を悪としていますが、その侵略行為から守る為に彼は無力な平和論ではなく、侵略者以上に軍略を駆使して被害者を守る戦闘的、攻撃的な平和主義者でした。

そうして侵略者の気持ちを挫き、被害者を守りました。

これこそ【国防】の理想的な形だと思います。

相手に安全に攻撃させる隙を与える弱腰平和論ではなく、日本を攻撃したら、マズイ、不利益だと思わせることが日本の平和、安全につながると思います。

【墨子】を活字で読むのはウザいなあ、眠くなると思うかたは、映画やアニメ【墨攻】をご覧くださればと思います。

70197222_216731219298942_4130406379968004096_n 

先ほど申しましたが、日本国内にいる全ての人の生命、財産、安全を守るため国の玄関に鍵をかけ戸締りをするのが国防です。

自衛隊は日本の領土、領海、領空が侵入された、される危機がある時だけ断固阻止する為、行動する責務を担ってます。

これが自衛隊の行動原理だと認識しています。

しかし幸福実現党が言っていた、香港に対する自衛隊派遣は明らかに国防の枠から外れた行為ですので賛同できない主張です。

これは明らかに越境行為で、こんなことを正当化してしまっては、アメリカの湾岸、イラク戦争、中国によるチベット、ウイグル侵略、旧ソ連によるバルト諸国、アフガン侵攻を批判できなくなることを理解したうえで言っているのでしょうか?

私は今まで、国防という国民の生命、財産、安心できる生活を守るという人権的にも当然なことに対して日本は国防アレルギーがあることで、真剣に考えることから放棄している、政治が行っている国防政策に対して厳しくチェックできない危険性を憂いて国防に対して社会に訴えてきました。

国防の定義とは(安保法案時期撮影)
https://www.youtube.com/watch?v=uvWuNRIBodY


他の政党が国防に対し避けている中、国防を堂々と訴えている幸福実現党に対して支持もしていたこともありましたが、今回の件は国防に対する認識が歪んでいるのでは?、国防と覇権主義や軍事政治の違いをご理解されていないように感じます

そのような存在は、国民の心に疑念を抱く事と反日と言う勢力の良い反撃のネタにされてしまうだけですので今一度国防に対し学びなおされることを提言いたします。

戦争アニメのミーハーファン程度の短慮な言動で今まで多くの方々が築こうと力を尽くしてきた国防政策をぶち壊すのは控えていただきたい!と強く思います。

桑野しげきの主張
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
強い日本、豊かな社会生活、優しく誇りある日本を取り戻す為、一部利権政治屋の甘い汁を守る為にある日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち壊す為に戦います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: